【東京築地】新しい旅のはじまりんりん🐟いくらウニ丼×白鶴@築地本願寺~築地場外市場

東京/TOKYO

 

みなさま こんにちは。

 

❝YUTOKU PORTRAIT❞たくさんのみなさまに閲覧いただき本当にありがとうございました。
画像の♥をClickしてイイね!していただいたみなさまに心よりお礼申し上げます。

 

マジでありがとう。m(_ _)m


今日は久しぶりでそれで今日もその後のことなどが
とってもとっても長くなりそうなのでもし今電車とか移動中だったらさ、

とりあえずスマホ閉じて家帰って寝る前とかにゆっくり読んでよ。

 

Sponsored Links

♥汀羅的になんとなく喪が開ける

@Tokyo Tsukiji Honganji

 

世間知らずの汀羅は一般的に「喪が明ける」ってのはどのぐらいの期間なのかという
基本的なことがよくわからないでいるのだが、
調べたところ親が亡くなった場合子は13ヶ月喪に服すらしい。

これはもちろん流派によるのでしょうが、大体約1年間お祝いごととか派手な行いは避けるらしいな。
てゆーか「もがあける」って開けるなのか明けるなのかもわからない汀羅、正しいのは「喪が明ける」だ。

 

 

ホタテ&うにの串焼き

 

土地や家の名義変更、保険金の受取名義変更、
それに伴い汀羅も印鑑証明が必要だとかなんだとかいろんな書類にサインした。

そんななかなかの手続きは今も絶賛続行中で時々完璧白目になっている汀羅ではあるのだけれど、
汀羅的にはなんとなく喪が明けた気持ちになったからだからTaylorBloggのスタート画面も通常に戻しました。

これからも一生懸命ブログ書いていくね!

 

♡こちらの記事もあわせてどうぞ!↓

 

♥築地本願寺or郊外の田舎田園墓地=汀羅のお墓

いくらとウニのいなり寿司(汀羅の大好物♥)

 

父のお墓を未だどこにするか決まっていない。

汀羅が結婚していない→子供がいない→汀羅家の跡継ぎがいない→お墓参りする人がいない
→お墓建てる意味がない→お墓しまうとき莫大な費用がかかる=合同墓地。

という結論にほぼ達した汀羅&汀羅ママなのであるが一体どの場所のお墓にすれば良いのか
全く検討がつかないうえ(こんなにお墓あるのか!と思うほど選択肢が多い)
生前父は死んだ後のことを一切話していなかったため本人の希望も全くわからず超難題となり未だ未解決。

 

 

いつも立ち食いで3個ぐらいいきます。

 

汀羅ママは妻なので夫と同じお墓に入るのだから汀マーの意向ですべて決めようと思っているんだけど
汀マーもどうしたらいいのかってでも今のところ築地本願寺or郊外の田舎田園墓地のどちらかで決定されそうだ。

築地本願寺は汀羅が生まれた場所に近い、そんで生まれてすぐ住んでいたマンションがあって
そこから当時の父の職場も近く近所の有名な商店街には今もたまに行く懐かしい場所だから
汀羅はいいんじゃないかって思ってる。

 

 

小さいたこ苦手なのに築地のは本当に美味しい。

 

でも汀マーが言うに田舎や自然が好きな人だったというからそんな場所の樹木葬とかいいよねって言っている。
だからまだ決まらないから汀羅父の遺骨は今も家にある。

このお墓問題は汀羅に直結している。
結婚していない汀羅は親と一緒のお墓に入ろうと思っているからだから今ここで決めるお墓が汀羅のお墓だ。
汀羅は自分が死ぬ前にお墓に入るお金を先に払っておこうと思っている。
そんで「死んだら両親と一緒にこのお墓にいれてちょーだい。」って遺書を書いとけばいいんだろ?

 

 

てか「白鶴」って!(笑)

 

 

思いがけず、自分の人生の最後が垣間見えてしまった。
女汀羅、思いがけず自分の終活も同時進行してしまっているというこの状況。

 

♥父の死により、母の死を強く意識する

日本に帰ったら絶対食べると決めていた「いくらウニ丼」に2ヶ月ががりでようやくたどり着いた汀羅。

 

父が死んでからきっともう長くない近い将来に汀マーも死ぬんじゃないかとすぐに考え始めた。
自分が近い将来ひとりになるだってことはなんとなくは思っていたけど、本当にリアルに思うようになった。
それは本当に死ぬほど恐ろしいことでいつもいつも汀羅の気持ちを暗くさせる。

父の死後、二人きりになった汀マー&汀羅は家が広すぎてなんか怖い、
夜はガッツリ戸締まりして家にいるときも戸締まりして暮らすようになった。
汀羅はこの家をひとりで維持していく収入も気力もないので汀マーが死んだ後はこの家と土地は売ることになっている。

 

 

 

もし汀マーが死んだら絶対に確実に汀羅は日本にいない。
いろんな手続き終わったらそれはそれは今回以上の大変な手続きになるであろうと予想されますが、
汀羅はソッコーで飛行機に乗るはず。

行き先はまだわからないけど。

Sponsored Links

 

 

汀羅ママ&汀羅の女子ふたり暮らしは非常に快適

何を思ったのか1個2千円以上する天然の牡蠣をオーダーする汀羅ママ。

 

