【海外お見合い】台湾人男性と台北にてお見合いした汀羅、その一部始終を全レポ

TAIWAN

みなさま こんばんは。

台湾人と日本人のカップルは汀羅の友人にもいるし、よくある話。
台湾と日本で遠距離恋愛中でツライなんて話もよく聞くよ。

汀羅の友人は台湾人男性+日本人女性のカップルでみなアメリカやオーストラリアなどに
留学中に知り合って、日本から彼の住む台湾へ結婚前提という感じで来ていたり、

台湾大学CLDには台湾人と日本人のハーフの子もいっぱいいた。
だから当たり前に普通にある話なんだなってずっとそう思っていましたけど、

 

台北で暮らすようになってから
そんなの汀羅の中では都市伝説だね。щ(゚Д゚щ)

 

汀羅、台湾人メンズ好きですよ。好きですが本当にご縁がない、てゆーか
結局いつも理解不可能で不可解に終了することばかりです。

 

汀羅的には、

台湾人メンズの行動や言動は、
いつもほぼ理解不可能。щ(゚Д゚щ)

今日は汀羅、台北で知人の紹介によりお見合いしたその一部始終を赤裸々に語ってみようと思うわ。
これはあくまでも汀羅の個人的な体験談でブチ切れしたっつー話です。

 

Sponsored Links

01♥お見合いのきっかけ:日本帰国目前となって

台湾人男性と結婚するのが台湾に残る一番良い方法

いよいよ本格的に日本へ引き上げるという段になり、汀羅が台湾でお世話になっている紀ファミリーの
紀ママ(会社社長、知り合いが多い)からの紹介でお見合いすることになった。

「台湾人と結婚しなさい、それが一番いい方法よ。」

って紀ママからは言われていた。汀羅は台湾でずっと暮らしたいと思っているので
その話を聞いていた紀ママが復興北路の高級タイ料理店で関係者一同を集めて食事会を開催。

 

汀羅的には日本とか台湾とかもうそれ以前に結婚とか出産とかいったところから
あまりにもかけ離れたところにいるため

お見合いとかどうなの!?
というものすごいモヤモヤ感の中、

直前までお断りしようと考えていたのですがせっかくいただいたお話なので一度会うだけでも、
ということになりマジでやめときゃよかったんだけど

結果はどうであれ、挑むことが大事なような気もしたので。

 

汀羅の写真を勝手にLINEで送りお見合いが決まる台湾(笑)

その汀羅のお見合い相手の男性と紀ファミリーは週末のキャンプ仲間。

紀ママの彼氏(これ台湾では当たり前の感じです。)の娘の旦那さんの友達、ってゆー関係で
台湾富裕層ならではの紀小姐も犬を連れて週末キャンプが趣味なのでそのお知り合いらしい。

そんでその男性に勝手に紀小姐&ママが汀羅の写真を送って、お見合いしましょうということになった。
事前に汀羅は一応確認しとこうと思って

「その方、日本人女性と付き合ったりするの問題ないの?」

ってママに聞いたらそれは全然問題ないってことで会うことになった。

 

02♥レストランで初めて会う:高級タイ料理店@復興北路

お見合いのお相手は新北市在住、台湾富裕層のエンジニア

汀羅はこの日、目の回るような忙しさでぐっちゃぐちゃのまま復興北路のレストランへ向かったのですが
仲介人は紀ママ&紀小姐、だからもちろん紀小姐の娘のfifiも一緒でママの彼氏の娘、その旦那、その子供。

そしてお見合い相手の男性とゆー大所帯でのお食事会となりかしこまった感じじゃなくワイワイできて
最初はとっても楽しい台湾のお食事会ってゆー感じ。

汀羅のためにみなさま時間を割いてくれたというのがあるので汀羅は日本帰国した時に買ってきた
辻利の抹茶のお菓子などお土産を彼にもあげました。

 

