【台北旅行の服装】台北在住女子汀羅が台北旅行の服装を季節・月別に解説!

TAIWAN

2018.12.03追記済み

みなさま こんにちは。

女子のみなさま、旅のファッションコーディネートって
どんなふうにしてるの?

できるだけ日本から持っていく荷物は少なくしたい、
だけどお洋服に合わせてバックや靴も持っていきたいよね!

汀羅は台北↔東京間を行ったり来たりするようになって早数年。

LCCの飛行機を利用して移動をしているため20kgの荷物制限をオーバーすると
チャージアップだから毎回超~悩みます。(汗)

てゆーかザックリ見積もっただけで、
汀羅女ひとりで200kgの荷物は台北に運び込んだわ。(爆)

台北市の自宅にて日本からの大荷物を開封し
途方にくれている場面。(笑)

汀羅はこのシーンではこれを着ようとか、このクラブではこれを着るとか、
事前にかなり細かく設定。

必ずコーディネイトを撮影しておき、アイテムとか着回し、
アクセサリーはどうするかなど熟慮して持ち込みます。

それはとにかく失敗したくないし、
荷物をできるだけ減らしたいから!

今日は汀羅の台北市で着るお洋服の選び方♥をご紹介したいと思います。
亜熱帯気候の過酷な天候など台北に住んでいるからわかったいろいろな事、ぜひ参考にしてくださいね!

Sponsored Links

スタイリングごとに1枚の写真に撮影しておく!

アクセサリー、バックや靴も一緒にひとつのスタイリングを1枚の写真に。

スーツケースに荷物やお洋服を詰めるときに一緒に汀羅がやっている作業です。
ひとつのスタイリングごとに1枚写真を撮影してからスーツケースに荷物を詰めていきます。

1スタイリングごとに1枚の袋に入れたりすることが多いです。
こうしておくと現地で荷物を出したり整理したりすときにぐちゃぐちゃにならず便利!

8月~9月の真夏に着用していた汀羅台北ファッション

真夏はとにかくお洗濯がしやすい素材のものを選びます。
汀羅は台北で真夏はだいたいこんな服装しているよ!足元は基本GAPのビーサンです。

12月~1月の真冬に着用していた汀羅台北ファッション

真冬はこんな感じの格好にコートを着用。
コートは日本で着るようなダウン系ではなくてウールの軽めのコート。
台北の冬の足元は基本スニーカーが多いです。

台北現地でおしゃれなファッションアイテムの調達は可能か?

台北市汀羅宅玄関にて。すべて日本から汀羅が自力で持ち込んだ靴!♥

ファッションアイテムは日本から完璧に持ち込むのがおすすめ!

汀羅がまだ台北に住む前、日本で台湾旅行本に「台北現地で旅行中のお洋服は調達できます!」という記事を読んだの。
もちろん汀羅も夜市とか公館とかでお洋服や靴を買ったりする事もあるのですが本当にたまに、という感じです。

汀羅の台湾女子の友人たちはみな、台湾ではなく日本の大阪や東京でお買い物をしたがっているのと同じように
やっぱり汀羅も日本で調達して持ってきたほうが良いと思ってます。

その理由を解説するべく、
台北でどんなファッションアイテムが購入可能かショップ・エリア別に説明してみますね!

ショップ別どんなアイテムが購入可能か?(※汀羅調べ)

台湾ファッションブランド【NET】【50%】

台湾の会社の地元ブランド。このショップたちは年々店舗が増えているようにお見受けします。
夜市や中山、西門、公館など女子が集まる場所には必ずあります。
基本とてもベーシックなアイテムでOLさんや学生さん向け。素材や縫製はなかなか良いと思いますが
ベーシックなアイテムだけに値段が高い!だったら日本で買う!って思っちゃうんですよね。
店舗が大型なので大量にセールをやったりするので、その時に掘り出し物を見つけるって感じでした。

夜市、地下道のショップ

100元~お洋服の購入が可能。下着、靴などもたくさんありますが、素材や縫製はかなり粗野。
商品に問題がないか購入前によくチェックして下さい。
旅行中にどうしてもその場しのぎでって時に利用すると良いと思いますが日本ではそれ、使わないかも…

服飾問屋街【五分埔】

松山駅付近にある台北のファッション問屋街です。アクセサリーもかなり充実しています。
基本卸売りなので1枚で購入できるかどうかはお店による、または店員さんと直接交渉。
全体的にテイストがかなり若め、汀羅的には中学生女子ぐらいのレベルに見えました…
日本からかなり期待して行ったのですがここでお洋服を購入したことは1度もないのです。

