【中国語学習・試験】大量の中国語単語を一気に覚える方法

✎中国語学習

みなさま こんにちは。

中国語の勉強を始めたらほぼエンドレスで中国語単語を勉強していくことになります。汀羅は日本では北京大学の教科書、台湾では台湾師範大学の教科書を使用していましたがどの教本でも1課に20~30個ぐらいの生詞(shengci)という新出単語を覚えなければいけませんでした。

中国語検定4級合格に必要な単語数は約500個、HSK2級(※HSKは数字が大きい級の方が上。2級は初心者レベルです。)で約300個ぐらいの単語学習が必要とされています。大量に複雑な中国語単語を覚えるのは本当に難しいですよね。

中国語の試験でたくさんの単語を短期間で覚えたい時や、趣味で勉強し始めたけど中国語を使用する機会がないので覚えられないという方におすすめの勉強方法をご紹介したいと思います。汀羅が実践している方法でHSK2,3,4,5級と中国語検定2級に全て一発合格しています。ぜひ参考にしてください。

100円ショップのグッズを活用

下の緑は通常サイズの単語カード、上は汀羅のデカ単語カードで100円ショップで売ってます。デカ単語カードはこれを使っていたのですがあまりに大量に必要なので自分で画用紙でつくるようになりました。色の用紙にして分類したりしてマジックも特に太いものを用意してデカカードいっぱいに大きく太く書きます。

オリジナル単語カードをつくる

こちらが実際に汀羅が作成して使用した「デカ」単語カードでその名の通りデカイです。(笑)100円ショップなどで通常よりもかなり大きめの単語カードが売っているのですがその大きさで作成します。汀羅は覚えたら捨てていくので画用紙を切ったりして使っています。

難解な漢字の中国語。似たようで違う文字や意味も多く混乱してきます。そのためひとつひとつを確実に覚えていきためにこの方法になりました。検定試験では語彙が勝負です。ひとつの単語、ひとつの文字、これが確実に合否の明暗を分けるので大きな文字のカードを作ります。

「デカ単語カード」勉強方法

カードの表に単語、ピンイン、声調をメモして裏に意味や例文など必要な事柄を書き込みます。このカードを作成したら重ねないで机の上や床にダーッと並べていきます。お部屋にいる間、メイクしている時や着替えの時など常に目に入るようにします。

お部屋いっぱいに敷き詰めて
覚えるまで片付けない。
👀

お風呂から上がって夜寝る前、学校や会社に行く朝の時間、かならずひととおり見ます。てゆーか全体に見るだけだからそんなに労力はいらないよ。お部屋にデカ単語カードを敷き詰めたままです。覚えたものは外していくけど勉強しているのでカードはどんどん増えていくんだけど~!

中国語はコレ多い、とにかく似ている紛らわしいやつ。検定試験でもこのようなひっかけ問題は多く出題されます。これもデカ単語カードを使って頭の中を整理します。間際らしいグループを小さな単語カードでひとつひとつ見ても違いや他の語彙を覚えることは難しいのでこのようにグループでまとめて全体を見て違いを把握していきます。

間際らしい単語はグループ化する。

「こんなのできるか~!怒」って汀羅何度もお部屋で叫びましたよ(笑)超わかりにくいのでとにかく字を大きく、とにかく全体的にというスタンスで勉強していきました。カード1枚1枚ではなく敷き詰めたカード全体を見回すのがポイントです。

Sponsored Links

寝る前と起床後にカード全体を見る

よくトイレの壁に貼っているという話も聞きますがそれも良いと思います。汀羅は床にこのカードを敷き詰めて覚えるまで動かしません。夜寝る前、朝起きた後かならず全体を見てこの単語はOK、あこれなんだっけ?と見ながら考えます。

勉強してから1回ガーッと寝ると頭がスッキリしてけっこうちゃんと覚えているんですよね。なので夜寝る直前に見るのは大事です。重ねて1枚を見るのではなく必ず広げて全体を見回るようにしてください。メイク時間や食事中などにも目に触れるようにすると良いです。

覚えたもの、微妙なものなどを分類する

カードを作成して数日勉強したら「覚えたもの」「微妙なもの」「まだわからないもの」に分類して重ねていきます。まだわからないものはそのまままた広げて常に目に触れるように繰り返します。完全に覚えたものは重ねていきます。単語カードは増える一方なので!(汗)

ポイントは単語ひとつひとつではなく全体として見ることです。だってこんなに勉強して覚えなくちゃいけないんですよ!お部屋の床がこの単語カードいっぱいになるぐらい単語はあります。常に大量の単語が目に触れるようにしておけば効率よく覚えていくことが出来るはずです。

♥まとめ

単語を大量に勉強するこことは本当に大事です。単語ひとつで話が通じたり分かったりすることも多く試験でも単語で正解がわかることが多いです。試験で必ず合格したい場合には特に大量の単語をやらなくてはなりません。

また趣味で中国語を勉強している場合でも中国語を普段使用する機会はほとんどないと思うのでお部屋で自然に中国語が目につくようにして覚えていくと身につくと思います。汀羅はずっとこのやり方で勉強しています。

Sponsored Links

汀羅♥TAYLOR

385,665 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA