【コウラン伝】中国版最終回あらすじと感想!登場人物別結末

中国ドラマ

みなさま こんにちは。

汀羅大好き中国ドラマ「コウラン伝」中国版だと全67話となかなかの長さがあるのですが
日本版は34話なのでなんだかあっという間に過ぎていく感じでした。

元々話の展開が激しいストーリー上に微妙にカットされて編集されているので
「もうついていけない…」と挫折しそうになった方もいたはず。

しかし!汀羅は激しくおすすめのドラマです。
後半になるにつれ秦国編になるにつれてどんどんハマっていくと思いますよ!

本日はコウラン伝はの最終回を先に見たい方、
すでに見終わって中国版との比較が気になる方にあらすじと感想をお届したいと思います。

最後はどうなった?登場人物別の結末

とにかく死んでいく、っていうのはもう中国版ドラマあるあると思ったほうが良いです。
コウラン伝は最後の方になるとだんだん死んでいくというよりも最初から登場人物が多いので徐々にお亡くなりになっていく感じです。

物語の展開が早いだけに「そういえばあの人どうなった?」と思うことがよくあったんです。
それぞれの登場人物の最後はこのようになっています。

■岫玉:コウランと呂不韋を陥れようとしたが逆にぬれぎぬを着せられ投獄される。
夫蚊に毒をもられそうになるがかんざしを喉に突き刺し自害。

■高敏:病気のため自分の余命がわずかだということを知り自害しコウランに殺害されたと見せかける。

■安国君:華陽と楽師の不倫現場を目撃し怒り狂って王妃の首を締めるが逆に王妃に鈍器で殴られ死亡。

■王子蚊:クーデターを起こし父である趙国王に歯向かうが失敗し殺害。

■司徒缺:呂不韋の命により子渓を騙して側近となる。子渓が殺された後自害。

■子渓:秦王になるためクーデターを起こすが失敗。司徒缺に裏切られる。軍に斬られて死亡。

■宣候婦:秦国王を廃位させるため呂不韋を騙すが逆にクーデターに加担したとされ投獄される。獄中で自害。

■王子逸:秦国の将軍白仲の軍に殺される。小春の目の前で死亡。

■霊児:謀反に加担した兄白仲を守るために刺されて死亡。

■シールオ:華陽婦人に加担しコウランに追い詰められる。最後は華陽婦人に毒を飲まされて死亡。

■異人/子楚:元々体が弱く持病悪化のため死亡。華陽婦人の策略で薬に毒を混ぜ飲まされていた。

■王女雅:子渓が死んでから愛していたことに気がついて思い悩む。酒に酔って部屋に火をつけて死亡。

■華陽婦人:自ら毒を飲んで自害。

■驪歌:兄の燕国太子と謀反を企んだとされ自害。

■司徒月:コウランを守るためたくさんの兵に刺されて殺害。

■呂不韋:政に追放された後自ら毒を飲んで死亡。(劇中では描かれず最後に字幕がでる)

■コウラン:秦始皇十九年に亡くなり帝太后として異人と同じお墓に埋葬された。(劇中では描かれず最後に字幕がでる)

中国オリジナル版最終回はこんな感じ!

■コウランは戦争により親を失った孤児院を建設するが先にふたりの子供を引き取る。
その子供はラオアイが連れてきたため呂不韋も小春もその子供がコウランとラオアイの子供ではないかと疑っている。

■コウランがラオアイを寵愛しすぎたためラオアイの権力が大きくなり政や呂不韋、白仲は攻撃しようと企む。
コウランもラオアイの行動が自分が甘やかしすぎたのではと思い始める。

■政は家臣からラオアイはコウランの愛人で夫婦のように暮らしており
二人に間には子供がふたりいると聞き激怒する。ラオアイを殺害しようと呂不韋とともに決意。

Sponsored Links

■ラオアイは戦うが政に殺害される。コウランは城に幽閉され呂不韋は国外追放となる。ふたりの子供は生きている。
呂不韋は城を出る前にコウランに珠を渡す。ふたりは会うことはなかった。

■政は白仲よりすべてはコウランの母心であり天下統一を果たすためだったと言われるが聞きれない。
余計なことは言うなと言い残し去る。コウランと政は和解しないまま物語は終了。

「コウラン伝」最終回感想

いやいやいや~最後まで政は乱暴できかん坊でしたね。
もうさ、最後の言葉が「余計な口出しするな」だもん(笑)

汀羅は秦始皇帝が天下統一するところまでやるのかと思ってました。
ラオアイの乱で終了するんですね。

それからやっぱり呂不韋ですよね!
途中で死ぬんじゃないかとか思いましたけど最後まで一緒でした。

そして最後までコウランのことが好きだったんだよね。(泣)
コウランはかなり冷淡だけど呂不韋はいつも手助けしてたじゃないか。

てゆーかコウランはさ、異人の時も正直一体誰が好きなのか
何を考えているのかよくわからない部分あったよ。

そしてコウラン伝は歴史と異なっている部分が多くフィクションと
ノンフィクションが入り混じるドラマでした。

登場人物全員が騙し合う裏の裏を読んでいくのはまさにエイラクそのもの!
と、やはり最後までエイラク感が抜けない汀羅でした。

さ~明日からエイラクまた見よっと!(笑)♥

Sponsored Links

汀羅♥TAYLOR

265,457 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。