【馬迭爾MODREN】イッテQイモトが中国で食べてたハルビン名物アイスキャンディー

CHINA

2019.2.5追記済

みなさま こんにちは。

到哈爾濱不嘗馬迭爾冰棍,就相當於到了北京沒去長城和故宮.

中国ハルビンに行ったのに马迭尔(madier)のアイスキャンデーを食べないなんて北京に行ったのに万里の長城と紫金城に行かないのと同じこと。

て、ぐらいハルビン名物のアイスキャンディーがある。汀羅は北京「前門大街」でいただいていたのですが先日「世界の果てまでイッテQ!」の極寒中国ツアーにてハルビン雪まつりの様子を見ていた汀羅。そこでイモトが食べて美味しいって言ってたアイスキャンディーだよ!!!

本場ハルビンではむき出しで売られてた! щ(゚Д゚щ)

いや~汀羅知らなかったです、勉強になります~。だって汀羅は真夏の北京シティーでいただいたので(北京は北なのに夏はマジで日本同様に暑い)こんな状態見たことなかった!

北京ではおしゃれなスイーツとして販売中♥

イモトも美味しいって言ってましたが汀羅もいただいて本当に美味しかったので北京に来たらぜひ食べて欲しい中国スイーツのひとつ。ハルビンの歴史ある伝統アイスキャンディーです。

Sponsored Links
北京前門大街の马迭尔

北京马迭尔を発見 !このお店かわいすぎる♥

ここ北京「前門大街」は紫禁城近くのおしゃれな城下町、街全体がアミューズメントパークのような感覚です。その昔、この場所は紫禁城に入る入口であったので昔も今もたくさんの人で賑わう繁華街、たくさんのショップやレストランなどがあるんだけど最高におしゃれ感の漂うこのエリア。

前門大街にあるショップはすべて統一されたおしゃれな外観。

このエリア、もちろん北京のトップ観光地なので外国人も多く有名ブランドがたくさん軒を連ねるのですがどのブランドもショップも統一されたおしゃれな外観。古い北京の素敵さと現代のブランドがミックスされた唯一無二のこの場所。

前門大街は裏の小道も全部が素敵。

汀羅はこのスポットが大好きなのでまたべつの機会に熱く語りたいと思うのですがたくさんの有名ブランド・ショップがある大通りから入る小さな路地がいくつもある。この小道も全部がとってもおしゃれ感があるんだよ。

ヤバイ、何もかもがかわいい。♥

汀羅、軽く失神しそう、かわいすぎるから。 女子たちが今まさに購入していますが、この小さな窓口で買うのです。ここでササってアイスをかってそのまま歩って行くんだよ。北京女子達はドリアン味をみんなで購入してた~。

キャラメルとコーヒーはすでに売り切れ。

ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、バニラ、ドリアン、マンゴー。

イッテQでは一個5元と紹介されていたのですが北京では10元~(約160円)です。ハルビンではそのままむき出しで売られていたのですがここ北京ではおしゃれな個包装になってますのでその差かな?!

ちなみにこの売り切れ表示に使われている「售罄(shouqing)」ですがこの言葉は台湾で見たことがない。「罄qing」は「尽きる」の意味。北京に来てからこーゆちょっとしたところで台湾中国語と大陸中国語の違いを感じて仕方がない。

開心果味(Pistachio)20元(約300円)

イモトも言ってたけど本当に味が濃厚!美味しい~♥汀羅はバニラとピスタチオをセレクトしました。イッテQではイモトが極寒の中でこのアイスを食べてたんですが汀羅は真夏の北京でいただいています。北京の夏は本当に暑いので食べながら前門大街歩くよ!

Sponsored Links

中国語てやっぱ本当に本当に可愛い。

見てよ、この可愛らしさ。「马迭尔」は中国語読みで「マーディアル」というんだけどこれは英語の「MODREN」の当て字。马迭尔の下に書かれている「氷棍(binggun) 」はアイスキャンディーの意味ですがこの言葉は台湾で聞いたことはほとんどない。下の赤字の「哈尔濱」は「ハルビン」て書いてる、これは地名。

汀羅はハルビンに行ったことがないのですがものすんごく寒い場所だってゆーのは知ってる。それでなんでアイスが名物なの?!って解せなかったけどイッテQを見てわかりました。

中国ハルビンではアイスキャンディー冷蔵庫なし、個包装なしで販売可能。(極寒すぎるため)

だから马迭尔という100年以上の歴史のある企業が生まれたんですね。この、めっちゃ汀羅をうならせるおしゃれなブランディングと本当に美味しいと思うこの味も大変に素晴らしいので。

北京の马迭尔では店内にイートインスペースがあります。外はかなり暑いのでこの中でいただいても可。お持ち帰りの大量パックもあるしベーカリーも入ってます。

北京前門大街は有名観光スポットで本当におしゃれでカワイイ。なのになんで汀羅は自分がここに来るまで知らなかったのか不思議です。女子旅には最高のスポットだと汀羅は思ってるよ。本日も日々学びの多い北京シティーにて。


♥まとめ

北京前門大街で食べたハルビン名物のアイスキャンディー「马迭尔(MODREN)」の実食レポ。イッテQの極寒中国ツアーでイモトが食べていたのを見てなぜこれがハルビン名物なのかわかりました!

Sponsored Links

Taylor/汀羅

56,113 views

東京都出身。桑沢デザイン研究所卒業。商社にて海外アパレル商品輸入業務を担当、中国・香港・韓国出張の激務を経験。英語学習に挫折、中国語学習を開始。中国語愛が止...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA