NHK中国ドラマ【コウラン伝】カットシーン多数!2話分を1話で放送について解説

中国ドラマ

みなさま おはようございます。

コウラン伝…めっちゃ楽しかった~♥

映像美しかったです。とても楽しかったですね。瓔珞と朕の今後の恋の行方…元いハオランと呂不韋の今後の絡みがめちゃめちゃ気になります。そして個人的にはワン・マオレイの登場を一番心待ちにしています。

瓔珞ではキモキャラだったワン・マオレイ、コウラン伝では王様でしかも皇后はあのタン・ジュオだってゆーんでもう今後が楽しみで仕方がない。

中国オリジナルは全62話だけど日本NHK版は全34話。

これだよ、これ~~~っ!もう放送開始前から一体どうしたものかと違った意味でヒヤヒヤしていた汀羅。この謎を解き明かしたいと思っていました。恐らくコロナの影響で放送番組の編成が変わってしまい、急遽このようなカタチになったのではないかと思っているのですが。

⚠と、思っていた汀羅なのですが最初からコロナ関係なくNHKでは34話で編成されていたとことです。汀羅的には「オープニング曲の放送も実はあったんじゃないか?!」ぐらい思っていたのですが。(笑)なぜこの歴史大作をこんなに半分も短縮することにしたんでしょうか…情報ありがとうございました。m(_ _)m♥

NHKBSプレミアムで放送された第1話と、
中国オリジナル版第1話を同時再生で見比べました。

汀羅…マジで暇人か?(笑)いや、違うんです。とにかく好きな中国ドラマに対しての情熱が溢れすぎて、コウラン伝が好きすぎてとにかく解明したい追求したいという欲求が抑えきれないんだよ。www

検証の結果、中国版2話分を日本では1話に凝縮して放送。

こちらは中国リジナル版「皓镧传」かっこいい。

NHKBSプレミアムで放送された第1話と中国オリジナル版第1話を同時再生して見比べました。日本放送版1話はぴったり中国版2話で終わったので、オリジナル2話分を1話に編集・カットして放送しています。

中国オリジナル版は1話=45分。日本放送版は1話=1時間。日本放送の約30分で中国版の1話が終了していましたので、かなり早い展開だったと思います。元々いきなり激しめに話が展開していくドラマなので1話でかなりの情報量になりますね。

計算すると1話で約15分、
2話で約30分のシーンがカットされている。

汀羅的にはコウラン伝ファンのみなさまにはゆっくりじっくり中国オリジナル版を御覧いただきたいと願います。やっぱり映像美しいしハオランの演技もまた一段と素晴らしいと思っていますので。

しかしながら中国ドラマはマジで長い!長過ぎる!本気でハマると生活の大部分の時間を中国ドラマ閲覧に持っていかれる人生になるので(汀羅)だからこのNHK短縮版も大いにありだと思います。重要な箇所はもちろんカットされていないので十分に楽しめます。

どんな部分がカットされている?カットシーンまとめ

汀羅が待ち構えているワン・マオレイはこの方。

日本放送版ではあまり重要性のない会話、長めのシーンの一部がカットされています。まだ日本版1話しか検証できていないので今後どうなのかわからないのですが、1話に関しては全体の物語や重要な部分はカットされておらず十分に理解・楽しめる編集でした。

恐らく他にもあったと思うのですが、汀羅が日本版1話を視聴して確認できたカット部分をまとめました。このような感じで今後の放送もカットされていく可能性大です。

①李家の男性使用人の会話一部

②海に突き落とされる前のコウランとママ母の会話一部

③結婚式の準備中の妹とママ母の会話まるごと

④オークション会場での呂不韋のシーン

⑤コウランが呂不韋家でご飯を食べるシーン一部

⑥呂不韋家の呂不韋と側近の会話まるごと

⑦妹と蚊、呂不韋とコウランの買い物シーン一部

⑧妹とママ母のたくらみ会話

⑨妹&少女達が女子会中に化粧し合う半分ぐらい

⑩コウランを襲った男グコウと手下のたくらみ会話まるごと

⑪老女が殺される大火事のシーン一部

⑫呂不韋家での呂不韋と側近の会話

⑬グコウが父親から殴られ激怒されるシーンまるごと

文字にするとかなりあるね。(汗)

まるまるカットされている部分もあれば、長いシーンの一部だけカットされている場合もあります。汀羅の印象としては、わからないようにかなり上手に編集されているなと思いました。

Sponsored Links

ま、ぶっちゃけなくてもわかるって話だけど…。

でもこのカットされたシーンがあったら、もっとじっくりゆっくりコウラン伝にハマって沼っていけるんじゃないかと思うとちょっと残念です。今後もどのようなシーンがカットされているのか検証してお知らせしたいと思います。

Sponsored Links

汀羅♥TAYLOR

東京都出身。中国語を愛する自力バイリンガル女子。商社にて中国・香港・韓国など激しく行き来し中国語愛が止まらず国立台湾大学語言中心へ留学→台北現地就職。201...

プロフィール