汀羅が一緒にいる台湾人は台湾富裕層の人々。

今ここに集まったみんなは汀羅は台湾の中では富裕層だと思ってます。
もちろん台湾にはもっとヤバイ級の金持ちがいて銀座のマンション一棟を現金で買ったり、

大晦日の101の花火のお金を出しちゃったりするとんでもない人々もいるんですが
でも台北の街中を歩いていると貧富の差が激しいっていつも思ってる。

そんな中しょっちゅう海外旅行に行ったり、留学経験もあって外国語を話せてお給料だって
一般の台湾人よりも良いので汀羅が一緒にいる台湾人はみな富裕層クラスと思ってる。

新北市在住
IT系企業取締役クラス
一人息子で親同居
持ち家を最近建てたばかり
日本大好き
日本文化大好き、日本酒大好き

これが彼について汀羅が知っている情報なんだけど、今思えばこれは全部紀ママから聞いた話。
汀羅外人だしなんかシャイなのかなって思ってこの日は全然話をしなかった。

とりあえずLINE交換して「後日、お食事に誘います。」と言われ終了。
この後汀羅は紀小姐と一緒に夜のスーパーへお買い物に一緒に行ったので店の前でみんなと別れた。

 

03♥死ぬほどLINEがくる:てゆーか仕事してないの?(笑)

台湾人の(特に男性)LINE好きに汀羅はついていけない

台湾人は本当にLINEが好きだ、どんだけLINE使うんだっていつも思ってるけど
台湾男性のこのLINE攻撃?LINEしたら即返事、返事したら即返事、ってゆー数分おきのLINE。

そんなことない!てゆー方もきっとおられるのでしょうが汀羅の知り合った台湾メンズは
みんなこの状態なので恐ろしいです。「お前、仕事してねーだろ?!」って思ってる。(笑)

案の定、このお見合い男性からもLINEを交換したその日の夜から朝起きてから深夜に寝るまで
ず~っとLINEのやり取りが始まった。汀羅がしばらく返事を放置しないとムリな感じ。(汗)

内容は他愛もない話、汀羅の日本の家のこととか台湾のこととかそんな話。

そんなやり取りを数日した後、

一緒に食事に行こう。
○日の○時にお部屋に迎えに行くよ。

という話になった。汀羅はもちろん快諾、今のところはお断りする理由はないので。
でもなんとなくおかしい、汀羅は彼の名前を知らない。基本的な自己紹介的なものもお互いしてなかった。

 

04♥初デート?:見知らぬ女が汀羅のお部屋に迎えに来る

てゆーか、アンタ誰?車どこに停めたの??(激怒)

初めにゆっときますがあのLINEのやり取りの流れからして汀羅は「二人だけで台北で初デート」
なんだと思ってました、これは汀羅の考えがおかしかったのか?そうは思わないんだけど。

なにひとつ汀羅の思っていたものと違っていて、本当に唖然ですよ。(笑)
約束したこの日、汀羅のお部屋の前まで来てもらうように彼にお願いしていた。

汀羅のスマホの不具合があるので電話繋がらないと心配なのでWi-Fiのあるお部屋の前まで迎えに来て
もらうよういお願いしていてOKと言っていた、彼は新北市在住なので車で台北まで来る。

 

突然、見知らぬ女が汀羅の部屋に来た。
「汀羅サン?」て片言の日本語の台湾人女性。

 

汀羅若干パニック、女が来るなんて思わんだろ!!!彼女はその男性の友人で
汀羅を迎えに来たという。だったら事前にひと言そう汀羅に伝えてほしかった。

汀羅がパニクってオロオロしていると彼からLINE、

 

今外に車停めて待ってるんだから
早く来てよ!(怒)

 

駐禁なにげに厳しい台北市なので彼は焦って汀羅にLINE、こっちはこの女性と
「アンタ誰?」ってとこから話を初めなきゃいけなかったのに。

外に出るとどこに車が泊まっているのかわからなくてまたここで右往左往。
店の名前とかLINEでガンガン送ってくるけどその中国語の店の名前知らんわ!

そしてまた「早く来い!」的なイライラLINEを送って来たこの男。(怒)
この辺りでもう汀羅キレかかてたけど必死に我慢。

Sponsored Links

 

日本製高級車に乗り込むと見知らぬ男性ふたりも同乗。(爆)

マジ、あんたら全員誰やねん!(笑)

ま~友達なんだとは思いますが日本製の彼の高級車、すでにギュウギュウ。
総勢5名が乗ってるからね、てゆーか汀羅誰も知らないっちゅーの!