どこに行くにも基本汀マーを連れて行こうと思っている。
だから今日も汀マーと一緒だ。

築地本願寺を見学に来たのだけれど築地食べ歩きは完全に汀羅の管轄でとにかく汀羅はいつものように
片っ端から好きなものを食べて飲んでそれを汀マーも一緒に。

汀マーは高齢ではあるが元気でまるで汀羅の友達のようにどこにでも行くしなんでも食べるし
海外にもこれから行くと言っているから汀羅もこの小さなムヨムヨとした老婦人を
連れ回そうと思ってはいるのだけれど、

とりあえず手始めにソウルはどうか?と聞いたところ「辛いものが食べたくない」と言う。

 

 

まぐろの赤身は苦手。中トロ以上が好きです。

 

台北はどうかというと「屋台のものは絶対に食べない」と言っている。
じゃシンガポールはどうかというと「長い時間飛行機には乗れない」と言う。お前やる気ないだろ?

女子ふたり暮らしは非常にテキトーで厳格だった父がいなくなったということもあって
夕飯Domino率とか飲みに行く率が異常に高くなっている。これはとても楽しい。

それから今後はできるだけ汀羅が汀マーを助けていかなきゃいけない。
できるだけ一緒に楽しんでやれることはやってあげたい。

 

♡こちらの記事もあわせてどうぞ!↓

 

これからもっといろんな場所に行くよ。手始めに上海?

いつも大江戸線で「築地市場駅」まで来ます。

 

先にも記していたように父の死に対して悲しみとか絶望とかそんなことは全くないのですが
死というものがこんなにも人を無気力に脱力させるものだと知りました。

基本脱力しているんだけれど自分の生活は毎日やり過ごせばならないので、
ボーっとなんかもしていないんだけどだけど根っこの奥底のほうでは本当は無気力な気もする。

なんだけど、これからもっともっといろんな場所に行こうって考えて計画している。

 

もうしばらくは海外に住むということはないけれど行きたいところがいっぱいあるからどっちから行こうか、
どっから行こうかって日々頭の中をグルグルしています。

上海→台北→香港→ベトナム→シンガポール?

無気力で脱力してある意味キレた、もう行きたいとこ全部行ってやろうじゃねーか。
自分の最後が見えてしまったんだったらなおさらだ。

 

 

 

Sponsored Links

♥TaylorBlogg目下大改造中!これからもどうぞごひいきに。

汀羅両親が結婚して購入したマンション。汀羅が生まれた時に住んでいた。

 

TB改造なのですがものすごく考えながら作業しているのでなかなか進まない、
ものすごく内容を変えていきたいなとか思っててんで今日も早速新しいblogエディターを
使用して試験的に書いてみてるのですが。

いつ来てもなんだかメチャクチャな見た目でみなさまには大変申し訳無いですね。
でもちょっとずつ改造してパワーアップしてそんでもうTBで汀羅は生きていきたいんだよ。

あまりにもPersonalなサイトすぎてどうしたら良いのかわかりませんが、
SNS的機能は今のところ追加する予定はありませんがまたぜひ遊びにきてください。

これからもっと色んな場所に出没するからまた新しいいろんな記事を書いてみたいと思うんだよね!
それでいろんな企画を自分でしてやってみたいな~
そんでみんなにも読んでもらえたらとっても嬉しいな。

 

♡こちらの記事もあわせてどうぞ!↓

新しい旅のはじまりんりん

 

築地本願寺から汀羅が生まれた当時に住んでいた都内某マンションにやってきた。

このマンションは汀マーたちが結婚した当初に汀マーの父(汀羅の祖父)が頭金をだして購入した。
てゆーかそんな話も初めて聞いたけど今はもう古くて寂れてしまってリフォームなんかかなりやってるみたいだけど、
当時は最先端のマンションだったそうだよ。

「もしかして何気におしゃれ夫婦?(爆)」って汀羅はゲラゲラ笑ったけど。

もうこのマンションはとっくに売ってしまって違う場所に引っ越してしまったけど
自分が生まれたときにいた場所だから、だからこの場所のこの下町感とかこのマンションの高層感とか
なんとなく今の自分をつくる要素になったんじゃないかってそう思ってる。


TBをお読みの読者の皆様の中に汀羅と同じ、
中々のお年で海外へ飛び立とうと海外留学とか海外就職とかしようって悩んでいる女子がいるみたいなんだよね。

それで汀羅前から

 

何も気にせず

自分の思うがまま思う存分おやりなさい。

 

 

って書いてるんだけど昨日思ったんだよね、

「人はいくつになっても再出発できる」とかゆーキレイ事じゃなくて

「人はいくつになっても再出発しなければいけない」てのが正解じゃないかと思ったんだ。
本人が嫌でもその気がなくてもいくつでもいつでも新しく出発せざるを得ないときが
本人の都合や意思に関係なくやってくるから。


そいじゃあ今日も長くなっちゃったけどそろそろ御暇するわ。

TBサイト改造しながらちょこちょこやってくるからまたここで会いましょうね。

 

 

Sponsored Links

汀羅♥

4,651 views

東京都出身。商社にて海外アパレル商品輸入業務を担当し、女子であるにもかかわらず中国・香港・韓国出張へ死ぬほど飛ばされる激務を経験。 アメリカ人との英語学習に...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA