台北市、怒涛の部屋探し。

TAIWAN
呂先生バイクのケツから汀羅が撮影

台湾に友達もいないし、知り合いもいない。

台湾大学の入学申請書類には全部台湾大学の住所と電話番号を記入して
ビザを取得した汀羅です。(笑)

よってどこかに身を寄せる場所もなく、ホテルか自力で部屋探し。

台湾大学の近くに住むと決めていたので台湾大学付近の不動産屋さんを当たる。

請問坐機車可以嗎?

一緒にお部屋を見て回る予定担っている不動産屋さんの担当からこんなメールがきて、大爆笑の汀羅。

Sponsored Links

てゆーか全然オッケーですけど。www

呂先生の笑顔、素敵でしょう?

汀羅は呂先生のバイクのケツに乗っかって、台北の部屋探しを決行。

これ、台湾ではふつーですか?(汗)

バイクはもちろん日本では考えられない高速スピードで、
日本では考えられないような場所を走行していきます。

思えばずっと台北には度肝を抜かれっぱなしだけど、
それがものすごく多分自分にぴったりだったので。

Sponsored Links

汀羅♥TAYLOR

東京都出身。渋谷区桑沢デザイン研究所卒業。中国語&日本語の自力バイリンガル大人女子。 商社にて海外アパレル商品輸入業務を担当、中国・香港・韓国を激しく行き来...

プロフィール