中国ドラマ【上陽賦】チャン・ツィイーが15歳の少女を演じる!あらすじと率直な感想

♕中国ドラマ

みなさま おはようございます。

本日は華流界のトップ女優チャン・ツィイーのドラマ初主演作品「上陽賦(シャンヤンフ)」について語りたいと思います。このドラマについて申し上げたいことがたくさんあります。中国での公開は今年2021年1月でチャン・ツィイー主演の古装ドラマということで恐らく今後日本上陸するのではないでしょうか。

チャン・ツィイーが15歳の少女を演じたことでネットがざわつく👀💥

チャン・ツィイーの約25年に渡る芸能生活初のドラマ作品ということで話題になりましたが、それ以上に中国ネットや汀羅が注目したのはこれです。上陽賦の評価は中国ではあまり良くない印象です。ドラマを視聴した汀羅の個人的である率直な感想を語っていきたいと思います!

♥ドラマ「上陽賦」あらすじ

〈参照〉最終回終わりました!チャン・ツィイーの演技力はドラマでも素晴らしいです。

原題上阳赋(シャンヤンフ)
公開年(※中国)2021年1月
話数(※中国)45分×65話
主演チャン・ツィイー(章子怡)、ジョウ・イーウェイ(周一围)
分類古装・歴史
豆瓣評価5.8(※2021年5月現在)

架空の物語だが時代は「魏晋南北朝」

上陽賦は架空の物語なのですが、社会の構造からして「魏晋南北朝時代」とされています。登場人物もこの時代の人物がモデルとなっています。チャン・ツィイー演じる主人公「王儇(阿妩)」は南北朝の宋孝武帝劉駿のいとこで皇后の「王憲嫄」が原型であるとされています。

王儇はとても高貴な生まれで幼なじみの三皇子と結婚するはずでしたが反対され、身分が高くない将軍「萧綦」と結婚します。当初はお互いにわかりあえなかったものの、萧綦は王儇を生涯ひとりの妻としお互いを深く想い生死を共にします。王儇と萧綦が混乱する宮中や乱世を生き抜き国と民を守り抜く物語です。

♥15歳の少女を演じる姿に違和感?

第1話冒頭の数分後、子どもからいきなりチャン・ツィイー

第1話の冒頭数分は5、6歳ぐらいの少女が出てきます。その後すぐにチャン・ツィイーになりおよそ15歳という設定で王儇(阿妩)の嫁入り騒動から話はスタートします。最初見た時はそこまで違和感なかったんですが、あまりにも中国ネットや視聴者のコメントで指摘されているので見直しました。

じっくりよく見るとやはりかなり違和感を感じます。チャン・ツィイーはもちろん美しいですが老いは隠せないです。1979年生まれで今年41歳、お母さん世代なのでドラマではお母さんがお婆さん?という感じに見えます。父親とのシーンでは夫婦に見えました。天真爛漫な少女役なのではしゃぐ姿が余計に不自然に。

華流芸能界大御所たちの高齢化

ですが王儇はずっと15歳ではなく年をとっていくわけなので後半はあまり違和感はないと思います。汀羅の意見は最初の子役の次にやはりもうひとりかませるべきだったんじゃないでしょうか。人気少女役の「黄楊鈿甜」なんてピッタリだったと思うのですが。華流界の大御所たちの高齢化を感じさせます。

中国ネットでは批判する意見もありますが、お肌がめっちゃキレイで年齢を感じさせない若さであるという意見も目にしました。ですが、正直に冷静にこのドラマを視聴した汀羅の意見としてはやはり現在のチャン・ツィイーが演じるべき役であったのか疑問になりました。

全体的に出演している俳優陣の年齢が高め

上陽賦は最近のドラマとは全然違っていて全体的に俳優陣の年齢がかなり高めです。若手アイドル的な美男美女はほぼいません。ドラマ全体的に一世代上というイメージでこれは主人公を演じるチャン・ツィイーに周りのキャストを合わせてバランスを取った結果なのかなと思いました。

Sponsored Links

もしチャン・ツィイーを知らない方がこのドラマを視聴したら違和感ないかもしれません。見方によってはあまりわからないかもしれないです。イケメン若手アイドルが出演する古装ドラマに飽き飽きしているという方にはおすすめの作品です。キャリアのある演技派俳優達が出演します。

ドラマ「蒼穹の昴」で梁文秀を演じた「周一圍」が出演

王儇の夫、萧綦を演じる「周一圍」ですがこの方は2009年公開NHKドラマ「蒼穹の昴」で梁文秀を演じた俳優です。汀羅が大好きな役柄を演じた俳優様で周一围見たさに上陽賦を見たというのもあるのですが、この方も大分お年を召した印象です。(※1982年生)あれから10年以上経過してますからね!

♥チャン・ツィイー初のドラマ主演作品!

見ている自分がドラマのチャン・ツィイーに慣れない

かつて華流と言えばチャン・イーモウやチェン・カイコー、チャン・ツィイーやコン・リーの映画が主流という時代があったのです。汀羅はどっぷりそこにはまってます。2000年以降のチャン・ツィイー出演の映画はほぼ全て視聴していると思います。

ファン・ビンビンと共演した映画「非常完美」は中国語初心者の頃に繰り返し見ていた作品です。チャン・ツィイーの映画を見続けている汀羅にとってはこのドラマ上陽賦、一回今までのチャン・ツィイーを忘れないとのめり込めないと思いました。やはり見ているこっちが慣れないんですよね。

チャン・ツィイーがドラマに出演する必要性

中国豆瓣の視聴者コメントでは「チャン・ツィイーがドラマに出演する必要はない」という意見もあり、汀羅はこれわかる気がしたんですよ。最近は巨匠の中国映画監督がドラマをプロデュースするなど時代の流れがそうなってきているんですが、映画界は映画界で汀羅の中では確立している別物です。

なんだかこの問題、youtubeにTVで活躍する芸人がチャンネルを持つみたいなボーダーレス化に似ている?もうドラマとか映画という垣根が時代とともに無くなっていくということでしょうか。今後も映画界で活躍していた大御所女優がドラマ出演ということがありそうな予感です。

♥まとめ

上陽賦は個人的にはざっくりコウラン伝の後半の秦国のようなイメージです。日本でも有名で人気の高いチャン・ツィイー主演ドラマということで日本上陸は間違いないのではと思いますがどうなのでしょうか。NHKBSの日曜夜9時、コウラン伝が放送していた枠でやっていただけたらいいなと思う作品です。

いろいろと思う部分がある作品ですが、見る価値は絶対にあります。今後チャン・ツィイーがまた映画に出るのかドラマに出るのかというのも見どころですし、上陽賦のストーリーはとても面白いです。全体的に中国では低めの評価となっているようですが絶賛されている方もいます。ぜひご自身でご視聴ください!

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

汀羅♥TAYLOR

1,075,172 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。