【如懿伝(にょいでん)】最終回ネタバレ!如懿は最後にどうなる?あらすじ・感想

♕中国ドラマ

みなさま 明けましておめでとうございます。

今年2021年のお正月は汀羅大好きな中国ドラマ「如懿伝(にょいでん)」についてどっぷり語っていきたいと思っていますのでぜひみなさまご覧くださいね!♥如懿伝は全87話の壮絶な後宮の争いを描いた大作です。

同じ清朝時代の後宮を描いたドラマ「瓔珞(エイラク)」も如懿伝と同じ2018年に中国で公開され大ヒットとなりました。このふたつのドラマをずっと比較して視聴している汀羅なのですが、本日は如懿伝の最終回についてまとめていきたいと思います。

最終回開始10分で如懿が死んじゃう?!😱

最終回としてはなかなかの衝撃な展開です。如懿伝は全87話と全体としても長いドラマなのですが実はもっともっと長かったものを編集・カットして87話になったという情報があります。実際はもっと長かったんですよね。

ということで最終回は一体どうなるのか?乾隆帝はどうなったのか?悪は成敗されるのか?汀羅と一緒に見ていきましょう~♥

「如懿伝」最終回87話あらすじ

■如懿はひとり紫禁城を眺める。夜になり如懿と侍女の容佩が一緒にお茶を飲みながら如懿は今までの人生を振り返り語る。容佩が席を外し戻ってくると如懿は眠るように死んでいた。(病気で余命数ヶ月と言われていたが薬を飲まず治療しなかった。)

■皇帝は貴妃を連れて木蘭囲場へ狩りに来ておりそこで如懿が亡くなったことを知る。宮中で如懿の葬儀が行われる。如懿は生前に十二阿哥宛に手紙を書いていた。その手紙を受け取った十二阿哥は乾隆帝に見せる。「自由に生きてほしい。」と書いてあった。

■如懿は皇帝と自分の肖像画を半分破り自分の部分を焼いてしまっていた。その絵を絵師のところへ持っていき復元してほしいと頼む皇帝。絵師は仲睦まじいふたりの姿は今は書くことができないと断る。

■皇帝はひとり幼なじみであった如懿のことを思い出し号泣する。如懿の願い通り皇后を廃位してひとりの人間として埋葬することを皇太后と相談する。9年後。炩貴妃が老婆のような姿になっており毒を飲まされて死亡。

■さらに時間が経過し皇帝は「太上皇」となり老人となっている。皇帝は如懿が自ら切った髪の毛と自分の髪を切り一緒に箱の中に入れる。如懿がずっと持っていた枯れた梅の木に芽が出ていると太監が知らせに行くとその箱を握ったまま皇帝が亡くなっていた。

THE END

「如懿」という正義は勝ったのか?

ドラマの中で如懿は正義です。良き妻として夫を支えることに生きた女性だと汀羅はとらえています。悪事に手を染めることはなく起きたことを受け入れていく人生で周りの悪に翻弄されていきます。

汀羅が如懿伝の見どころとしていたのは「如懿という正義は最後に勝つのか?」ということです。如懿は皇后を廃位され頭がおかしくなったとされる貴妃でどの物語でも不幸な結末なんですが如懿伝ではとにかく悪に陥れられまくるので最後に正義が勝つのかどうかを見極めたいと思っていました。

最大の敵炩貴妃も如懿も最終回で亡くなる。

最終回では如懿、炩貴妃、皇帝の3人が亡くなります。如懿の死因は肺を患って病死です。が、如懿はこの直前に廃位されており子どもの死もあって病気になっても薬を飲みませんでした。炩貴妃は86話ですべての悪事を暴かれ失脚し87話で毒死します。

炩貴妃という悪が成敗されるのが遅すぎる!皇帝がもっと早く手を打つべきだったでしょう!怒 ということで結論は炩貴妃も如懿もほぼ同時に亡くなってしまうというとなんですよね。ただし最後に乾隆帝は如懿への愛を見せるのでやはり正義は勝った、如懿の気持ちは通じていたということでしょうか。

「鳥拉那拉」の悲しい物語

如懿は歴史上の人物「鳥拉那拉氏(ウラナラ)」がモデルとされており乾隆帝の2番めの皇后として有名でドラマ瓔珞にも出てくるし映画などでも題材として取り上げられています。

共通しているのは亡くなった前皇后「富察氏」と比べられ後から入ってくる3番目の皇后となる若い貴妃「孝仪纯皇后魏佳氏」に追い詰められる姿。乾隆帝の幼なじみであり身分も高く良き妻として過ごしているのに最終的に発狂するのも共通しています。

自ら髪を切ったとされるのは有名な話。

汀羅は考えていたのですがこの気持ち、わからなくないですよ!だって乾隆帝は南巡でキャバクラ状態で地元のギャルと遊びまくり、それを良しとしている宮中の貴妃たちに操られるような男です。それを怒って怒鳴りつけたら皇后廃位ってもうやってらんないと思うんですよね。

Sponsored Links

富察皇后も高貴妃も病死

炩貴妃はドラマ後半の最大の悪なのですが、前半の悪は富察皇后、高貴妃、嘉嫔の3人です。嘉嫔はなかなかしぶとく物語の後半まで生き延びて悪事を働いているのですが富察皇后と高貴妃はわりとあっさり前半で亡くなります。

ドラマ瓔珞ではあんなに優しかった富察皇后なんですが、如懿伝ではかなりの悪人です。しかもそれが表向き全くわからずとても良い人のようにしているのでマジで悪いわこの人って思うんですよね。

富察皇后と高貴妃は最終的に病気で亡くなります。その病気を引き起こすきっかけは後宮での揉め事ですが毒死とか殺されたわけではなく病死します。如懿も最終的には病死です。于正ドラマでは毒死が本当に多いのですが如懿伝では病死が多いなって思っていました。

炩貴妃と嘉嫔は毒死です。この2人はこのドラマの最大の悪人と言っていいかと思う人物ですがこの方たちは毒死で、なんとなく良い人の部分もチラ見せしてくる富察皇后と高貴妃は病死って意図的なのでしょうか。

♥まとめ

歴史上の人物「鳥拉那拉氏」は乾隆帝2番目の不幸な皇后として有名なので如懿伝では一体どのように描かれていくのか?というのが汀羅は見どころでした。最終的に悲しい結果には違いないのですが、如懿伝では乾隆帝と相思相愛として描かれているのがポイントです。

第1話では乾隆帝の妃選び、最終回で如懿は亡くなります。如懿の壮絶な半生を描いた全87話です。ドラマ瓔珞よりもスケールが大きく歴史資料としての学びが多いと思います。清朝時代ドラマで必見の作品です!

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Sponsored Links

汀羅♥TAYLOR

385,464 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA