ドラマ【瓔珞】エイラク姉の死の真相!于正が微博に投稿したネタバレ画像

♕中国ドラマ

みなさま おはようございます。

ドラマ「瓔珞(エイラク)」で最大の謎とされているのが主人公瓔珞の姉「魏瓔寧(ウェイ・インニン)」の死の真相です。瓔珞は姉・瓔寧の死の真相を突き止めるために宮中へ入りたくさんの出来事に巻き込まれていくのですが、最初は傅恒→弘昼→弘昼の母と見ている我々も一体誰が犯人なのか翻弄されていくストーリーです。

この謎について于正と瓔寧を演じた女優「鄧莎(ダンシャー)」が微博でネタバレ画像を投稿しています。しかしながらそこでもはっきりとした真相は明かさず「想像してください。」となっています。

〈参照〉于正微博https://weibo.com/yuzheng

男装した高貴妃と泣いている瓔珞の姉の瓔寧💔

こちらが于正の微博に投稿されたネタバレ画像。画像に写っているのは京劇の衣装を着ている男装した高貴妃と泣いている瓔珞の姉の瓔寧です。この画像は微博の中でしか公開されていません。コメントに「不是百合」とありますが日本語にすると「女子同士の恋愛じゃないです!」の意味です。

〈参照〉邓莎微博https://weibo.com/dengsha?topnav=1&wvr=6&topsug=1&is_all=1

瓔寧は生前に乾隆帝とも関わっていた?😲

こちらは鄧莎の微博に投稿された画像。ここで鄧莎がコメントしているのですがセリフも映像もあったと思われます。(口を押さえている絵文字は言いたいけど言えない、的な意味)間違いなく何らかのこのシーンが撮影されていたはずです。なのにどうゆうわけか本編ではカットされてしまったんですね!(泣)

♥真相は想像するしかない?

瓔珞の姉・瓔寧(インニン)の死は20話過ぎたぐらいから事実が明らかになっていきます。瓔寧は宮中の中で乾隆皇帝の弟である弘昼に襲われ、それ真相を瓔珞の父や魏一族が隠してしまいます。それに疑問を抱いた瓔珞が宮中へ入り姉の敵を討つべく弘昼に復讐しようとするのですが、敵の身分があまりにも高いため瓔珞は何も出来ず苦しい日々が続いていきます。

弘昼は自分は瓔寧を殺していない瓔寧の死と関わっていないと主張し続けるため、また真相がわからなくなっていきます。そしてこのネタバレ画像を見てみると本編のドラマの中ではなぜか描かれていませんが、瓔寧は死ぬ前に宮中で高貴妃や乾隆帝と知り合っていたことが分かります。一体何があったんでしょうか?

♥瓔寧は高貴妃の恋人で殺害された?

この投稿をInstagramで見る

延禧攻略(@yanxi.palace)がシェアした投稿

Sponsored Links

この説は于正氏が微博で完全否定🙅‍♀️

泣いているのは瓔寧、横にいるのは京劇の男装をしている高貴妃です。高貴妃は演劇が大好きでドラマの中でも美しい京劇シーンがたくさんありました。この画像から中国ではドラマ迷のみなさんがふたりが恋人同士であると推測しその事実を隠すために高貴妃に瓔寧は殺されてしまったという説が浮上しました。

当然そうですよね!汀羅だってそう思うわ!コメントの「不是百合」は中国語で「恋愛関係(女性同士の)じゃないですよ!」という意味です。だったらちゃんとドラマの中に盛り込んでくれよ、チラ見せやめてくれよと思うんですがなんででしょうか。

♥優しい少女だった高貴妃は瓔寧の友達?

この画像の解釈なのですが中国網友の考察では、ふたりは「恋人同士」なのではなくお友達として高貴妃が瓔寧を慰めていたという解釈のようです。后妃となったばかりの高貴妃は優しい少女で悪人ではありませんでした。演劇が好きで宮中でよく演じていた高貴妃はこの時「祝英台」という劇を演じていてその役の男装をしていました。

瓔寧は刺繍工房で働く女官で、嫌なことがあり泣いている時に偶然他高貴妃と出会います。高貴妃には悲しい家庭環境で育った過去があります。強くて怖い高貴妃ですが子供時代はいじめられており昔の自分を思い出します。高貴妃は瓔寧を慰め優しく接します。高貴妃は最初から恐怖の悪として登場していくのでこのストーリーは絶対にドラマの中でやってほしかった!

♥やはり黒幕は「裕太妃」?

裕太妃はどちらからというと雷に打たれて呪い殺されたその死の真相の方が知りたくなってくる汀羅ですなのですが、ドラマも普通に見ていれば黒幕の犯人は弘昼の母である裕太妃ということで納得できます。瓔寧の死の真相を突き止めようとする瓔珞を捕まえてこれ以上調べるのはやめろと脅し瓔珞の行動を阻止します。じゃあなんで于正は「死の真相のネタバレ」って高貴妃の画像を微博に投稿したんでしょうか。

そして全くわからない朕と瓔寧のツーショット😑

瓔寧の死にはたくさんの人が関わっています。そしてネタバレ画像に登場する高貴妃と皇帝。瓔珞の登場人物はみな自分の目的のために事実を隠すので余計にわからなくなっていきます。しかしながら瓔寧と高貴妃が関わっていたこと、高貴妃の優しい少女時代を垣間見ることができとても興奮している汀羅です。観客に謎を残すのも于正劇ならではです。

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。