台湾らしいといえば台湾らしいノリなのかもしれないよ。
でもなんで事前にひと言友達もみんな来るけど良い?とか、誰が迎えに行くとか言えなかったのか。

汀羅が神経質な日本人女なの?

だんだんといつもわからなくなってくる、この人づき合いの常識みたいのが。
でも台湾人の考えとか正確、汀羅は好きだっていつも思ってるんだけど

台湾人メンズとなるとは話は別だ。

 

05♥行き先を告げられないまま:高速で連れて行かれる汀羅

見知らぬ人たちと一緒に一体どこへ連れて行かれんの?(汗)

彼は自宅のある新北市から車で、台北に住む汀羅のお部屋までやって来た。
そして知らないその他の人たちも一緒に車に乗り込んで高速に乗った。

 

WHAATTT??щ(゚Д゚щ)

 

その時汀羅が車の助手席から撮影していたVimeo動画をアップしてみました。(笑)
汀羅は完璧台北でお食事すると思ってたしそれ以外の選択肢が全く頭に無かったからボーゼン。

そして彼は車内でひと言も口を聞かない。これからどこに行くのかも言わない。
てゆーか今思えば本当にウケるわこの話。無言で高速乗って車で連れて行かれる汀羅!(笑)

マジで意味不明、ありえないっつーの。

 

06♥店に到着すると見知らぬ人たちから尋問を受ける汀羅

汀羅台湾史上最高に最悪だった意味不明の食事会

車で1時間以上走って台北郊外にあるかなりの田舎な住宅街にあるレストランに到着。
なぜこのお店なのか、なぜここまで遠い店にに来なきゃならなかったのか。

レストランに入るとまた見知らぬ台湾ファミリー2組が合流。(爆)
汀羅のお見合いした男性の友人なのだがこのテーブルの一番奥のこのオッサンが最悪。

完璧に面接状態で仕事などについて質問攻め。

アタシは今日この場で初めて会ったこのオッサンになんでそんなことを聞かれなかきゃいけないのか、
汀羅が完璧不快な顔なのにお見合いの男はその間、ひと言も発言しない。

てゆーかここにいる誰ひとり、アタシ知らないし!(笑)

何度も席を立とうと思う汀羅、必死に我慢。

最後汀羅が写真を撮らせてくれと言った。(もちろんブログ用(笑))

「超つまんなかった食事会っつって友達に見せんだろ~?!」みたいに奥のオッサンは言っていた、
えぇえぇ、もちろんそうさせていただきましたよ。つかったりめーだっつーの。

汀羅は初めての人に合う時、かなり人当たりがいい。
ニコニコとしてブロークンでも中国語をガンガン喋りだすので外人でもすぐに仲良くなれるほうです。

こーゆー風だから数年間台湾でも楽しく暮らせたんじゃないでしょうか。
てゆーかここはそもそもMRTの黄色の奥の奥の

MRTの終点の駅、蘆洲で

汀羅は台北からお見合いした男性(未だ名前すら知らず)にこの地まで車で連れてこられました。
汀羅は台北にいるのになぜ台北で食事することができないんでしょうか。

しかも事前に全く知らされてはおらずただ食事しよう、ということだったのでなぜこんなに大人数なのかも
なぜ汀羅が今蘆洲の果てまで連れてこられたのかもさっぱりわかりません。

 

そしてその男性の親友らしきこのオッサンに死ぬほど死ぬほどいろんなプライベートを質問された汀羅、
汀羅のことを知りたかったのでしょうかそれはまるで面接を受けているような状態になり

初対面でこんな風に強く話をしてくるのは大変に失礼なことだと汀羅は思うしキレそうなので
席を立とうかどうか悩んだがなぜかみな見知らぬ日本人をこう迎えてくれたわけなので一応席にはとどまったのですが

 

最後は一切口をきかなくなる汀羅。

 

台北からこんなに遠くに来たのだからきっとこの店にはスペシャリティな台湾の何かがあるのかと思いきや
お食事も全く美味しくなく特別なレストランでもない、ただそのオッサンの家の近くだっただけである。

