中国ドラマ【如懿伝(にょいでん)】玫貴人が産んだのはどんな子?※閲覧注意

♕中国ドラマ

みなさま こんばんは。

ドラマ「如懿伝(にょいでん)」は後宮の貴妃たちの日々の暮らしを描いているのですが、その様子はとても美しく静かで優美でありながらマジで心底恐ろしいと思うストーリーを含んでいます。ドラマの中で汀羅が恐れおののいたシーンをまとめたこちらの記事👉中国ドラマ【如懿伝(にょいでん)】もはやホラー?!本気で怖かった恐怖シーンまとめでもご紹介している玫貴人(白蕊姬)の産んだ子について紐解いていきたいと思います。

ご注意⚠本日記す内容はあくまでドラマ・小説の中での出来事であり実話ではありません。玫貴人の食した食べ物やその結果は物語の中でのお話であり、事実やその根拠を示すものではありません。ご了承の上、閲覧頂きますようお願いいたします。

♥絶好調に高慢になり不幸が襲う

〈参照〉白蕊姬を演じた何泓姗 Viva Hoです!可愛い!👀💗

白蕊姬はどんな后妃?

名前白蕊姬(バイルイジー)
封号玫答応→玫常在→玫貴人→玫嬪
年齢初登場16歳~32歳で亡くなる
寝宮永和宮
役柄身分の低い琵琶の奏者であったが乾隆帝に見初められ宮中へ入る。
若くて生意気な性格のため後宮で嫌われる。皇帝の寵愛を受けすぐに妊娠するも死産。
如懿を黒幕だと信じて憎む。皇太后に操られる。
体が弱くなり最終的に自害する悲しい貴妃。

〈参照〉百度百科:https://baike.baidu.com/item/%E7%99%BD%E8%95%8A%E5%A7%AC

玫貴人は後宮の悲しい貴妃のひとり

玫貴人は低い身分の出身で琵琶の奏者ですがその可愛さから乾隆帝に見初められ、宮中へ入りすぐに寵愛を受けるようになります。皇太后ニオフルの手先で最初から乾隆帝を落とす目的で後宮へ入ります。皇帝の即位後初の子どもの出産ということもあり大変におめでたく名誉なことで、元来強気の性格であった玫貴人はますます高慢な態度をとるようになります。

これに後宮の悪女たちが黙っているわけはないのです!如懿伝の後宮では富察皇后+高晞月+金玉妍(嘉貴妃)の3人がコソコソと悪巧みをしている事が多く物語前半の悪は体外がこの3人が中心となって事件が起こります。

玫貴人は陰謀により死産となりますが、その前後は皇太后であるニオフルの手先として操られており生意気で腹立たしい貴妃ですが自殺未遂を起こすなどとても悲しい貴妃のひとりです。

Sponsored Links

♥黒幕は金玉妍!水銀を入れた?

〈参照〉金玉妍を演じた辛芷蕾です!

金玉妍はこの結末を計画し実行した

ドラマの中で玫貴人はつわりが酷く食欲をなくします。陰謀により太医から魚やエビ、貝類などの海鮮を食べると健康な子どもが生まれると言われ偏った食事をするようになります。出産前の玫貴人の口の周りには赤く腫れた出来物のようなものがありとても痛々しい姿に変わっていました!ドラマでは描かれていないのですが原作では金玉妍が海鮮料理に水銀を入れ玫貴人の体は朱砂や水銀の毒に侵されていきます。

玫貴人の出産した子どもは男の子であったということですが、その姿は映像に映し出されず乾隆帝と富察皇后、如懿、王鉄など一部の人間だけが目にします。乾隆帝はこの事実を玫貴人にも隠し口外することを禁じています。原作の中で玫貴人の生んだ子は手足が小さく腹が膨れ、青黒く水銀中毒のようだった描写されています。玫貴人は本当の黒幕が富察皇后+高晞月+金玉妍とは長い時間気が付かず如懿の企みだと勘違いし、激しく如懿を憎むようになります。

♥まとめ

玫貴人はドラマ序盤で登場する注目の貴妃です。とても若くて生意気、とにかく強気です。物怖じしない性格のため高晞月や金玉妍という強敵にも立ち向かっていくのですが、結局こっぴどくやり返されてしまいました。後宮の中で玫貴人のとっていた態度や言動はものすごく危険なものであったとわかります。だから如懿はあんなに静かにしているんです。見習うべきだったよ!

如懿はそれを静観しているだけなのですが最終的にすべてが如懿の仕業であるとされ冷宮に送られます。こんな時には乾隆帝だけが真相を探る頼みの綱なのに全然真実を究明してくれないんですよね!(泣)

ご注意⚠本日記す内容はあくまでドラマ・小説の中での出来事であり実話ではありません。玫貴人の食した食べ物やその結果は物語の中でのお話であり、事実やその根拠を示すものではありません。ご了承の上、閲覧頂きますようお願いいたします。

汀羅♥TAYLOR

1,079,695 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。