中国ドラマ【君、花海棠の紅にあらず】水雲楼VS隆春班!京劇対決で商細蕊が演じた「趙飛燕」とは?

♕中国ドラマ

みなさま こんばんは。

ドラマ「君、花海棠の紅にあらず」が好きすぎて語りたいことが山程あります。本日はドラマ前半の最大の見せ場とも言える隆春班VS水雲楼の京劇対決について語っていきたいと思います。

10年以上の前の人気中国ドラマ「クィーンズ~長安、後宮の乱~」や商細蕊フィギュアなど本日ご紹介できとても嬉しい汀羅です。💖

京劇の「対台(ドゥイタイ)」や「黙戯(モォシィ)」、商細蕊が演じた演目などについて解説します。ぜひドラマ視聴の参考にしてください。

♥水雲楼VS隆春班!💥「対台戯」とは?

敵対する姜荣寿率いる「隆春班」と商細蕊が率いる「水雲楼」は京劇対決を行います。この対決はドラマ前半の大きな見せ場で何度もリピートして見るほど商細蕊が美しいです。水雲楼のスポンサーとなった程鳳台が商細蕊の美しさや演技の素晴らしさに完全ロックオンされる瞬間も垣間見れるシーンです。

この京劇対決はドラマのストーリーを面白くさせるための作り話ということではなく、京劇界では昔から行われていたパフォーマンスです。ふたつの劇団が同時に同じかもしくは似たような演目を演じ(※公平さを保つため)、その客の反応を見極めどちらが優れた演劇チームなのかを決めるスタジアム的なものです。

〈参照〉https://baike.baidu.com/item/%E5%AF%B9%E5%8F%B0%E6%88%8F/10126218?fr=aladdin

こちらの資料画像をご覧ください!☝ドラマとは違うのですが対台(ドゥイタイ)はこんな感じで同じ時間、同じ場所、横並びの舞台で演じるんですよね。これ、エゲツないよね!(笑)💦

京劇チームは基本的に自己資金で運営しているため、いかに人気になってチケットの売上を上げるかが勝負です。対台はよりチームを有名にする商業的な目的があります。古い体質の隆春班に商細蕊は真っ向から立ち向かい、ふたつのチームは激しく対立し対決することになります。

♥商細蕊が演じた「趙飛燕」は漢朝の妃子

商細蕊は隆春班との京劇対決で有名な演目「趙飛燕(ジャオフェイイェン)」を演じます。趙飛燕は歴史上の人物で漢朝漢成帝皇后です。細い体でとても美しく舞踊家として有名な女性で商細蕊はこの方を演じたのですが「趙飛燕が自分にのり移った」と放心状態になるほど熱演しています。

趙飛燕と言えば2008年公開の中国ドラマ「クィーンズ~長安、後宮の乱~(原題:母儀天下)」です!💗漢朝の宮廷が舞台で趙飛燕とその美しい妹「合徳」が登場します。ふたりとも成帝に寵愛されるめっちゃ激しめの後宮ドラマで超おすすめです!まだご覧になっていない方、ぜひこの機会にどうぞ。

対する陳紉香が演じたのは「活捉三郎」の閻惜嬌

隆春班の姜親子が担ぎ上げたのは姜家で育った京劇俳優「陳紉香」です。隆春班も京劇でとても有名な演目「活捉三郎」を上演し陳紉香は「閻惜嬌(阎惜娇)※イェンシージャオ」を演じます。なんだかスモークが焚かれた幻想的な白い舞台でした。ドラマの中でちょこちょこ歩く「魂路」という京劇の技法が披露されています。

Sponsored Links

ドラマ「君、花海棠の紅にあらず」の京劇指導を行った上海演劇学院の京劇講師「牟元苗」がこの演目について語ったショートビデオがあります。汀羅は牟元苗が大好きでこの動画、何回も見ちゃうんですよね!こちらのリンクから視聴可能です。👉💓好看視頻:陳紉香が舞台で披露した仙人歩法とは?

♥舞台に上がる前に商細蕊がやってたイメトレ?

「黙戯mòxì」は京劇俳優のイメトレ!

隆春班との京劇対決で「趙飛燕」を演じることになった商細蕊は舞台に上る前に「黙戯(モォシィ)」という瞑想のようなことをしており、誰とも口を聞かなくなります。この黙戯は京劇における「イメトレ」のようなもので、舞台に上がる半日前や数時間前に声を出さずに頭の中で演じます。

このイメトレで役者は自分の動作を映像を見るような感覚で想像し最終チェックを行います。改善するべき点や修正する部分などを自ら模索し完璧な舞台を作り上げるのです。京劇俳優が行う心理技術ですが京劇についての知識がほぼない程鳳台はこれを見てとても驚いていました!

商細蕊の趙飛燕フィギュアが売っとる!💕

〈参照〉商細蕊の趙飛燕フィギュアはこれ!👀✨

これ、中国のサイトでも見たのですが素晴らしいですよ。欲しい!てゆーかすごすぎる!価格は税込27,280円で2021年9月より発売されます。 詳細は上記のインスタからどうぞ♥

汀羅♥TAYLOR

1,354,119 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。