俺はそのオッサンを知らないし一切何の関係もないのにそれが理由で台北からここまで車で連れてこられてきた。
このオッサンの質問は本当に度を越えていて超級不禮貌、中国語もかなり台語とMIXされて激早で聞き取れず

汀羅が本当に本当に困っていたので女性群はもう、そんなに聞いたら彼女が困るじゃない!とか
もっとゆっくり話してあげなさいよ!とか味方になってくれたけど、当の本人、
お見合い相手の男性は最後まで何も言わなかった。

お前、何も言えねーの?

 

07♥怒り心頭状態:ひとり士林夜市を彷徨いMRTで帰宅する

現場でひと言も口を聞かないのにまたLINEを送ってくる(笑)

彼は車でまた台北まで送ると行ってきたけどもはや冗談じゃねーわ状態なので
丁重にお断りしMRTの駅まで行って自力で台北まで帰ります。てゆーかなんで終点の駅から!(汗)

さっきの食事会では全くもって口を開かなかったなのにまたLINEを送ってくる。
とりあえずアタシは返事をしない。てゆーかこの時点でもうムリなのでLINE消去。

とりあえず紀小姐に電話して一部始終を話して、汀羅本当に後悔した。

お見合いなんかしなきゃ良かった、マジで。

紀小姐がいいと思って汀羅に紹介してくれた男性なので悪い人であるはずがないけれど
ただあまりにも汀羅の過ごしている日常と彼らのは違うってきっとそーゆーことなんだって

だからできるだけ彼らのことをキライにはなりたくないけども「あ、なんかマジで違うな。」
って思ってしまったその関係に、新しい未来はあるんでしょうか。

そして汀羅は日本に帰る、恐らくその後台北に来ることはないんじゃないかと思っているので
もはやそんなアタシに何か今ここでしなければならないことなんてもうないんじゃないんでしょうか。

 

08♥最後の別れ際:渡された「ちまき2個」が泣けるわ!

最後の別れ際にプレゼントがある、と渡されたちまき2個(笑)

もちろんありがとう、とちゃんとお礼を言っていただきましたが。
なんだか非常に微妙すぎて食べられなかったね、てゆーかちまきなんだ~ってそこもちょっと。(汗)

汀羅は今まで台湾で暮らしてきて知らない人たちと一緒にいても
こんなにイヤだと思ったことは一度もなかったのでそれが本当にショックだったのと、

自分は彼らに一体どんな風にイヤな感じ悪い日本人に見えただろうと自分を責めた。
泣きながら紀小姐に電話してこのお食事会の一部始終を話して

もう汀羅絶対にこのお見合い男性とは今後会いません、ごめんなさい、とゆー話もした。
だからもう全部終わったしLINEも全てブロックして消去してもう全部忘れていた今日、

あの人からXmasだから
また、LINEがきました。(爆)

ブロックしたと思ったらされてなかったって話だ、未だにLINEの使い方がよくわかってない。
未だにこの人の本当の名前を知らないし、興味もない。

彼はLINEはするけど汀羅について何も、この前の食事会についても今後のことも何も聞かないので
結局お互いに興味ないんだけどなんでLINEを送ってくるのか?

台湾人の友人は「それは友達だから。」と言っているけど果たしてそうか?
汀羅は彼は友達でもなんでもないと思ってる。

 

♥まとめ

汀羅が日本帰国前に台北でお見合いをして結果大失敗だったって話です。(笑)
汀羅ブログ史上初、超長文になってしまいました。汀羅個人的には台湾人との恋愛は非常に難しいと思ってます。

台湾人男性と恋愛や結婚なさってとっても幸せな方はたくさんいるのだと思いますが
汀羅には全くその機会はありませんのでその辺りのことを悶々と語ってみました。

Sponsored Links

Taylor/汀羅

89,246 views

東京都出身。東京都渋谷区桑沢デザイン研究所卒業。商社にて海外アパレル商品輸入業務を担当、中国・香港・韓国を行き来する激務を経験。英語学習に挫折、中国語学習を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA