2020-06-24

中国ドラマ【瓔珞〈エイラク〉】美しすぎる主要キャスト16名のプロフィール総まとめ!


みなさま こんにちは。

ドラマ【瓔珞〈エイラク〉~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~】で富察傅恒(フチャフハン)を演じた
許凱(シュー・カイ様)にキュン死したのは汀羅だけではないはず・・・♥

と昨日Twitterを見ていたら他にもたくさんいらっしゃったので、なんだかホッとしている?汀羅です。

実は全くこのドラマに興味がなかったのにバックリとハマる。

汀羅は当初、このドラマはただ衣装が美しいだけでストーリーは絶対に

ビンビン様(范冰冰)の【武媚娘(日本のタイトルは武則天)】と
スン・リーの【甄嬛傳(日本のタイトルは宮廷の諍い女)】

を超えられないでしょう、確実に。と思ってなんとなく見なかったんですよね。

汀羅が最初ハマれなかったのは、主役の瓔珞を演じた【吴謹言(ウー・ジンイェン)】がどうも線が細すぎて、
痩せ過ぎていてビンビン様やスン・リーみたいなあのやばすぎる「美しすぎる圧」みたいなもんが感じられなかったので。

だけどもとにかく場面の全てが美しい中国絵画、ひとつひとつ手作業でつくられた衣装に目を奪われて、
とにかく細かくガチの小道具にも目を奪われ20話過ぎたぐらいからはどんどんハマる!!!

てゆーかこのドラマ、35話~40話ぐらいから「脚本家、変わった??」って思うぐらい一瞬も目が話せないストーリーになって
いきますので皆様もどうぞ最後までいってください。

全70話、見終わると瓔珞のレベルの高さがわかる。

瓔珞は今までの中国宮廷ドラマと違って大御所があんまり出てない。


だけども今までにない映像の美しさに加えどの役者さんも素晴らしく演じているので、
だからこの完璧な美しい世界を創り出せたんじゃないでしょうか。


汀羅的にはかなりキャスティングが気になるところ。
それで調べました。


ウー・ジンイェンはバレエやってたんだよね、
だから線が細くて体重44キロ。щ(゚Д゚щ)



70話全部見終わるとウー・ジンイェンは素晴らしく最後まで演じきったと思うし、
どの役者さんを見ても非常に演技力が高いことがわかります。

てゆーか素顔の写真だけだと一体どの役を演じた方か全くわからない。(笑)
それだけ皆様が全力でそれぞれの役を演じきっていたからじゃないでしょうか。

ということで、本日はこのギャップありすぎるキャストのみなさまの素顔やプロフィールを探ってみたいと思います。
この役を演じたのってこの人だったの?!って驚きの連続です。

ぜひお楽しみください。♥


中国ドラマ【瓔珞〈エイラク〉】主要キャスト・プロフィールまとめ

01♥魏瓔珞:吴謹言(ウー・ジンイェン)

吴謹言:秒dong百科

1990年8月16日 中国成都市生まれ 30歳
しし座 B型 身長165センチ 体重44キロ

6歳からダンスを始め10歳で北京のバレエ学校に入学。
17歳でバレエ学校を卒業しダンサーとして活動していたが怪我がきっかけで演技を学び始める。

汀羅はなんだかずっとビンビン様やスン・リーと比べてしまい、どうもこの方が主役というのがイマイチだったんですが最後には拍手です。めちゃめちゃ号泣したよ!てゆーか、ウー・ジンイェンで良かったって思ったよ!(泣)

皇帝が瓔珞の顔を「不細工ではないが、ずる賢い顔をしている」とか言ってましたね。www 今はなぜ瓔珞をウー・ジンイェンが演じたのかわかります。回を重ねれば重ねるほどどんどん威厳と圧のある女に変化していく様子が圧巻。憧れます。

02♥富察容音(富察皇后):秦嵐(チン・ラン)

秦嵐:秒dong百科

1979年7月17日 中国沈陽市生まれ 41歳
蟹座 B型 身長165センチ 46キロ

母の希望により大学で会計を学ぶが、友人と一緒にでかけた映画館で女優コンテストの応募を知り参加。
最終審査でモデル部門を受賞。その後北京で活動を始める。

瓔珞には美しい女性いっぱい出てきますが、汀羅はこの方が抜群にきれいだと思ってる。劇中では悪女ばっかりで善良な女も最終的には狂っていくんだけど、富察皇后だけは最後まで白く清く、美しかった!

