【台北ファッション】台湾女子御用達ブランドNETがおしゃれに進化中!使えるアイテムを一挙紹介

TAIWAN

みなさま こんにちは。

台北は東京のように安くておしゃれなファッションアイテムは購入不可、と何度もブログの中でみなさまにお伝えしてきました汀羅です。

汀羅は台北に持ち込むお洋服や靴、バックはすべて完璧に日本で準備してから台湾に持ち込んでいます。それは今も変わらず日本女子のみなさまにおすすめのやり方なんですが、

最近GUよりもNETでお洋服を買う率が高い自分にハッとする。

NET@西門にある中華二店

おしゃれに進化している、旅行でも移住でも使えるアイテム多し。

汀羅はこの台湾ブランドNETは「台湾版GU」と自分の中で位置づけている。品揃え、価格帯、ブランドターゲットなどどれをとっても日本のGUに似ている。だけどおしゃれ度は確実にGUの方が上、品質も価格もGUの方が上。

なので汀羅的には基本全ての面でGUが勝っており、しかもGUは台北にも存在しているためわざわざNETで買う必要はなし。てゆーかぶっちゃけ、めちゃくちゃ店舗数あるけどすごく安いってわけでもないし…と、かなり微妙ブランドとして見ていた。

いや、ちょっと待った!
なんかすっごくおしゃれに変化してる♥

メンズもあります。

確実にパワーアップしている。ここ、NET中華二店(西門駅近く)がめちゃくちゃ良い。

NETは台北市に76店舗も存在している。夜市の中にもNETがある。店舗によってフロアの大きさや扱うアイテムが異なっているので全くイメージが違う場合もある。汀羅はここ西門駅近くの「中華二店」がおすすめです。

西門という街は台北駅からすぐ近くのためホテルなど観光客が多いエリア。ホテルはここ最近もどんどんとできており日本人だけじゃなく世界各国から台北観光にやってくる旅行者が集まる場所。だからこの素晴らしい品揃えなんじゃないかなって思います。

NET公式ホームページはこちら。♥
NET台北市内の全店舗MAPは
こちら。♥

NET 中華二店 西門駅から徒歩5分
営業時間11:30~22:30
MAPはこちら↓

こちら地図が汀羅おすすめ中華二店のNETです。営業時間は11:30~22:30ですがNETは店舗によって30分から1時間ほど営業時間が異なります。それぞれの店舗の営業時間などの詳細はNET全店舗MAから確認できます。

№1♥汀羅が使える!と思うNETのアイテムや価格などを一挙にご紹介!

汀羅お買い上げトップス~♥一目惚れアイテムです。
こちらは490元(約1800円)
サイズはS,M,Lとあります。
お気に入りの黒レースのフリル!
気温の変化が激しい&読めない台北市。
インナーでもこれ1枚でも着れるタンクトップは便利。
急遽必要になった場合もここで購入可能。
1枚199元(約700円)なので気軽に買える。
只今秋物新作アイテムがどっさりと入荷中です。
学校やオフィスでも普通に着回しできそうなアイテムが並びます。

ロングジャケットは1399元(約5000円)
シフォンプリーツロングスカートは399元(約1500円)
汀羅が台北で就活する際になくてかなり困った
スーツなどのオフィス系ファッションも充実。
でもあんまりこの格好している女子を台北で見ないのですが・・・。
ジャケットは1000元(約3700円)
ブラウス・ミニスカート・パンツは599元(約2200円)
ビーサンは台湾必須アイテムなので
こちらもおしゃれなものを台湾に持ち込むことがおすすめですが、
NETでも購入可能です。
ビーサンは200元~300元で購入可能。
普通の靴、バック類もかなり豊富な品揃え。
旅行中に急遽必要になった場合にも便利。
シューズは200元(約750円)から購入可能。
これ、これ!かなり使えるスポーツアイテムだよ~
台北市には素敵なランニングコースがいっぱいありますので
ぜひ「旅ラン」してみてください!
トップスは299元(約1000)
GUでもよく見る3個パックの下着です。
足りなくなったらここに買いに来れば良いんだよ~
種類も豊富で可愛いので旅行中に活躍できるアイテム!
3個パック250元(約900円)
これも嬉しいアイテム。足カバーは5個セットで129元(約450円)
靴下類は日本で買うより断然安い気がしてならないので
台湾に来た時に買いだめしておくと良いかも。
ユニクロの「UT」みたいなTシャツ類。
このアイテムはやはり若すぎる&可愛すぎてオシャレ度に欠ける。
Tシャツ299元(約1100円)

№2♥「2件7折」「3件5折」など中国語のセール表記を覚えて台北ショッピングに役立てよう!

「折(ジャァ)」という文字を見たらセール、値引き商品であると判断!

中国語で「折」は値引きの意味です。「9折」なら10%OFF、「5折」なら50%OFFという意味なのでぜひ覚えて台北ショッピングの際に役立ててください。日本の表記とは逆で割引金額を示すのではなく、いくらになるのかを表記するのが台湾のやり方です。

Sponsored Links

また「件(ジェン)」は日本語の「枚」に当たりますので1枚買ったら900元だけど2枚買ったら810元になる、など複数枚買う方が安くなる場合が多いです。NETでも入り口に「2件7折」「3件5折」と書かれていましたが、これは「2枚買ったら30%OFF」「3枚買ったら50%OFF」という意味。

♥まとめ

台北市に現在76店舗存在する台湾ファッションブランド「NET」汀羅は品質や価格帯、デザインなど日本のGUの方が格段に良いと思っていたのですが最近はNETの方が素晴らしく良いです。台北旅行の際にはぜひ台湾ブランドのファッションチェックをしてみてね!

Sponsored Links

汀羅♥TAYLOR

東京都出身。渋谷区桑沢デザイン研究所卒業。中国語&日本語の自力バイリンガル大人女子。 商社にて海外アパレル商品輸入業務を担当、中国・香港・韓国を激しく行き来...

プロフィール