中国ドラマ【白華の姫~失われた記憶と3つの愛~】あらすじ・ネタバレ

♕中国ドラマ

みなさま こんにちは。

本日は中国ドラマ「白華の姫~失われた記憶と3つの愛~」について紐解いていきたいと思います。第1話ではいきなり主人子の王女の記憶がない!という衝撃の内容で始まります。他にもいろいろな謎を含んでいるドラマです。

このドラマの中国原題は「白发(バイファー)」というのですがこの中国語の意味は「白髪」です。英語のタイトルは「PRINCESS SILVER」なんですよね。それで日本語で「白華(はっか)」になったんか?という感じなんですがちょっと違うかなと(笑)

本日はなぜこのドラマのタイトルが「白髪」なのか、なぜいきなり王女の記憶がないのかネタバレしていきたいと思います。それでは一緒に見ていきましょう~!レッツゲリ♥

中国の原タイトルは「白髪」?!

〈参照〉百度百科:https://baike.baidu.com/item/%E7%99%BD%E5%8F%91/23406157?fr=aladdin

「白发(バイファー)」は2018年に45分×全58話で中国で公開されたドラマです。いきなり最初から主人公の王女「容楽(ヨンラー)」の記憶がなく、記憶がないのにいきなり他国へ嫁がせられるという意味深な場面からスタートします。

タイトルの通り容楽はドラマの中で白髪になります。そこからこのタイトルなんだと思いますが「白華の姫」はとても悲しい物語です。容楽は3人の男性から愛されますがそれぞれの計略に利用され騙されまくります。

容楽はある出来事により一瞬で髪の毛が白髪に変わってしまいます。原因は「傅筹(フーチョウ)」です。傅筹は北臨の第7皇子「無憂(ウーヨウ)」の弟であり容楽を愛し無憂を憎んでいるという複雑な人物。

無憂に嫉妬した傅筹は「痕香(ハンシャン)」に容楽のふりをさせ「销魂散」という薬を飲ませ無憂と事を起こしてやろうと計画します。この薬は頭が朦朧とし話すことができなくなってしまう薬。ですが実際に飲んだのは容楽でした。容楽は朦朧とした状態で無憂を刺してしまいます。が、無憂の飲ませた解毒剤で我に返りショックで黒髪が一瞬で白髪になります。中国では35話で白髪に変わります!

Sponsored Links

容楽はなぜ記憶がない?

ドラマの主人公「容楽」は3人の女性を演じています。ひとりは記憶のない西啓の公主「容楽(ヨンラー)」、2人目は茶楼の女主人「漫夭(マンヤオ)」、3人目は北临の高官秦永の娘「秦漫(チンマン)」で本当の人物は「秦漫(チンマン)」です。

「秦漫(チンマン)」は生き延びるために北临から西啓の皇室に入り「容斉(ロンチィ)」と愛し合うようになります。しかし復讐のために利用され記憶を消されて西啓の王女として北临の無憂のところへ嫁ぎに行きます。

容楽は本当に記憶がなくなっていたのではなく容斉から飲まされた薬によって記憶を一部思出せなくさせられていました。容斉も悲しい人物です。容楽の事を心から愛しているのですが皇太后に支配され目的を果たすために容楽を利用せざるを得ませんでした。

記憶を取り戻し本当の自分を見つける

最初から主人公容楽の記憶がないというなんともミステリーな幕開けで、見ている我々も一緒に記憶を取り戻し謎解きしていくようなそんな錯覚を覚えるドラマでした。西啓の皇帝、将軍の傅筹、北臨の第7皇子の3人が容楽を同時に愛していくストーリーです。

こんなにイケメンにいっぱい好かれちゃってラッキー♥的な軽いノリは全くないんですよね(笑)みなそれぞれに大きな秘密を抱いて生きています。容楽は王女とお茶屋さんの主人という2役を演じますがもちろん無憂にはバレます。

傅筹が無憂の弟であるということも明らかになりますし容楽も記憶を取り戻します。全く予想できない展開にハラハラして夢中になるドラマです。容楽は記憶を取り戻し本当に愛するべき人は「無憂」であると悟ります。古装ラブミステリーですね!

Sponsored Links

汀羅♥TAYLOR

385,515 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA