【大唐見聞録】日本で公開されない感動の続編!第37話あらすじと感想

♕中国ドラマ

みなさま おはようございます。

たくさんのみなさまに唐砖の記事をお読みいただき、本当にありがとうございます!m(_ _)m♥
日本の唐砖ファンのみなさまと一緒にまだまだ盛り上がりたいと思っている汀羅です。

オンラインiQIYIで配信されたドラマ「唐砖」🇨🇳

中国ドラマ【大唐見聞録~皇国への使者~】は中国のオンライン動画サイト
「爱奇艺(iQIYI)」で2018年10月に公開されました。
唐砖(大唐見聞録の中国原タイトル)は日本では全36話とされているのですが中国では全37話です。

日本で放送されないのは37話が10分だけだから??

唐砖はTV放送ではなくオンラインで配信されたドラマ。
だからこの10分間だけの続編が存在できたってことだと思ってます。
知れば知るほど中国のドラマ・エンタメ事情は根本から日本と違っているんですよね。

⚠日本のすべての配信サービスなどを確認できているわけではないのでもし日本でも放送されていたらすみません。
汀羅が知る限り日本の地上波では全36話のみ放送されています。

本日は日本で公開されなかった続編のあらすじと感想を語っていきたいと思います!

10分間だけの続編「第37話」あらすじはこんな感じ

■滝の流れる美しい場所にアンランとユンイェとアンランの息子「雲蛋(ユンダン)」がいる。
ユンダンはお腹がすいたので早くケーキを食べたいとアンランに言う。

Sponsored Links

■ユンダンは「どうして毎年この日にケーキを食べるの?」と聞き、それはアンランとユンイェが初めてあった日だからと伝える。
初めて二人が出会った時アンランがユンイェを助けた話をする。

■突然の怪しい音に身構えるアンラン。投げつけたかごがユンイェに命中。
軽いノリのユンイェは「久しぶり。相変わらず君は戦うのが好きなんだな。」と言い驚きのあまり動けなくなるアンラン。

■ユンダンが自分の息子だと知るユンイェ。ユンイェはアンランにベールを付けて結婚式をする。

感動の結婚式!プロポーズ!続編感想

ドラマでは終始アンランとユンイェの恋の行方にハラハラしていた汀羅です。
唐砖は通常の中国古装ドラマと違ってかなりポップな笑えるシーンもたくさんあったのに最後がこんなに号泣とは!

本編ではユンイェは唐の時代で死んでしまい現代に戻ります。
なので続編で再会した時にアンランは「絶対にあなたが死ぬはずないと信じていた」と言って再会を噛み締めます。

第37話ではふたりの結婚式が行われるんですね!♥
結婚式はベールを付けたりとっても現代的でユンイェのが計画していたと思われます。

ユンイェのプロポーズの言葉も現代的でした。

順調な時も苦しい時も、貧しい時もお金がある時も、
健康であっても病んでいても、ずっと僕と一緒にいてくれますか?

アンランは同意します。このシーンが超号泣でしょ!
最後はアンランとユンイェの会話で終わります。

アンラン:ここ数年どこに行っていたの?

ユンイェ:未来に行ってたんだ。

アンラン:未来?前にもそう言ってたけど「未来」って何?

ユンイェ:未来か…こんど機会があれば連れて行ってあげるよ。

やはりこれが唐砖2が撮影されるのではないかと囁かれる原因でしょうか。
さらに続編の中には黒い服を着た何者か影から様子を伺っているシーンもあります。

最近見ている中国ドラマ、本当にハッピーエンドが少ないんですよ!
最後絶対一緒になってくれないんですよね。(泣)

唐砖もしかり、しかしながら続編で家族3人幸せな姿でした。
これからユンイェはまた唐で暮らすのでしょうか?それとも一緒にみんなで現代に行く?

てゆーかもはや唐砖2を製作するためにこの終わり方だったんじゃないの?と思うのですが
日々検索していますが今のところやはり唐砖2のクランク・インの話はないようなんですよね。

ぜひとも唐砖2やっていただきたいです!
そしてなぜこの続編は本編に盛り込まれなかったのでしょうか。謎です。

Sponsored Links

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。