女子はすぐに実践!中国ドラマ【瓔珞〈エイラク〉】から学ぶ恋愛攻略必勝法!

中国ドラマ

みなさま こんにちは。

中国ドラマ【瓔珞〈エイラク〉~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~】なんとも長い日本語タイトルである。
これは昔からそうですが、中国ドラマも韓国ドラマも原タイトルは大体漢字2文字~4文字ぐらいなのに日本語タイトルはとてつもなく長い。

原タイトルだと全く内容が想像すらできない、興味持てない。
だから長々と説明文的な日本語タイトルに?

そうでなくても日本語は長い。中国語はたった漢字1文字で伝わることが多い。
中国語を話していると「なんて便利なんだろう…なんでこの単語日本語に無いんだろう…。」と思うことがよくあります。

♥ドラマ瓔珞の中国タイトル
延禧攻略(イェンシィゴンルェ)

この「延禧(イェンシィ)」は紫禁城における瓔珞の部屋(宮)の名前、屋号みたいなもの。
「攻略(ゴンルェ)」は日本語と同じ意味だけど日本語と中国語だと若干ニュアンスが違う気がしています。

汀羅の日本語の「攻略(こうりゃく)」は手に入れるとか成功する、制圧するみたいなイメージが強い。
だけど中国語だと策略とか計画、計略みたいな感じです。

ドラマ瓔珞全70話では最初から最後まで瓔珞の「攻略」がひっきりなしでした。
いかに自分の目的を達するか、いかに最悪の事態から逃れるか。いかに愛する人を守るのか。
それがこのドラマが惹きつけてやまない魅力、このドラマの真髄であった気がしています。

本日は劇中で登場した数ある「攻略」の中から汀羅が一番ご紹介したい!推したい!攻略を記します。
我々女子はすぐにでも実践するべき。とてもシンプルで簡単なので誰でも今すぐトライ!

Sponsored Links

中国ドラマ【瓔珞〈エイラク〉】から学ぶ恋愛攻略必勝法

話は最終話(70話)も後半の場面。

乾隆帝のクーデターに失敗、失脚した皇后「嫻妃(シェンフェイ)」の元を訪れる瓔珞。
嫻妃は長年ずっと皇帝に尽くしてきたのに皇帝から愛されなかった、なぜ瓔珞は皇帝から愛されて続けているのかを問います。

嫻妃:我花了數十年時間都沒能贏得他的心
你到底用了甚麼樣的手段讓皇上那麼愛你?

「私は数十年も皇帝に尽くしたけど彼から愛されることはなかった。
あなたは一体どんな手を使ってそんなに皇帝に愛されているの?」

瓔珞:您一往情深,可為甚麼要告訴他呢?「先出口的人就已經輸了」

「あなたのその一途な思いをなぜ皇帝に告げたのですか?
先に口に出したほうが負けですよ。」

嫻妃:可笑,太可笑了!

「ウケる!本当に笑っちゃうわ!」


最後はもう笑うしかねぇだろ!俺のこの人生は一体何だったんだ?www 的な嫻妃の自暴自棄な笑いで終了。
これは瓔珞に対する罵りではなく、自分が情けない自分にはなぜできなかったのかという憤りと解釈しています。

「先出口的人就已經輸了」=先に口に出したほうが負け

ここが本日のポイント!ぜひメモってください(笑)
中国語では「シェンチューコウダレン、ジョウイージンシューラ」と発音。簡単シンプルのようで、これがなかなか難しい。
恋愛かけ引きの極意を瓔珞が最後に女子のみんなに伝えたんだって思えてならない!

乾隆帝には3人の皇后がおり嫻妃は身分の高い貴族で2番めの皇后、瓔珞は身分の低い女官から3番めの皇后となる人物です。
瓔珞が皇后となるためにどのような攻略があったのか、歴史の真実は闇ですがドラマ瓔珞ではそれがまさに「攻略」として描かれているんですよね。

皇帝付きの宦官から「あんな事をしたら首が飛ぶ」と恐れられた程、
瓔珞は皇帝に横柄に振る舞っていた。

嫻妃は本当に皇帝に尽くした良き妻でした。妻として皇帝を尊敬し支えていこうと自分自身の心に誓って仕えてきたのです。
しかし後から後宮に入った身分の低い瓔珞に皇帝の気持ちはどんどん傾いていきます。

全く最初はそんな素振りはなく、とびきりの美人というわけでもない瓔珞が最終的には皇帝を沼らせて終わるというこの結末。
自分を犠牲にしてでも皇帝に尽くしてきた嫻妃、報われることはなく実は心から皇帝を恨んでいたって部分も見え隠れしました。

・尽くす=報われるってわけじゃない。
・尽くしても報われないと心から恨むようになる。

・家柄、美人じゃなくても攻略で挑む。
・最後まで本心を明かす必要はない。

ぜひ瓔珞的恋愛攻略法をドラマで学んでくださいね!
そして中国語は素晴らしい♥とまた思えたことに感謝。

Sponsored Links

汀羅♥TAYLOR

272,968 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。