中国ドラマ【宮廷の茗薇】皇子の争い!清朝史実「九子奪嫡」をわかりやすく解説

♕中国ドラマ

みなさま こんにちは。

3度めの緊急事態宣言の中いかがお過ごしでしょうか。そしてゴールデンウィークなんですがコロナ生活が1年経ったんだなとしみじみ実感している汀羅です。本日は中国ドラマ「宮廷の茗薇(めいび)」で描かれている清朝歴史事件について解説していきたいと思います。

九子奪嫡🤴💥
ジゥズゥドゥオディ

九子奪嫡は読んで字の如し、康熙帝の息子9名の争いで史実に遺されている歴史事件です。ドラマ宮廷の茗薇では7名の皇子争いが描かれますが実際には9名の争いでそれに基づいた派閥があり、もっとスケールがでかくて壮大です。

史実に比べてドラマではとてもコンパクトに描かれていると想像してください。その争いに主人公の「茗薇(めいび)」が翻弄されていきます。歴史上の「九子奪嫡」とドラマを見比べてぜひご覧ください!♥

♥「九子奪嫡」に登場する9名の皇子と生母

〈参照〉九子奪嫡の登場人物をわかりやすくするため自力で作成した図。

ドラマ宮廷の茗薇では7名の皇子が登場し争いますが、史実の「九子奪嫡」は9名で大阿哥「①胤禔」と三阿哥「③胤祉」以外の7名です。ドラマ宮廷の茗薇の登場人物についてはこちらの記事👉【中国ドラマ【宮廷の茗薇(めいび)】7人のイケメン皇子を解説!演じたのは誰?】で詳しく解説しています。

呼称名前生母名
大阿哥愛新覚羅・胤禔※ドラマ登場なし惠妃・鳥拉那拉氏
二阿哥愛新覚羅・胤礽(いんじょう)考城仁皇后・赫舍里氏
三阿哥愛新覚羅・胤祉※ドラマ登場なし荣妃・馬佳氏
四阿哥愛新覚羅・胤禛(いんしん)考恭仁皇后・鳥雅氏(徳妃)
八阿哥愛新覚羅・胤禩(いんし)良妃・衛氏
九阿哥愛新覚羅・胤禟(いんとう)宜妃・郭絡羅氏
十阿哥愛新覚羅・胤䄉(いんが)温僖貴妃・鈕祜祿氏
十三阿哥愛新覚羅・胤祥(いんしょう)敬敏皇貴妃・章佳氏
十四阿哥愛新覚羅・胤禵(いんてい)考恭仁皇后・鳥雅氏(徳妃)

康煕帝の子どもはめっちゃいっぱいいますが夭折している子どもも多いです。二阿哥「②胤礽」が皇太子となったのは長男が夭折しているためです。側室の子か皇后の子かということも影響します。四阿哥「④胤禛」と十四阿哥「⑭胤禵」は同じ母から生まれた実の兄弟で、ドラマでも同様の設定で登場します。

♥清朝歴史事件「九子奪嫡」とは?

九子奪嫡のコトの発端は第二子「②胤礽」の皇太子廃位で、これをきっかけに他の皇子たちが皇太子の座をめぐり骨肉の争いを繰り広げていきます。非常に混乱するため名前に番号をつけています。この番号は何番目の皇子かってわかりやすくしていますので参考にしてください。

「九子奪嫡」勝利するのは🤴④胤禛

■1675年康熙帝は第二子「②胤礽」を皇太子とするが、②胤礽は傲慢で徒党を組むなどしたため皇太子を廃位する。「暴力的で淫乱」であるという理由で廃位した。

■一番年上である「①胤禔」は康熙帝から嫌われていたので自分に望みはないと知っていた。そのため第八子「⑧胤禩」を推す。⑧胤禩は幼い頃、①胤禔の実母である「惠妃」に育てられたためふたりは仲良しだった。

■第三子「③胤祉」が①胤禔が②胤礽を陥れようとしたと暴露したため、康熙帝は①胤禔を捕える。

■康熙帝は①胤禔と⑧胤禩が結託していることを嫌いふたりを拘束、その後釈放。

■1709年②胤礽の皇太子の座を復位。1712年に再び②胤礽を廃位し出禁のまま亡くなった。③胤祉はこの状況を見て自ら皇太子争いをやめる。

★■⑧胤禩は第十四皇子「⑭胤禵」を推す。第九子「⑨胤禟」第十子「⑩胤䄉」が⑧胤禩に協力する。

★■第四子「④胤禛」と第十三子「⑬胤祥」が協力。④胤禛は②胤礽が亡くなるまで皇太子派だった。

■1722年康熙帝が病死。この時⑭胤禵は遠方にいて④胤禛は紫禁城にいた。康煕帝の家臣で孝懿仁皇后の弟「隆科多」が④胤禛を皇位継承者と公布し雍正帝となる。

■④胤禛即位後に反対派閥を整理。このような惨劇が繰り返されないよう皇太子が誰なのかを公開しない秘密建儲制度を制定した。

〈参考〉百度百科:https://baike.baidu.com/item/%E4%B9%9D%E5%AD%90%E5%A4%BA%E5%AB%A1/5724?fr=aladdin

何気に歴史に忠実だった「宮廷の茗薇」?

上記の九子奪嫡概要で★印した部分なのですが、ここがドラマ宮廷の茗薇で描かれている部分です。ここから④胤禛が雍正帝と即位する以後までがドラマに登場します。宮廷の茗薇はタイムスリップコンセプトで細かな設定が曖昧だったりするのですが、何気に歴史に忠実です。

ドラマではほぼ登場しませんが史実では9名の争奪戦に加え、そこにたくさんの派閥が発生しています。なので歴史はもっと大事で壮大な骨肉の争いだったと想像します。たくさんの人が人生を掛けて命がけで争っていたのです。しかも家族や親戚の関係です。恐ろしい!💦

Sponsored Links

♥康熙帝の子どもは総勢55名もいた!

康熙帝の子どもは男子35名、女子20名の総勢55名です。ちょっと意味わからないぐらい大勢いらっしゃるのですが、幼くして夭折している子どもも多く一般的に言われるのが康熙帝の子ども「35名」です。満20歳となった皇子15名と20名の女子です。

この15名の皇子に「九子奪嫡」に登場する9名の皇子が含まれています。康熙帝の第四子「④胤禛」が皇位を継ぎ後の「雍正帝」となります。太子である「②胤礽」は史実でも2回太子となり2回廃位されておりドラマと同様です。茗薇の夫である「⑬胤祥」は史実では44歳で亡くなっています。

〈参考〉百度百科:https://baike.baidu.com/item/%E4%B9%9D%E5%AD%90%E5%A4%BA%E5%AB%A1/5724?fr=aladdin

♥まとめ

九子奪嫡はたくさんの中国ドラマや映画などに登場します。だってこんなにすごい史実、そりゃ映像化したいし絶対に見たいです!清朝や紫禁城の歴史は知れば知るほど本当に面白すぎでハマります。歴史を学びドラマを視聴して見比べるとドラマをもっと楽しめます。ぜひドラマ「宮廷の茗薇」をお楽しみください!

汀羅♥TAYLOR

1,075,283 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。