てゆーか40歳超え?!て、驚異の美しさです。とにかく優しくいつも瓔珞を守ってくれ、それを本当の姉のように慕っている瓔珞。二人の子供を奪われて自害する悲しい結末ですがこの最後がまた美しいと思えてならないの。

03♥愛新覚羅弘暦(乾隆):聶遠(ニエ・ユァン)

聂远:秒dong百科

1978年3月17日 苗族自治区生まれ 42歳
魚座 B型 身長177センチ 65キロ

芸術学校で舞踊を学び活動していたが、男性だと舞踊の仕事は息が短いと思い軍人になろうと決意。しばらくすると自分は軍人には合っていないと思い、演劇学校で学び俳優となる。

プロフィール写真見て超驚きの汀羅。てゆーかなんか黒いしガタイも良くて、劇中の皇帝のイメージと全然違ってるよ。劇中ではかなり白かったと思います。でも思えば物を投げたり李玉を蹴ったりなんかだか強い皇帝だった気もするので・・・。

苗族というのも驚き、軍人になろうとしていたというのも超意外!汀羅は瓔珞の中でこの方、「もしかして今のアドリブ??」って思うことが多かったんだよね。自由な方のようにお見受けしました。

04♥輝発那拉淑慎(嫺妃):佘詩曼(シャー・シーマン)

佘詩曼:秒domg百科

1975年5月28日 香港生まれ 45歳
双子座 O型 身長165センチ

スイスの大学を卒業後、香港へ戻る。母の薦めでミス香港大会に出場、3位を獲得。その後芸能活動を開始。出演したドラマや映画は数しれず、数々の演劇賞も受賞。その演技力は高く評価されている。

中国ドラマではキャストが大陸・香港・台湾と入り混じっていることが多いんですが、瓔珞はほぼ中国勢で埋め尽くされておりシャー・シーマンが唯一なんじゃないかとお見受けしました。演劇では凄まじい経験・実力をお持ちのこの方が嫺妃を演じられたのは納得。

最初は薄幸でものすごく悲しい女ですが、後半になるにつれてエゲツない勢いになる。人ってこんなに変われるもんなのか?!とはいえ、悪人になりきれない善良な部分も見え隠れして最後まで不安定な嫺妃の心に全員が惑わされます。

05♥富察傅恒:許凱(シュー・カイ)

許凱:秒dong百科

1995年3月5日 中国広東省生まれ 25歳
魚座 身長186センチ 

2013年中国国際モデル大会男性部門でグランプリを獲得。以降モデルとして活動を開始。現在まで数々のテレビドラマに出演。2017年に元カノ暴力騒動を起こし炎上経験あり。

プロフィール画像は瓔珞を演じたウー・ジンイェンとの2ショット!美しすぎるでしょう~てか思いがけずウー・ジンイェンの方が年上だったんですね。瓔珞では女子がみんな憧れる王子役、完璧でした。かっこいいだけじゃなく演技力もかなり高いと感じます。

彼は富察傅恒の役柄を演じきるべく、かなりの勉強や鍛錬をしたそうでそれが良い結果となって現れてるんじゃないかなと。汀羅的には七夕の日に結婚を申し出た場面、瓔珞からもらった巾着をずっと大切にしている場面がキュン死(即死)でした!

♥許凱についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています!↓

06♥蘇静好(純妃):王媛可(ワン・ユェンクー)

王媛可:秒dong百科

1984年4月4日 中国山東省生まれ 36歳
牡羊座 O型 身長167センチ 45キロ

大学在学中にTVドラマに出演。その後現在まで数々のドラマや映画に出演している。2012年に結婚、双子の母となった。セクシー系モデルとして登場することも多い。

汀羅が富察皇后と同じぐらい美しすぎると思ったのがこの方。本当にものすごくお綺麗なんですが、役柄とプロフィール画像のイメージが違いすぎてかなりビックリ。結婚し双子のママなのだそうですが、検索するとかなりきわどめのセクシー画像が多いのにも驚きます。ドラマ瓔珞の中ではセクシー要素は全く無かったので。(笑)現代劇よりも古装の方がより美しいと思う女優さんです。

劇中では純妃も嫺妃と同じようにどんどん変貌していきます。傅恒に対する切ない恋心は見ていて汀羅、「またお前もかっ!」と思わず叫びそうになりました。(笑)とりあえず全員みんなイケメン傅恒が大好きなんだね。

07♥高宁馨(高貴妃):譚卓(タン・ジュオ)