駅ビル、デパート

台北にはそごうや三越など日系のデパートが多いです。
それらは中に日本のファッションブランドがそのままあります。が、もちろん日本で買うより高い!
ここは日本か?!というぐらい日本のファッションブランドがあります。
高いのですが品質や素材はもちろん良いので安心して購入ができます。

【ユニクロ】【GU】

世界のユニクロ、もちろん台北でもご健在!GUは以前台北にはなかったので汀羅的には
かなりテンション上がりましたが残念ながら結局利用する機会はほぼありません。
日本より若干高いです。日本で買ったほうがいいです。
しかしながら商品の展開が日本とほぼ同時、同じ時期に同じものが購入可能なので日本で買い逃したら台北で買います。

【GAP】

かなりGAPをヘビーユーズしている汀羅なのですが、台北GAPで買い物したのは今までで1度だけ。
その理由は日本のセール時のGAPの激安さに勝てないから。
そして見た目、かなり全体の商品のテイスト感が日本と違っている気がします。
台湾ではおしゃれなメンズブランドが少ないので台湾メンズに人気だそうです!
プロパーもやはり日本より高い気がするのですがアイテムが日本と違うのであまりよくわからず…

【ZARA】【FOREVER21】【H&M】【Bershka】

以前台湾にはなかった外資系ファストファッションブランドが続々と上陸中!
汀羅は本当に嬉しくて一喜一憂していたのですが、残念ながらやはり利用する機会が全くありません。(泣)
同じブランドのはずなのに日本、中国、韓国、台湾と国によって品揃えが本当に違うんですよね。
汀羅的にはやっぱり東京とソウルがいちばんおしゃれなアイテムがあると思います。
台湾女子の友人も言っていることなのですが「なぜか台北のはオバチャンぽい」という謎。

Sponsored Links

日本未上陸香港ブランド【6IXTY8IGHT】がおすすめ!

ファストファッションならこのブランドがおすすめです。日本未上陸、ソウルでは人気のブランド。
台北では101や忠考敦化にあります。テイストは非常に若めですがオシャレです!
日本未上陸なので台北旅行の時に購入するのが良いと思います。

台湾ファッションを楽しみたいなら【師大夜市】

台湾ファッションを楽しみたい!という女子には師大夜市がおすすめです。
他の夜市に比べてファッションアイテムはおしゃれなものが揃っており、通りにはショップも多いです。
急にクラブに行くことになって服がねー!って時には汀羅はここに来て調達していました。

♥汀羅が一通り個人的に台湾ファッションを検証した結果なのですが、
台湾には日本の「大人かわいい」という女子ジャンルがないんですよね。(泣)
台北では大人か、子供か、ってゆー究極の選択になってしまうような気がします。

とはいえ台北にはたーっくさんのお洋服やファッションアイテムがありますのでぜひいろいろチェックして
楽しんで下さいね!

♥季節別・月別の台北の天候と何を着るのか?という問題

ちょっと雨では傘をささずにフードをかぶる!が台湾スタイル@台湾大学前

1月・2月・3月(冬~春)台北旅行の服装アドバイス

南国と思って侮るなかれ。台北の真冬はフツーに寒いです!
今年2016年には台北市に雪がチラつくという大寒波に見舞われました。
気温で比べると日本よりもちろん高いのですが防寒対策が全くない台湾なので辛さが増します。

日本で着ているような分厚いロング丈のダウンは必要ないと思いますが、
それなりの厚めのコートやヒートテックなどのインナー、マフラー、手袋などは必要です。

台湾のエアコンには基本的に暖房機能がありません。耐えられなくなるので小型ヒーターのようなものを購入。
但し、汀羅の見た高級マンションは暖房ありのエアコンが全て完備されていました。

汀羅はお部屋の中にいるときや寝るとき、日本で使用している物と同じモコモコパジャマと靴下を愛用しています!
ワトソンズでは貼るホッカイロも売っているんですよ!

