【台北小籠包】おネギたっぷり!スープあふれる!路地裏の隠れ家小籠湯包🥟「正好湯包」

TAIPEI

 

みなさま こんばんは。

一時期ものすごく楽しくて台北市の「U-Bike(ユーバイク)」※自転車レンタルサービス
に乗りまくっていた汀羅なのですが、

ユーバイクは安いしね、MRTの駅が全てを網羅しきれていない台北市だから本当に便利で
深夜とか、酒飲んだ後とかにも普通にこれ乗って家に帰っていたのですが

交通事情の激しいここ台北市、度々ガチの交通事故を目撃しているので本当に恐ろしいので
乗るのやめてました。

 

 

台湾大学横の「基隆路」どんだけユーバイク?!(汗)

 

やっぱ調子こいたら危ないんじゃないかなって
思ったんだよね。

 

だけど今日、なんとなくちょっと乗ってみた。(笑)
うち(公館)から「通化街夜市」(信義安和駅付近)まで。

 

 

 

通化街(臨江街夜市)は
美味しいものいっぱいで大好き!!!♥

 

だけどユーバイクはやっぱりすっごい怖かったので汀羅やっぱりもう乗らない…。
(U-Bikeに乗ることが怖いのではなく台北の激しめの道路交通がホントに怖い)

みなさまもぜひ台北市の交通には本当にお気を付けください。

 

Sponsored Links

賑やかな夜市の裏通りにひっそりと。「正好湯包」

ワーワー夜市のすぐ横の脇道にある「隠れ家的激ウマ湯包」

汀羅はこのお店の「湯包」が大、大、大好き!♥

鼎泰豐とか有名な高級小籠包がいっぱいある台北市なのですがTaylorBloggはこのような隠れ家的とか
安くて美味しいとか夜市の小籠包とかそーいった「庶民派人気店」を推奨しています。

地元のみなさまに愛される長く営業しているお店です。

こーいったコスパ良しの美味しい小籠包をいただくともうなんかめっちゃ高い有名店に
全く足を踏み入れなくなります。

台北ではもう日本人と一緒に食事する機会はゼロなので、そーいったお店に行くこともないし
そもそも汀羅はあまり興味はなかったので正好湯包みたいなお店は本当に大好きです。

 

この看板が目印!

 

入店まで長時間待たされることもなく、もちろん予約もいらない。
大混雑ワーワーじゃない、比較的静かにゆっくりいただける。

地元民に愛されているお店は汀羅も地元民になった気分で味わえる。
台北の街の素晴らしい愛すべき「ローカル感」を肌で体験できるんだよ。

 

※お店の位置はこちらの地図で確認してくださいね!↓

 

♥お店の入口でお母さんが作ってる横で子供が遊ぶこの感じ

 

すんません!(汗)

5時から営業なのですが汀羅もう腹が減って待ちきれずかなりフライング気味で4時過ぎに到着してしまい
「あ~こりゃまだダメって言われちゃうかもな・・・」と心配しましたが、

 

有~♡
(はい、やってるよ~)

 

って優しく迎えていただきました。
大のネギ好き汀羅、なんでも新鮮なおネギたっぷりの小籠包がいただけるとのことで
おうちからU-Bikeかっ飛ばしで来ました、そしたら思いの外ソッコーで着いちゃいました。

俺マジ死ななくて、事故らなくてたどり着けて良かったよ・・・(笑)

 

こちらのお店のメニューは湯包とシュウマイとスープの3点のみ(!)と非常にシンプルなため
「何食べますか~?」なんて聞かれません。

店に入った途端に

 

幾籠?
(で、何かご?)

 

と即、聞かれます。小籠包の単位は「籠long」です。
小籠包一粒じゃなくておかごの数ですので、だからアンタは何かご食べるのか?ってゆー話しです。

汀羅的には小籠包1籠8個入りの場合3籠は軽くいける人なのですが、まずはせっかくなので
全メニュー1個づついってみよう~!♥

 

メニューは精鋭の3種類のみ!全部おすすめです!

「湯包(タンバオ)」と「小籠包(ショウロンポウ)」は実は別物

ここで触れておきたいのが「湯包」と「小籠包」の違い。
ほぼ似たようなものですが厳密に言えば実はこれは別物を意味しているんですよ。

Sponsored Links

小籠包に比べて「湯包」は皮が薄め、スープがたっぷり!の意味。
お箸で持つと皮が破けてしまう程の薄い皮なので中身の具は少なめにつくられています。

小籠包もスープたっぷりなのは変わらないのですが皮は少し厚めで中の餡が多い、とされている。
とまー両方の違いを意識せずとも同じものとして見なして問題ないのですが

でもちょっと知っておくと台北でお料理のメニューを見た時に役立つかも!