譚卓:秒dong百科

1983年9月25日 中国吉林省生まれ 37歳
てんびん座 B型 身長165センチ 45キロ

子供の頃、小中高と学校を何回も転々とする生活を送る。たくさんの人に会い学ぶことが多かったらしい。弱きものを助ける性格で、友人を守るために怪我をしてまで男の子と喧嘩をした。

司会者や記者などの仕事をしていたが1日ずっとテレビ局にいることが飽きるため、演劇の道を選ぶ。撮影でいろいろな場所に行ったりすることが旅行のようで自分に合っていると決意。数々の映画やドラマに出演している傍ら、芸術について大学で学びデザイナーとして洋服店も開業している。

ドラマ瓔珞はこの方なしでは語れない!中国宮廷歴史モノでは絶対に後宮のラスボス的な最強の敵が存在しているものですが、瓔珞のそれはまさにこの方、高貴妃!とにかく強烈な印象の高貴妃、汀羅的にはプロフィール写真をあの最後の目をひん剥いている顔にしたかったぐらいです。(笑)てゆーかこの方の素顔からして、高貴妃のメイクがどんだけヤバかったのかわかるよ・・・。

素顔の写真でようやく思い出したのですが譚卓は中国映画【我不是薬神】に出演されてましたね!劇中ではセクシーポールダンスを披露していました。我不是薬神も素晴らしい中国の映画です。汀羅、やっぱりこの女優さん好きだわ。♥

汀羅個人的には、お芝居好きな高貴妃のおかげでこのドラマの中で美しい京劇のシーンを見れたのがとても良かったです。それから装いも可愛いとかきれいだけじゃなく、この方だけは黒とか圧とか重みがあるちょっと違った美しい衣装でそれも好きでした。

瓔珞の他の出演者の方とはちょっと違った経歴にも注目です。華々しい演劇界での成功というよりもいろんな場所を転々としていたり、旅行が好きだったり、芸術を学んでいる部分などもしかして汀羅が一番共感できる役者さんかも!ドラマでは本当に恐ろしい役柄だったんですが素敵な女性に違いないと思う汀羅です。

08♥喜塔腊·尔晴:蘇青(スー・チン)

蘇青:秒dong百科

1989年7月5日 中国湖南省生まれ 31歳
蟹座 身長168センチ 47キロ

湖南省から多くの有名歌手が生まれているという背景もあり、子供の頃から歌を習い始める。歌を歌うために湖南と北京を行ったり来たりの生活をするが、19歳の頃に歌手をやめて演劇を開始する。その決断に家族がドン引きするも考えを変えず、演劇をするため北京に留まった。

尔晴は本当に優しい姐姐って感じだったのに、この人も豹変しすぎ!傅恒とマジで結婚しちゃった時には、世の女性群が「なんでお前が?!怒」ってなったに違いない。汀羅もマジでビビったんですが、尔晴と傅恒が結婚してから以降の方がドラマは断然面白くなってきます。てゆーかもうこのクレイジー夫婦から完璧目を離せなくなったね!

ドラマ瓔珞は出てくる人物があまりにも豹変していくので、脚本が最初はこうじゃなかったけど直前で変えたんじゃないか?とかものすごく勘ぐってしまう。それから尔晴が結婚して夫人になってからの衣装が必見です。本当に可愛いものばかりを着ているよ。

Sponsored Links

09♥明玉:姜梓新(ジャン・ズーシン)

姜梓新:秒dong百科

1996年3月11日 中国南京市生まれ 24歳
魚座 身長165センチ 46キロ

4歳からピアノを習い始め、小学校から声楽を学び度々海外でも公演。何気なく試験を受けた中央音楽院に合格したものの声楽は先行せずダンスを学んだ。その後独学でギターやウクレレを学ぶ。2016年にTV番組で歌手の公開オーディションに参加、その後歴史ドラマに出演し注目を浴びる。

明玉(ミンユゥ)~!!!!って汀羅はなんか叫びたくなっちゃうんだよね~。最初は瓔珞とものすごく仲が悪くて、それで絶対にまぁ仲良しになるんだろうなとは予想していたんだけど、それはもう最後には瓔珞と二人で助け合いながら日々生きていくみたいになってなんだか泣ける。

てゆーかアル晴も明玉も本業は歌手だったんですね!でもものすごく古装が似合っていてものすごく可愛い。汀羅は絶対に海蘭察と結婚すると思っていたし、結婚してほしかったのになんであんな結末を選ぶんだよって本当に残念。明玉には本当に幸せになってほしかった~。

10♥愛新覚羅弘昼(和親王):洪堯(ホン・ヤオ)

