【新年号令和】父YUTOKU一周忌が終了。新しい時代の始まり「令和」汀羅的解釈

JAPAN


みなさま こんにちは。

昨年急死した父YUTOKUの一周忌が先日終わり、この一周忌で無事に納骨も終わりました。父の遺骨はずっと家にあった。なぜならお葬式もお墓も初めてのことで、ただ右往左往するばかりでいろんな時間がかかったから。

納骨の日、出発する直前にのるちゃんが骨壷から骨のいち部分をほんのすこしだけ取り出した。家の庭に埋めたいと言っている。その時たくさんの汀羅家関係者が家にいたんだけど誰も知らない。汀羅だけが知っている、この事実。

この一年間、悲しみとかそーいったものに悩まされることはなかったものの、もの凄い脱力感をいつも感じていた汀羅。

某所にて、汀羅家内々のお食事会。

ごく近しい親族のみ集合して最後にしたお食事会。桜はまだ満開じゃない、3~5分咲きといった感じで予想以上に寒いこの日。「桜の咲く時期=父の死 」という図式が完璧に汀羅の中に出来上がってしまいました。

春の満開の桜=父の死

これが、これから汀羅が死ぬまでずっと付き纏うなと思った。春のようやく暖かくなって桜が咲いて嬉しいという気持ちと父の死が完全に入り交じる、この時期は汀羅の軽くて重々しい、毎年非常な複雑な時期になってしまいました。

Sponsored Links

♥そんな中、発表された日本の新年号「令和(れいわ)」

意外!だったからこそ新しく感じた「令和」

この発表の瞬間を日本で見ることが出来て改めて良かったと思いました。もし海外にいたらちょっと残念に思っていたはず。新年号の発表も時代が変わることも、2020東京オリンピックも日本で見届けようと思っています。

「安久」とか「安」が使われるんじゃないかというネットの予測を見ていたので「令和」は超意外。だけどそれがより新しく感じることができたのかも。安倍総理の記者会見を見ながら、本当に新しい日本の時代が始まるんだなって思いました。それに希望を持ちたいと思っている汀羅。

中国語「令(ling4)」=季節や時期、書き言葉で〈良い〉を意味する。

汀羅は日本の万葉集について全くもって明るくないですが、あの原文を見る限り汀羅は全部中国語読み。万葉集の中に出てくる「蘭亭序」は台湾歌手ジェイ様の歌のタイトルだし、中国の書物が参考にされているらしいので。しかもこの曲、聞くといつも泣きそうになる汀羅の台北テーマソングなのでぜひ。

Sponsored Links

「梅花謌卅二首并序」 万葉集 32首 序文

天平二年正月十三日、萃于帥老之宅、申宴會也。于時、初春令月、氣淑風和。梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。 加以、曙嶺移雲、松掛羅而傾盖、夕岫結霧、鳥封穀而迷林。庭舞新蝶、空歸故鴈。於是盖天坐地、 促膝飛觴、忘言一室之裏、開衿煙霞之外、淡然自放、快然自足。若非翰苑、何以濾情。 詩紀落梅之篇。古今夫何異矣。宜賦園梅聊成短詠。

こちらが「令和」に引用されたという万葉集「梅の花の歌」の序文。TVのニュースでよく出ているのは「初春令月、氣淑風和。梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。 」という部分でこの中の「令」と「和」の文字がつかわれている。

「初春令月、氣淑風和。梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。」

天平2年1月13日、師老の家で宴が催された。それは初春のよき月で、ゆったりとしとやかな空気が流れ、風が穏やかである。梅は鏡の前のおしろいの粉のように明るく咲き誇り、その香りはまるであなたが身につける香袋かのように漂っている。(※汀羅的中国語解釈)

正しいのか、正しくないのかは定かじゃないですが、また中国語が役に立ちました。のるちゃんは「えぇ~令和、なんて万葉集なんて何の意味??」なんて言ってたけど汀羅は中国語読みで、なとなく最初から意味はわかっていた。

♥新しい時代の始まり、素晴らしい気が流れている。出発しよう。

これは汀羅の「令和」の解釈。だからみんなも、みんなの解釈があって良いと思う。汀羅はこの「令和」に新しい時代の、新しい場所へ向かって希望を持って出発しようよってそんな意味に感じました。汀羅には珍しく非常に前向きな意見。(笑)

だけどこれから向かう先は完璧未知な世界すぎて一体どうなるんでしょうか、ものすごく不安も感じるのですが。

冬が終わって桜よりも先に咲く梅の花に、季節・時代の始まりを感じます。そして暖かく穏やかな風が流れている。この空気の中、早く新しい時代へ出発しよう!と後押しされているような気がしている汀羅です。

♥まとめ

昨年2018年春に急死した父YUTOKUの一周忌&納骨&新年号の発表が重なりました。父の死と新しい時代の始まりとものすごく汀羅の中で交錯する複雑な気持ち。「令和」の汀羅的中国語解釈を記しています。

Sponsored Links

Taylor/汀羅

75,979 views

東京都出身。桑沢デザイン研究所卒業。商社にて海外アパレル商品輸入業務を担当、中国・香港・韓国出張の激務を経験。英語学習に挫折、中国語学習を開始。中国語愛が止...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. さとやま

    汀羅さん、こんにちは
    春になりましたね

    私の父も同じ季節に突然亡くなったので、汀羅さんと同じような気持ちです。
    うちは もう今年で17回忌でしたが、どんなに年数がたっても、やっぱり春が来れば父を思うし、桜と言えば父を思います。

    でも気持ちは少しずつ違ってきます。
    うまく言えませんが、汀羅さんもこれから毎年お父様を思われることと思いますが、でもそれは素敵な事なのではないかな、と。
    少なくとも私はそう思います。
    春は、桜は、父を思う大切な季節だと。
    うまく言えなくて申し訳ありません

    そして新しい時代になりますね
    汀羅さんにも、私にも、世界中のみんなにも 美しく素敵な時代になるといいですね
    そうなるよう頑張りましょう

    令和、中国語読みでも素敵な響きだと思いませんか✨!?
    台湾語だと你們好の発音になるってとこも 私は気に入りました(笑)

    • Taylor/汀羅Taylor/汀羅

      コメントありがとうございます。とても優しい文章で癒やされました。♥汀羅が今まで見てきた桜とこれからの見る桜、全然違ったイメージなのですがさとやま様が仰る通り、またこれから何年も徐々に気持ちは変化していくと思います。「令和」の中国語読み、「リンフー」も素敵ですね!汀羅は新年号「令和」けっこう気に入ってます。(^^)

CAPTCHA