【瓔珞(エイラク)】順嬪はなぜ瓔珞と富恒を陥れた?順嬪の悲しすぎる過去

♕中国ドラマ

みなさま こんにちは。

ドラマ瓔珞(エイラク)終盤で登場する美しい「順嬪(シュンピン)」について本日は語っていきたいと思います。と言いますのもドラマの順嬪の部分、かなりスピーディーでコンパクトにまとまりすぎじゃないですか?(汗)

順嬪は瓔珞に登場する貴妃の中でもかなり注目度の高いキャラで中国では伝説とされている「香妃」がモデルであると言われています。ドラマ瓔珞の中の順嬪は乾隆帝も富恒もエイラクも陥れる強烈な悪女です。

順嬪は一体何者なんですか?💦

後宮にはとんでもない悪女がいっぱい出てくるのですが乾隆帝、富恒&エイラクみんなひっくるめて一気に陥れようとしたのはこの方だけじゃないでしょうか。なぜ順嬪は黒化したのでしょうか。汀羅の個人的考察も含め解説していきたいと思います!

♥美貌を利用され続けた悲しい過去

〈参照〉順嬪を演じた张嘉倪(Jenny)です。美しい!

一族のために紫禁城へ献上される

ドラマ瓔珞に登場する「順嬪」の歴史上のモデルは「容妃(清高宗容妃和卓氏)」であるとされています。容妃は和卓氏で小説やドラマなどに度々取り上げられる伝説の「香妃(シャンフェイ)」の原型です。

ドラマの中で順嬪は「霍蘭部(フオランブ)」からやってきた人物です。霍蘭部は地方の名前で清朝と敵対していましたが戦いに破れ、自分たちの集落から絶世の美女を乾隆帝に献上しご機嫌取りをし身の保身をしようと考えます。

順嬪は「鈕祜禄・愛必達」の娘

ドラマの中で順嬪の父とされている「鈕祜禄・愛必達(ニオフル・アイビダ)」は美しい娘を無理矢理紫禁城へ向かわせます。ドラマで順嬪は「愛必達の兄である鈕祜禄・訥親(ニオフル・ナーチン)が処刑された」と日本語字幕が出ますが中国の資料では訥親は愛必達の弟で愛必達が父なら訥親は順嬪の叔父にあたります。中国語音声では「親兄弟(自分の兄弟)」と言っているので兄とも弟もとれるのですが。

順嬪は父である愛必達をなぜ「父親(フーチン)」とか「爹(ディエ)」とか「阿玛(アーマー)」と言わずに「愛必達(アイビダ)」と名前で呼んでいるのか気になりました。愛必達は本当の父ではなく順嬪は養父母に育てられているため愛必達に対して父という実感がないという可能性がありそうです。

霍蘭部は清朝に逆らい対立していたものの自分たちに不利な形勢となったため逆に清朝に取り入ろうと計画します。そこで美しい順嬪が利用されてしまうのですが、順嬪はすでに結婚をし「阿夏(アーシャァ)」という息子を出産していました。

順嬪の息子「阿夏」の父親は誰?

ドラマではエイラクと順嬪の会話で順嬪は息子の名前「阿夏」を度々口にしていますがなぜか日本語字幕では訳されていません。謎です。阿夏は母と引き離され後を追いその際に事故で亡くなったため順嬪は絶望します。阿夏の父親が誰なのかドラマの中では描かれていないのでわかりません。

エイラクは順嬪に「夫は誰なのか」と問いますが順嬪はいないと答えます。この理由は想像ですがその夫とも無理矢理結婚させられた可能性があります。おそらく身分の高い愛していない男性と一族のために結婚をさせられ出産をしたのではないでしょうか。もしくは心から夫を愛していたので忘れるために「いない」と答えたのでしょうか。

Sponsored Links

愛していた息子も亡くなり夫も清朝の軍に殺害され霍蘭部や一族の存命のために犠牲となり、順嬪が乾隆帝に献上されるため紫禁城へ入ったという流れです。エイラクには悲しい女性がたくさん登場しますが順嬪もとても悲しい女性です!入宮したその時から乾隆帝に恨みを持っていたはずです。

♥乾隆帝・富恒・エイラクを陥れた理由

順嬪は乾隆帝、富恒、エイラクの3人全部まとめて懲らしめようとするとんでもない計画を実行します。なんで一気に3人を恨んでいるのか?ドラマではかなりサラサラっと描かれていますが実は根深い恨みを持っていますので整理してみたいと思います。

乾隆帝を恨む理由:順嬪は一族のために清朝の乾隆帝に献上されます。入宮を拒んだにも関わらず息子を殺すと脅され紫禁城に来るので最初から乾隆帝を恨んでいるはずです。後妃として寵愛を受けるようになりますがやはり乾隆帝はエイラクに心を持っていかれていることにも気づき余計イラッとしたと思うんです。

富恒を恨む理由:これはドラマの中で全く描かれていないのでものすごい強引だなと汀羅は思うのですが絶望した順嬪はわざと落馬し死のうとしますがそれを富恒が助け「死のうとしたのに命を助けられた」という理由で恨んでいます。富恒様も「命の恩人をなぜ恨むんだ?」と言っていますがそのとおりよ!(笑)

エイラクを恨む理由:エイラクは富恒の想い人であり乾隆帝の寵愛を一身に受けているため順嬪はエイラクも恨みます。富恒とエイラクの両方に駆け落ちをするように吹き込んでふたりとも一網打尽にしようとします。しかしながら富恒もエイラクもその手にはのりませんでした。

♥まとめ

順嬪は美しいだけでは幸せにはなれないとエイラクに話しているのですが順嬪は美しさを利用されまくって不幸な人生を歩んでしまった女性です。とても悲しい女性で激しく悪女ですが同情もできるキャラだと思って汀羅は見ていました。過去の不幸度が高いだけにエイラクや乾隆帝に対する悪意もかなり強めです。

ドラマ瓔珞の終盤60話を超えたぐらいで話の展開が激しくかなりスピーディーになっていく気がします。エイラクは乾隆帝の子を妊娠・出産しますがその様子は描かれずいきなり子どもが生まれていて新しく生まれた子どもは登場はしません。

順嬪は最後に登場するエイラクの強敵でドラマ終盤の数話のみ登場します。モデルが香妃であることなどからしても重要人物だと思うのですが、順嬪の出生や富恒に命を助けられた場面などが描かれていません。なので話がちょっとわかりにくく唐突感があるためまとめてみました。

汀羅♥TAYLOR

1,075,397 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。