洪尧:秒dong百科

1992年3月19日 中国湖南省生まれ 28歳
魚座 O型 身長182センチ
 

ダンサーとして活躍。中国テレビダンス大会優秀賞受賞、全国ストリートダンスバトル準優勝受賞、世界ストリートダンス大会準優勝など数々の賞を獲得している。店の経営なども行っている社長でもある。運動が好きで趣味はスケボー、ボクシング、バスケットボール。

ドラマの中では完全にチャラ男でダメ男を演じているのであんまり良いイメージがないかもしれないんですが、この方は超イケメンです。他にもいっぱいドラマでお見かけしますがもしかしたら瓔珞だとあんまりかっこよくは見えないよね・・・て心配になる感じ。(笑)

経歴からもわかるように今どきのイケメンで、汀羅的にはあんまり好きなタイプではないですがものすごくかっこいい方です。劇中では皇帝ともカイ様とも対立しちゃって、最後には大失敗するしなんだかな…って感じでしたが、超重要な役柄を演じてくれた!

11♥海蘭察:王冠逸(ローレンス・ワン)

王冠逸:秒dong百科

1988年8月5日 マレーシア生まれ 国籍:シンガポール 32歳
しし座 身長178センチ 

俳優、司会者、歌手。映画に出演したりTV番組の司会者を務める。中国語以外にも英語、広東語、日本語も可能なマルチリンガル。日本でアイドルグループとしてデビューする予定だったが、会社側が別の女性アイドルにその資金を使用したためデビューを果たせなかった。マレーシア、シンガポール、台湾、香港などグローバルに活躍。

海蘭察を演じたローレンスはシンガポールの俳優さんです!経歴をお見受けするもこれってディーン・フジオカ様に非常に非常に似たものを感じます。てゆーか日本でデビューの予定があったというのが驚き、それが流れていたというのがさらに驚きです。

日本の芸能界はアジアの中でかなり特殊な習慣や構造なんですが、ローレンスは日本に2年いたそうでその芸能活動の中で早く行って先輩に挨拶したり、少しの遅刻も許されなかったというのがカルチャー・ショックだったようです。

12♥愉貴人:練練(リェン・リェン)

练练:秒dong百科

1983年10月24日 中国江蘇省生まれ 37歳
てんびん座 身長168センチ 50キロ

本名は練束梅(リェン・スーメイ)。江蘇省の演劇学校で3年学び、その後北京映画大学卒業する。中国の女優。2005年より芸能活動を開始。慈善活動を多く行っており多額の募金活動をしている。演技力は高く評価されている。

そう!この方が後の皇帝となる五阿哥永琪のお母様。最初からいじめられっぱなし&我が子を自分で育てることができない、本当に悲しい女を演じていらっしゃるの…。正直、汀羅はもっとお年を召した方かと思っていたのですがまだお若いんですね。この方の資料はとても少なく芸能活動以外のことがほとんど見えてこない方です。

とても優しい愉貴人は安心して見ていられることができるキャラだったんですが、途中からもう「アンタ、どっち側の人間なの?!怒」てヤキモキしてきます。かなりハラハラさせてくるんですがやっぱり良い方でした。五阿哥永琪は瓔珞が育て後に皇帝となります。

13♥納蘭淳雪(舒妃):李春嬡(リー・チュンアイ)

李春嬡:秒dong百科

1990年1月2日 中国山東省生まれ 30歳
牡羊座 身長163センチ 43キロ

以前は李明珠(リー・ミンジュ)という名前で活動していた。北京映画学院卒業。中国の女優。2009年よりテレビドラマに出演、芸能活動を開始。2015年映画新人賞を受賞。可愛らしい顔立ちから子供向け番組で起用されることが多い。

納蘭姐姐は思いっきり瓔珞にひっぱたかれてたのが印象に残ってます。(笑) 可愛い顔立ちで残酷なことを平気でやる納蘭姐姐、ものすごく可愛いけどものすごくイラッとくるキャラです。プロフィールを見ると子供向けの演目の出演が多かったのも納得。「大人可愛い」って言葉がまさにぴったりの女優。

よくよく考えてみると、だいたいが殺されていく後宮の中で最後の最後まで生き残るのはこの納蘭姐姐。瓔珞が大っきらいでひっぱたかれたりしてもなんだかんだ最後まで一緒に生き残っていくんです。最後はちょっと解り合えたのか?とも思ったんですがどうなんでしょうか。

14♥嘉嬪:潘時七(スーキー)

