中国ドラマ「尚食」公開前ストーリー大予測!許凱が皇帝で呉謹言が皇后?

♕中国ドラマ

みなさま こんにちは。

先日2月5日にドラマ「瓔珞(エイラク)」に出演したウー・ジンイェンとシュー・カイの再共演作品「尚食(シャンシィ)」が中国横店でクランクアップしまして今年2021年の公開を控えています。

このドラマ、中国ではもちろん瓔珞の二人の再共演作品ということで話題になっており中国網友も非常に期待している作品で、汀羅的にも恐らく最短で日本上陸し大ヒットとなるのではないかと予想、というか希望、しなかったら意味不明だと思っています。

殺青
杀青
シャーチン

は中国語で「クランクアップ」を意味しています。この中国語を見たら「あ、撮影終わったんだ!♥」って思ってください。てゆーかマジで公開まで待ちきれないでしょう!中国でも日本でもその気持は同じです!

ドラマ尚食のあらすじや配役はすでに中国で公開されていますので、それをもとに汀羅が勝手にドラマのストーリー大予測していきたいという本日の企画です。これは配役や歴史上の人物を元にしたあくまでも汀羅の予測です。待ちきれない期待を元にまとめていきたいと思います!

注※ドラマの配役やあらすじはすでに中国で公開されている内容を元にしていますが予測ストーリーは汀羅の個人的な推測が含まれます。2021年2月現在中国でもまだ公開されていませんので実際の内容と異なる場合がございます。

♥于正最新ドラマ「尚食」はこんな物語!

〈参照〉于正氏のインスタアカウントです。

永楽19年。明王朝全盛期の宮廷料理

こちらはもはや汀羅の中では神のような存在となっている瓔珞プロデューサー于正氏のインスタです。ドラマ「尚食」は中国伝統美食がコンセプトで、たくさんの美食が登場し出演者も料理を学んでいます。美食撮影専門のスタッフもドラマ撮影に参加しているそうで期待が高まります。

ここ数年本当に中国古装ドラマ戦国時代なの?汗って思うほど熾烈を極めているんですが「古装×美食×于正」てゆーのが新しすぎて間違いないんじゃないかという期待で、さらに瓔珞のふたりの再共演ということでもはや内容が面白くても面白くなくてもどっちでもいいですよ的な感じです。(笑)

〈参照〉于正のインスタです。明朝時代の髪型でウー・ジンイェンはこのような装いでドラマに登場します。

瓔珞は清朝時代でしたが尚食は明朝です。なので時代背景は大きく異なりそれにより衣装やセットはかなり違ったものとなりそうですが、于正の細かな時代考証と再現は変わりないので明朝時代のおしゃれドラマを見られること間違いないです。

清朝とは違って衣装はもちろん髪型や装飾品なども変わっています。于正のインスタで一部公開されているものもありますのでぜひご覧ください。衣装に関しては漢服ではないかという韓国VS中国の論争も巻き起こったぐらいすでに話題になっています。日本では恐らく全く報道されていないのではないでしょうか。

♥ウー・ジンイェンが演じるのは「孫皇后」

今度はウー・ジンイェンが皇后となる?!

ウー・ジンイェンは「姚子衿」という少女で女官として宮中に入りますが後に歴史上実在している「孝恭章皇后孙氏」となる人物を演じます。 孝恭章皇后孙氏は朱瞻基の二番目の皇后であり朱瞻基が一番寵愛した后妃で仲睦まじいとされています。なので今回はどうであれ結婚して結ばれるということですか!

姚子衿は料理人として宮中に入りますが皇后となり、最終的には庶民となって宮中を出ます。なので本当に韓国ドラマ「宮廷女官~チャングムの誓い~」を彷彿とさせるし、中国ドラマ「女医明妃伝」にも似たものを感じますよ。明妃伝の朱祁镇の生母は孝恭章皇后孙氏です。

ウー・ジンイェン演じる姚子衿はシュー・カイ君演じる朱瞻基の二番目の皇后なので(※歴史上ではそうなのですがドラマではそう描かれるのかどうかはわかりません。)結婚することは間違いないと思われますが、最終的に庶民となるため果たしてハッピーエンドとなるのかどうかは微妙なところです。

ですが汀羅的には瓔珞のすれ違いばかりで結ばれなかった悲しいふたりよりももっと近く、もっと愛し合える関係になるのではないかと期待しています。シュー・カイ君が王族で身分が高くウー・ジンイェンが身分が低いところから上り詰めるのはなんとなくまた瓔珞を彷彿とさせます。

Sponsored Links

♥シュー・カイが演じるのは「朱瞻基」

〈参照〉尚食撮影中のシュー・カイ君です!

今度はシュー・カイが皇帝となる?!

