【如懿伝(にょいでん)】皇帝はなぜ如懿を嫌いになった?皇后廃位3つの理由

♕中国ドラマ

みなさま こんにちは。

中国ドラマ「如懿伝(にょいでん)」は乾隆帝の2番めの皇后となる「如懿(ルーイィ)」の悲しい半生を描いた作品です。乾隆帝と如懿は一緒に紫禁城で育った幼なじみで当初乾隆帝は如懿だけを愛しており、第1話の妃選びでは真っ先に如懿を選びます。

如懿は側室ですが正妻でなくとも乾隆帝は如懿にとても優しく相思相愛として物語は展開してきますが、最終的に如懿は乾隆帝から階級を剥奪され庶民となり幽閉されます。

なんでそこまで嫌われちゃったの?😨

汀羅の個人的な見解と解釈を含めますが物語終盤で巻き起こる如懿が皇后を廃位される3つの理由をまとめました。ドラマの予習復習にぜひお役立てください!それでは一緒に見てきましょう~♥

理由その1♥皇帝が溺愛している寒香見に避妊薬を飲ませたから

如懿伝は次から次へと後宮に新しい妃がやってくるのですがその中でも皇帝が骨抜きにされた美女「寒香見(容妃)」が70話で登場します。寒香見はとても美しく皇帝は一目見て気に入り寵愛します。

皇帝は香見の出身地である服を着たり建物を建てたりと後宮の女性たちがドン引きするほど寵愛するので、懸念を抱いた皇太后が如懿に妊娠しない薬(避子湯)を香見に飲ませます。香見は紫禁城へ来る前に別の人物を愛していたため皇帝に心を開かず妊娠したくないと思っていました。

それを知った皇帝は激怒し如懿を思いっきりひっぱたきます!(泣)ドラマの中で如懿は皇帝から二度殴られますが一回目がこれです。本当の悪は皇太后ですが如懿は言わず、如懿と皇帝の関係は悪化していきます。

理由その2♥凌雲徹と愛し合っていると疑われたから

この投稿をInstagramで見る

经超(@jingchao_)がシェアした投稿

Sponsored Links

〈参照〉雲徹を演じた経超です。

雲徹は如懿が冷宮にいる時に如懿を助けた人物で如懿の敵である卫嬿婉(令貴妃)の幼なじみという重要な人物です。如懿を憎んでおり上にあがっていきたい嬿婉は宮中に根も葉もない雲徹と如懿の噂を流します。

最初は皇帝はこの噂を信じず如懿も反対に雲徹と嬿婉の噂を流して反撃しますが、最終的に如懿が負けます。また雲徹も恋愛関係ではなくとも如懿をずっと大切に想っていたため妻からも攻撃されてしまいます。

またしても皇帝は激怒し雲徹を如懿の宦官にするというとんでもない仕返しをします。食べきれないほどの食事を如懿に強要するなど如懿に対する嫌がらせをする皇帝に如懿の気持ちがさらに離れていきます。

理由その3♥女子と楽しく戯れているのを邪魔されたから

皇帝は如懿や他の貴妃をつれて南巡(杭州への船旅)に出ますがここで決定的な事件が起こります。嬿婉は旅行先で地元の遊女を皇帝に充てがうのですがこれは紫禁城の規則に違反した行為であり如懿は激怒します。

81話で如懿と嬿婉が大バトルとなり如懿は嬿婉を殺すと宣言した後、皇帝の宴会へ乗り込みます。たくさんの地元美女といい感じに戯れている皇帝がおり、せっかくの楽しい時間を如懿に邪魔され如懿と皇帝は大喧嘩をします。

皇帝は如懿を殴り(!)如懿は自ら髪を切ってしまいます。髪を切るのは満州族の風習で夫が死んだ時とされているためこの如懿の行為は皇帝を呪った行為で許されません。皇帝は如懿を皇后から廃位し紫禁城へ戻して出禁にします。

まとめ♥如懿はダメ夫に振り回された妻?

理由その3については「そりゃないだろ!そら如懿も怒るわ!😣」って思いませんか?物語の始まりは皇帝は如懿だけを愛していましたが時が経つにつれて次から次へと新しい貴妃たちを寵愛するようになります。

もちろんそれは紫禁城で当たり前の生活なんですが如懿が髪を切る瞬間はもう堪忍袋の緒が切れました、ってゆー瞬間だったと思うんですよ。誰だってそんなの怒りますよ!って感じです。乾隆帝に関してはもう最後の方は汀羅も嫌いになりました。

この場をお借りして汀羅が言わせていただきます。アンタ、馬鹿なの?なんで善悪を見分けられないの?どんだけ女と遊びたいの?紫禁城にあんだけ貴妃がいるのにまだ遊び足りないんか!(笑)と如懿は言いたかったですよね??

如懿は善良なキャラです。卑劣な手段は使わずにやられたらやり返すけど良い妻として描かれていますので如懿の行為は間違いではないです。理由は明らかではありませんが如懿が南巡で髪を切ったことは史実にも残されている事件です。悲しすぎる!

汀羅♥TAYLOR

1,079,861 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。