潘時七:秒dong百科

1987年2月 中国湖北省生まれ 33歳
魚座 身長169センチ 47キロ

本名は鄧君逸(ダン・ジュンイ)。2005年海外輸入車のイメージモデルコンテストで第2位を獲得。2006年湖南テレビ局俳優選抜コンテストにて最終審査の6名に入選。大学の演劇科に在籍中に主演ドラマに出演。舞台活動を中国全土で行う。TVドラマや映画など数多く出演。

この方のお顔、汀羅大好きだわ~と思って見てました。ちょいワル的なこの雰囲気好きです。(笑)てゆーかこの方もウー・ジンイェンに負けずかなりの細身&小顔でビビります。ドラマ瓔珞はあの「グラデーション・リップ」が中国で流行るぐらい話題になったそうですが、このリップが一番似合っているのは嘉嬪だと汀羅は思う!

嘉嬪は皇帝との間に子供はいるけど一切後ろ盾がない、という状況に追い詰められてブラックになっていくんですが最初から瓔珞をかなり追い詰めていきます。最後は子供と離され最悪の結末になり子供は嫺妃に奪われてしまいます。

15♥順嬪:張嘉倪(ジェニー)

張嘉倪:秒dong百科

1987年6月22日 中国成都市生まれ 33歳
蟹座 O型 身長164センチ 48キロ

四川省成都の一般家庭に生まれる。7歳からダンスを習い始め9歳で北京の学校で本格的にダンスを学ぶ。家族は成都市で暮らしており、小さな頃からひとりで北京で学んでいた。

2006年湖南テレビ局の俳優コンテストで優勝し、その後芸能界で活動を開始する。2014年の誕生日に公開プロポーズされ結婚。その後アメリカで出産し現在は2児の母となる。

特別出演として最後の最後に瓔珞の強敵として出演しているJennyです。美しいのはもちろんですがこの方だけなんだかかなりの異色を放っていましたね。他の貴人たちとはかなり違っていた印象。もうそろそろ落ち着いてくるかな、ってゆー終盤にどえらいことを仕掛けてくるのがこの順嬪です。

最後の最後まで敵なのか、味方なのかサッパリわかりません。てゆーキャラでした。瓔珞は2重3重と仕掛けていくかなり複雑な構造なので単純な「敵と味方」という感じには見ている側も一切わからないというものすごい内容になっています。

16♥袁春望:王茂蕾(ワン・マオレイ)

王茂蕾:秒dong百科

1976年11月27日 中国湖北省生まれ 44歳
射手座 身長175センチ 

演劇学校で学んだ後、しばらくの間は司会者などの仕事をしていた。1994年テレビドラマで芸能活動を開始する。悪役を演じることが多くその豊かな表情が記憶に残る。独特な魅力で観客を引き付ける演技力は評価されている。

汀羅は最後に必ずこの方を書く!と決めていた春望(チュンワン)です。もう強烈すぎてどう表現したら良いのかよくわからないほどなんですが、かなりのサイコパスを演じました。しかしながら春望は架空の人物です。

最初はものすごく良い相棒が瓔珞にできたなって本当に喜んだ。二人が一緒にのし上がっていく話なんだとばっかり思ってましたが、全然全く違ってました。(笑)

瓔珞は頑なすぎてなんだか悲しい女でもあるので春望みたいな人がずっと支えてくれたら幸せなんじゃ…って思いましたけど最高にサイコでしたね。「そうきたか!!!」という衝撃のラストを迎えます。日本にもこんなイメージの俳優さんがいたような気がします。

⚠ご注意

  • 汀羅の独断と偏見で主要キャストを選び解説しています。
  • 見栄えなどの問題により簡体字ではなく繁体字で表記しています。
  • 中国語学習のためプロフィールは独自に日本語に訳しています。






出演者の方のプロフィールを調べるうちに、「あぁ~こうやって俳優さんになったんだ~」とかいろいろと人生学ぶような感覚でした。知れば知るほどもっと好きになる、もっとドラマ瓔珞が楽しめる気がします。

汀羅のお気に入りはやっぱりシュー・カイ様ですかね!あとスーキーさんの美しさもものすごく気になっています。何度でも見たくなる中毒性があるのが瓔珞だよ。

♥まとめ

いかがでしたか?お気に入りの方は見つかりましたか?汀羅はやっぱり見れば見るほどみなさま非常に美しく、プロフィールを知るとまたもっと好きになりました。どの方も本当にお美しい!こんなにきれいな方達が集合した撮影現場ってどんな感じだったのかなと思わず想像してしまいます。プロフィールを見てからドラマを見ると2倍楽しめます!

Sponsored Links
関連記事