シュー・カイ君演じるのは「朱瞻基」です。明朝時代の「朱」と言えば王族です。なのでシュー・カイ君は今回も身分の高い役柄と思われますが瓔珞と違って今回はもろ皇家の血筋であり皇帝となる高い身分であると予測しています。シュー・カイが皇帝役を演じるのは初じゃないでしょうか。

朱瞻基も歴史上に実在する人物で明朝第五皇帝です。いやいや~シュー・カイが皇帝ですか!と感慨深くなる汀羅です。瓔珞同等にウー・ジンイェンよりも最初から高い身分であることは間違いなさそうで今回は恐らく結婚できそうです!(泣)ハッピーエンドになるのかならないのかが微妙なところなのですが。

朱瞻基は歴史上では38歳で亡くなっており短命であったことで有名です。ですので死別という劇的な展開を迎える可能性が高いです。皇帝である朱瞻基の死を持ってウー・ジンイェンが演じる姚子衿が宮中を出て庶民となり、食文化を民間に伝えていくという結末なのかもしれません。

♥張南が演じるのは「胡皇后」

〈参照〉こちらが張南です!

張南はドラマ「コウラン伝」で日本でも有名となった于正会社の新人女優ですがプライベートではシュー・カイ君の元カノであることでも中国ネットを騒がせた女優です。とにかくめっちゃ綺麗で可愛いですよね!

で、もうこっからは完璧に汀羅の個人的予測ですけど張南が演じる胡皇后はシュー・カイ君が演じる朱瞻基の第一皇后であると思われます。朱瞻基の最初の皇后は歴史上「胡善祥」で、恐らくこれが張南の役どころですのでウー・ジンイェン演じる孫皇后と対立するのは間違いないでしょう!

歴史上では胡善祥は子どもができず病気にもなり皇后を退位しています。なので今回も瓔珞同様にウー・ジンイェンが勝ち残る図式であると睨んでいます。が、ウー・ジンイェンと張南の激しい対立はコウラン伝と同様に見どころとなるのではないでしょうか。やはり于正氏は我々が本当見たいものを熟知していらっしゃる様子です!(笑)

注※〈参考〉ドラマのあらすじや配役はすでに中国で公開されている内容を元に汀羅の予測を含めてまとめています。ドラマは2021年2月現在中国でも未公開であり今後公開される作品です。実際に公開される内容と異なる場合がございます。https://baike.baidu.com/item/%E5%B0%9A%E9%A3%9F/23239668?fr=aladdin

♥まとめ

ドラマ瓔珞フィーバーも落ち着き払っている今日この頃の汀羅ですが、先日中国でクランクアップしたドラマ「尚食」をとにかく早く見たいんです!という気持ちのみで書き綴った本日のブログです。汀羅同様にこの気持をお持ちの方はきっと日本にもたくさんいらっしゃることを信じています。

中国では今年2021年の公開予定となっていますので日本ではおそらく2022年に上陸するのではないかと思っていますが詳細は不明です。最短で日本公開されることを望みます。中国では公開前の現在の段階でめっちゃ盛り上がっています!コウラン伝の時みたいな公開されて「あれっ?汗」ってことも予測されますが、汀羅は尚食に期待しています。♥

🎬中国ドラマ「瓔珞」を見るならU-NEXT!👀💻🌈

ドラマ「瓔珞(エイラク)」「如懿伝(にょいでん)」はU-NEXT独占配信です。パソコンやスマホで移動中や空き時間でもドラマ視聴が可能。汀羅ブログでもご紹介している話題の最新作や過去のレジェンド作品、後宮ドラマが豊富!ジャンル一覧から「韓流・アジアドラマ」を選択→「中国」を選択すると視聴できる中国ドラマタイトルを確認できます。人気作品の続編もこちらでどうぞ!👇👇👇💗

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

📽中国ドラマ「コウラン伝」を見るならTSUTAYA DISCAS!👀💿💓

ドラマ「コウラン伝」はTSUTAYA DISCASでDVD宅配レンタルでも動画配信でも視聴できます。DVDレンタルはスマホでオーダー、自宅まで届き便利です。30日間無料トライアルあり!無料お試し期間中に退会することも可能でその場合の費用はかかりません。自宅の大画面TVでリビングでゆっくり中国ドラマを楽しみたい!という方にもおすすめ。

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新のレンタル・配信状況はTSUTAYA DISCASサイトにてご確認ください。

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Instagram グルメ コウラン伝 ショッピング ネタバレ ファッション ホテル 中国芸能界 于正 剣王朝 大唐見聞録 如懿伝(にょいでん) 日常 映画 最終回 歴史 瓔珞(エイラク) 観光 許凱(シュー・カイ) 韓国ドラマ

Sponsored Links

汀羅♥TAYLOR

715,345 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。