 

 

 

はい、キターーーーーーーー♥

 

 

なんて可愛らしいの。

 

 

 

湯包(8個入り)100元(約370円)

 

フォウッ!♥

 

さっきお母さんが入口で作ってた。
作りたて、蒸したて、出来たてをそのままお店の中に持ってきてくれます。

スープは本当にタップリなのでタップタプになってるからお箸でつまむ時はそっと!
備え付けのスプーンの上にちゃんとのっけていただいてね。

トゥルっ!っていっちゃう感じだからもう何個でも…幾らでも…感がハンパない逸品です。
たぶんやっぱり女子でも3籠はいけるでしょう?! しかもこのお値段なのでいくらでもいっちゃえ~!

 

しょうがたっぷり!黒酢もたっぷり!で食べてみてね

おやっ!調味料に日本語表記あるやないか~!♥
ちなみに中国語で「烏」烏龍茶の「烏(ウー)」は色の「黒」を意味してるんだ。だから黒酢ね!

通常の透明のお酢もありますよ。汀羅はこの辛いのを死ぬほど入れるけど良い子は真似しないでね。
汀羅が来た時時間が早すぎでまだ準備中だったのかしょうががテーブルになかったので

後ろの冷蔵庫から勝手に取ってきました。(笑)

 

Sponsored Links

 

看板メニュー湯包に負けてない!「シュウマイ」も絶品

見た目もなんと美しい!「焼売」100元がハンパなかった。

こちらのお店の湯包はもう有名なのでもちろん美味しいです、しかも安いし
もう申し分のないお仕上がりなので湯包に関して何も得に敢えてお伝えすることはないのですが

汀羅はこちらのシュウマイに超~感動しましたのでぜひこちらもいただいてほしいと思います。
お肉ゴロゴロ、筍?のコリコリも入っているもう本当に本当に美味しいです!

そして見た目も可愛くて美しいでしょ~♥

 

♡こちらの記事もあわせてどうぞ!↓

 

台湾の酸辣湯は日本のと全然違ってるんだ。これ普通!

日本の「酸辣湯(サンラータン)」てすごく赤くて辛くてしょっぱいですよね?

台湾でそのつもりで食べると「なんじゃこりゃ~??」って思います、汀羅も初めて台北で酸辣湯をいただいた時
本当に驚いてしまって、醤油とかラー油とかコショウとかドバドバ入れて味変したんですよ。(笑)

台湾の酸辣湯は赤くない、透明で塩味系です。台湾人は基本薄味のほうが好きです。
具はきくらげとか日本のものとなんとなく似ていますけど台湾のは絶対にお豆腐とか「豚血」が入ってます。

だいぶ様子が違っているので今では汀羅は「別物」として捉えていますが、濃い味好きの関東人汀羅。
やはり台湾の酸辣湯には醤油とコショウはいれちゃうかな~。

 

 

ここ「正好湯包」に来たらぜひとも全てのメニュー3種をオーダーしてみてください!
どれも美味しくて楽しめます!

 

 

美味しい湯包に満足。帰りはMRT帰るよ~WWW

ランチでもいただきたいところなのですが「正好湯包」は午後5時からのオープンです。
早い時間に来たので静かな店内でゆっくりお食事できました。

店内の張り紙、

 

「よそのお店で買ったゴミをそのまま置いて行ったら罰金50元」

 

賑やかな夜市のすぐそばにあるお店なのでみんな夜市の食べ物とか飲み物とか
お店の中に持って来ちゃうんだろうね。

 

お店の入り口にはキレイで新鮮なおネギが大量に置かれていました。

 

♡こちらの記事もあわせてどうぞ!↓

 

まとめ

台北女子ひとり旅のおすすめのお食事処です。ひとりでもゆっくりいただけるお店です。
ここは101エリアからも徒歩圏内で有名な「通化街夜市」のすぐそば

ここで湯包をいただいてから夜市に行って台湾デザートやフルーツをいただくコースがベスト!
きっと楽しくて美味しすぎてヤバイことになるの間違いなし♥

 

Sponsored Links

汀羅♥

10,816 views

東京都出身。商社にて海外アパレル商品輸入業務を担当、中国・香港・韓国出張へ死ぬほど飛ばされる激務を経験。アメリカ人との英語学習に挫折、中国語学習を開始。中国...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