そしてとにかく雨が多く、夕方などにどしゃ降りの雨が降るのでよけいに寒く感じるんですよね。
モコモコブーツを履きたいところですが雨に濡れて最悪です。
洗濯物、絶対乾きません。カビや湿気対策がとても重要になります。

汀羅は友人の話から初めてスーツや革のジャケットやベルトがカビると知りました。
そして汀羅人生初、CONVERSEがカビるという大惨事に見舞われたのであります!(笑)

日本にはない南国のお花とか植物がいっぱいあるのでそのあたりも台湾は楽しめます。@中正紀念堂

4月・5月・6月(春~夏)台北旅行の服装アドバイス

汀羅の大好きなシーズンです!まだ本格的な暑さではないので台北旅行ベストシーズンだと思っています。
汀羅は日本から友人が来るという時にはいつもこの時期をおすすめしてます。

5月頃からすでに真夏を感じる暑さで昼間は汗だくになりますが夜はグッと気温が下がって寒さを感じます。
そしてこの時期さらに雨が多くなり雷も長時間なったりします。

午後からだんだんと空が暗くなってきてどしゃ降りの雨が降る、というのがパターン化してきますが
日本のどしゃ降りの雨とはレベルが違うので、外は歩かず屋根のあるところやコンビニに避難します。

毎日かならず日傘&雨兼用の折りたたみ傘を携帯しています。
この時期から台北市では既に短パン&ビーサンで真夏の装いです!

台北でかかせないビーサンは雨に濡れても大丈夫という利点が大きい気がします。
台湾の雨ガッパはかなり簡易的でダッサイので日本からぜひおしゃれ雨ガッパを持ち込んで下さい。♥

台湾の真夏!日差しが強い、というよりは「太陽が近い」という感覚!(笑)@台電大楼

7月・8月・9月(超夏!)台北旅行の服装アドバイス

真夏です!!!殺人的な暑さです!!!いろんな対策をしてください!!!
天気予報では36度~38度ぐらいと日本でもよくみるような気温になっているのですが体感温度が日本と全く違います。

体感温度40度超え、湿度99%、あの桃園空港を降りたった瞬間のムッってくるやつは確実にこの湿気です。
台湾人の友人に聞いたのですが「恐らく湿度は100%だけど予報的には100%とは言えない」とのこと。(笑)

SPF50の日焼け止めを塗り、毎日日傘ですが普通にめっちゃ日焼けします。
台北ではいわゆる日本のような布の日傘ではなく、普通の折りたたみの雨傘を日傘と兼用するので
日本から折りたたみの雨傘をひとつ持ってくれば大丈夫です。

すぐに汗をかいて激しく洗濯機をまわすことになるのでお洗濯に強い素材のお洋服や下着が良いと思います。
汀羅は布帛のお洋服、繊細な高級下着などは基本台北には持ってきません。

そして台風にご注意を!

台湾の台風は日本の台風よりもはるかに強く驚異的、大木が飛んでいったりポストが曲がったりするほど危険です。

台風の日はテレビや政府のホームページで学校や会社が休みになると告知され基本全てがお休み状態。
なのにその日、台風が来なくてみんなで映画に行くというのが台湾スタイルのお楽しみでもあります。♥

汀羅も自宅のベランダが吹き飛ばされるんじゃないかという恐怖を台北市にて数回経験済み。(笑)

台北で過ごすクリスマスもとっても楽しいです。サンタさん何人いるの?(笑)@Revolver Taipei

10月・11月・12月(秋~冬)台北旅行の服装アドバイス

もう冬なのに・・・・まだまだ暑さを感じます!(笑)
汀羅的には11月頃から冬服がほしいわ~♥て感じになりますが12月でも30度あったりもします。

年末101のカウントダウンはコートは着ていましたが内側はかなり軽装で、足元は裸足にスリッポンでした。
もし日本で大晦日に数時間外で過ごしたなら本当に寒くて大変だと思いますが
台北にその寒さの辛さは全くありませんでしたのでめっちゃカウントダウン楽しめます!

ユニクロのライトダウン的なダウンジャケットやマフラー、ニット帽など台湾人たちも冬服を着ますが
やはり冬でも足元はビーサン!が台湾の冬の定番スタイルです。

さきほど4・5・6月が台北旅行ベストシーズンと書きましたがこの時期も台北旅行いいかもです!
台北で過ごすクリスマスや年末のカウントダウンは本当に楽しくておすすめ。

♥まとめ

汀羅は日本で思い描いてた台北で着るお洋服のイメージがあったのですが実際に台北に行ってみたら
使えないお洋服ばっかり持ってきていた!という困惑する事態になったので参考になればと記事にしてみました。

日本もそうなのですが温暖化の影響なのでしょうか、台北もここ数年は冬にみぞれが降る激寒になったり
かと思えば翌年にはとても温かい冬になったりと天候が安定していません。

くれぐれも体調管理にはお気をつけて、やはり日本で万全な準備をして台北に出発するのが良いと思います!

Sponsored Links

Taylor/汀羅

89,246 views

東京都出身。東京都渋谷区桑沢デザイン研究所卒業。商社にて海外アパレル商品輸入業務を担当、中国・香港・韓国を行き来する激務を経験。英語学習に挫折、中国語学習を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA