中国ドラマ【宮廷の茗薇(めいび)】7人のイケメン皇子を解説!演じたのは誰?

♕中国ドラマ

みなさま おはようございます。

ドラマ「宮廷の茗薇」は建築デザイナーとして働く「小薇(シャオウェイ)」が清朝時代の「愛新覚羅·胤祥」に恋をしてタイムスリップするお話です。て、こうして活字にするとなんだか本当にとんでもないお話です。宮廷の茗薇は2011年に公開されたドラマ「宮廷女官若曦(ジャクギ)」と同じ制作陣で物語の内容も似ています。

宮廷の茗薇も宮廷女官若曦と同様に清朝時代へタイムスリップした小薇が、イケメン皇子たちの争いに巻き込まれ翻弄されて恋愛していくお話です。よって辮髪のメンズたちがたくさん出演しておりわかりにくく「誰が誰だかサッパリだわ!」という方いらっしゃいませんか。ということで本日は

登場する7名の皇子を整理します!🤴🤴🤴🤴🤴🤴🤴

みなさまの推し阿哥はどなたですか。汀羅は14阿哥推しですが13阿哥も好きです。そして4阿哥のディン・チャオもめちゃカッコいいです。若曦もそうでしたが茗薇も清朝でモテモテなので見ていて若干腹立たしくなってきます。そんな複雑な思いとともに一緒に見ていきましょう~♥

♥「宮廷の茗薇」七人の皇子 ※生まれた順

№1♥太子・二皇子【胤礽(いんじょう)】演じたのは倪菘阳

役名愛新覚羅・胤礽(いんじょう)
母親考城仁皇后
何番目の王子?太子・第二皇子
演じた俳優倪菘阳(ニー・ソンヤン)

胤礽は康熙帝の第二皇子なのですが長男の「承祜」がわずか4歳で亡くなってしまったため太子となります。大人しくあまり目立たないメンズのためドラマの中では他の兄弟から見下されているのですが、現代でもメガネでガリ勉タイプ?な青年として登場します。胤礽は春華と恋仲になり現代で小秋にプロポーズします。

№2♥四阿哥【胤禛(いんしん)】演じたのは丁橋

〈参照〉四阿哥を演じたディン・チャオは内モンゴル出身の中国の俳優です。

役名愛新覚羅・胤禛(いんしん)
母親考恭仁皇后(徳妃)
何番目の王子?第四皇子
演じた俳優丁橋(ディン・チャオ)

丁橋は2018年ドラマ「如懿伝(にょいでん)」で「愛新覚羅・永璜」として出演しています。宮廷の茗薇では「愛新覚羅・胤禛」として出演しており主人公の13阿哥を助ける良き兄です。歴史では康煕帝が病死した後に皇位を継ぎ雍正帝となる人物。ドラマでは母親である徳妃から愛されず実の弟である14阿哥と対立します。

№3♥八阿哥【胤禩(いんし)】演じたのは何志龍

役名愛新覚羅・胤禩(いんし)
母親良妃・衛氏
何番目の王子?第八皇子
演じた俳優何志龍(フー・ジィロン)

8阿哥の胤禩は太子と対立する悪で皇位争いを激しめに繰り広げます。太子だけでなく13阿哥や4阿哥も陥れていきますが最終的には皇帝から嫌われ失脚します。後に雍正帝となる4阿哥とは異母兄弟。8阿哥を演じた俳優「何志龍」は舞台や現代ドラマに出演しており古装は今回が初出演?

№4♥九阿哥【胤禟(いんとう)】演じたのは郎鵬

役名愛新覚羅・胤禟(いんとう)
母親宜妃・郭絡羅氏
何番目の王子?第九皇子
演じた俳優郎鵬(Augus)

Augusはイケメンです!たくさんのドラマや映画に出演している実力派で2018年公開シュー・カイも主演しているドラマ「鳳囚凰」にも鶴絶役で出演しています。9阿哥は8阿哥と一緒に太子と対立します。常に8阿哥とつるんでおり4阿哥や13阿哥を殺そうとする悪人。4阿哥が皇位を継いた後に捕らえられ亡くなります。

№5♥十阿哥【胤䄉(いんが)】演じたのは金翀

〈参照〉金翀は1992年生まれの中国の俳優。

役名愛新覚羅・胤䄉(いんが)
母親温僖貴妃・钮祜禄氏
何番目の王子?第十皇子
演じた俳優金翀(ジンチョン)

10阿哥の胤䄉は8阿哥の悪チームの一員ですが実際に手を下すことはありません。金翀はドラマや映画などの出演が少なく芸能活動がいまいちよくわからない俳優様なのですが、詳しくお知りになりたい方はこちらの微博「金翀工作室」をご覧ください。今回の宮廷の茗薇でメジャーとなった印象です。

Sponsored Links

№6♥十三阿哥【胤祥(いんしょう)】演じたのは王安宇

〈参照〉一三阿哥を演じた王安宇は1998年生まれ。

役名愛新覚羅・胤祥(いんしょう)
母親敬敏皇貴妃・章佳氏
何番目の王子?第十三皇子
演じた俳優王安宇(ワン・アンユゥ)

辮髪姿でもめっちゃイケメン、そしてかなりのフレッシュ感があった13阿哥を演じたのは王安宇です。宮廷の茗薇に出演以降の2020年はたくさんのドラマに出演しており今後も活躍が期待される俳優様です。胤祥は歴史上では44歳で病死。13阿哥は不自然なぐらい最初から茗薇が好き。最終回の現代版13阿哥のロン毛で若干チャラ男風?な姿が必見です!

№7♥十四阿哥【胤禵(いんてい)】演じたのは辛雲来

〈参照〉辛云来は1994年生まれの中国の俳優。好きです!💕

役名愛新覚羅・胤禵(いんてい)
母親考恭仁皇后(徳妃)
何番目の王子?第十四皇子
演じた俳優辛雲来(シンユンライ)

14阿哥は4阿哥と同じ母の兄弟。茗薇のことが好き。茗薇も清朝で13阿哥を好きだった記憶がなくなるので好きになりそうになるけど、茗薇と異母姉妹の茗蕙と結婚する。太子争いで負け実の兄の4阿哥に捕らえられる。14阿哥、めちゃめちゃカッコよくないですか?💓14阿哥も最終回で現代人となって登場します。辛雲来は2016年中国のメンズアイドル番組「进击!BigBoy」で芸能界デビュー。

♥まとめ

ドラマ「宮廷の茗薇」は若手俳優のキャスティングが多く古装ドラマでもかなりのフレッシュ感を感じた作品です。ほとんど情報がない、インスタに全く画像がないという俳優様もいらっしゃいます。なのでこれから中国芸能界で活躍が期待される方ばかりが出演しています。そしてイケメンパラダイスです!ぜひともお楽しみください。

汀羅♥TAYLOR

1,079,924 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。