中国ドラマ【君、花海棠の紅にあらず】商細蕊と程鳳台の関係とは?ふたりは恋人?

♕中国ドラマ

みなさま こんばんは。

本日は汀羅の大好きなドラマ「君、花海棠の紅にあらず(原題:鬓辺不是海棠紅)」の微妙な部分について語っていきたいと思うのですが、これはとても複雑な問題です。鬓辺不是海棠紅は京劇の人気俳優「商細蕊」とスポンサーの富豪「程鳳台」のふたりの男性が主人公の物語です。

耽美(dānměi)=BL🤴💗🤴

はい、ということで本日も中国語を勉強!中国語でボーイズラブを表す単語は「耽美」です。鬓辺不是海棠紅は果たして耽美なのか否か?みなさまそれぞれの見解がおありかと思いますが、中国ネットの意見や汀羅の個人的見解をまとめていきたいと思います。それではレツゴ!♥

♥原作小説ではふたりは恋愛関係だった?

小説では商細蕊と程鳳台の愛を描いている

ドラマ「君、花海棠の紅にあらず」は水如天儿の小説「鬓辺不是海棠紅」を改変したもので小説版は中国では耽美とされている作品です。映画「覇王別姫」でも出てくるのですが京劇の人気俳優とスポンサーの恋愛関係です。汀羅はこの小説を読んでいないのですが際どい部分だけ抜粋して読んでみました。(笑)

濃厚なキスシーンなどがあります!👀💓

小説では商細蕊と程鳳台は愛し合っています。ですがドラマではこの内容を変えて描かれるのは「京劇」と「愛国心」です。ドラマでは小説に描かれているようなふたりの恋愛シーンはありません。あくまでも家族の情のような関係でふたりが助け合っていきます。

ドラマでは京劇の伝統芸術と愛国の物語に変えた

原作小説から于正のドラマ版ではそれを変えたというのが中国ネットの見解です。それってどうなんでしょうか。いろんな複雑な気持ちになった汀羅です。すでにドラマ「君、花海棠の紅にあらず」全話視聴しましたがこれがもし原作のような作品だったら、もっと明確で面白かったかもって思ったんですよね。

程鳳台と商細蕊は相思相愛でしょ!って見てて当然思う。💕💨

ドラマではふたりはお友達や兄弟のような親しい関係で恋愛関係ではありませんが、非常に微妙な印象です。「本当はお互い好きなんじゃないのっ?てか好きなんでしょ?!」って普通に思います。それが汀羅の中では少し中途半端だったような気もしています。映画「覇王別姫」ではもっとはっきりと率直に描かれていますよね!

Sponsored Links

♥ドラマ版では友達や家族のような関係

〈参照〉だって程鳳台が商細蕊を見る目はもはや「食いたい」って目でしょう…👀

ドラマ「君、花海棠の紅にあらず」は耽美作品ではない

ということでドラマ「君、花海棠の紅にあらず」は耽美ではありません。子どもからお年寄りまでご覧になれる中国ドラマです。ですが汀羅はこの作品、どう見てもそう見えてきてしまうんですよ。見方はそれぞれで自由ですから。

先程も述べたように汀羅の感触としてはドラマ「君、花海棠の紅にあらず」の商細蕊と程鳳台の関係性はとても微妙です。家族や友達の関係として描かれていますが、主人公ふたりは男性であり「もしかしたら愛し合っているのか?」という考えが何度も頭の中をよぎるため仕上がりが中途半端になってしまった気もするのです。

もしBLとして描いていたら放送禁止になった?

小説版のBL部分を削除し改変したTVドラマ版「君、花海棠の紅にあらず」ですが、なぜ耽美として描かれなかったのでしょうか。そこにはたくさんの理由があると思ったんです。当然于正がドラマとして描きたかったものが小説と違ったってのもあると思うし、もしドラマ版が耽美だったら果たして無事に中国で公開されたのかという問題もあると思います。

日本や世界で大ヒットを記録している中国宮廷ドラマや映画作品でも、中国では放送禁止問題が勃発することが多々あります。于正のドラマ「朝歌」はクランクアップして数年経過していますがまだ中国で公開されていません!😱 映画「覇王別姫」も問題となった作品で、汀羅個人的にはこのような理由も含まれるのではないかと想像しています。

♥まとめ

ドラマ「君、花海棠の紅にあらず」はBLではありません。ドラマでは際どいシーンはありません。京劇にのめり込んでいくふたりの男性が抗日戦争に巻き込まれていくその感情や日常を描いた物語です。ですが原作小説は中国ではBLとされています。ドラマは小説を元に改変し制作されています。中国ネットニュースの見解や汀羅の個人的見解をまとめました。

汀羅♥TAYLOR

1,213,220 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。