【中国世界遺産】自力で「万里の長城」へ行ったらまさかの満員電車状態で身動きできなくなる

北京/BEIJING

 

みなさま こんにちは。

 

冒頭の写真からどれだけ汀羅がこの夏をエンジョイしていたかおわかりいただけましたでしょうか。
またひとつ、海外で夢を叶えた!

「万里の長城」というこの巨大な計り知れない建造物は、英語で「The Great Wall」ですが
この言葉はものすごくでかい、とんでもないものに比喩されて使われることもある。

それで汀羅はずっと果てしない中国語学習を「The Great Wall」と例えたりしていた。
やってもやっても近づけない中国語はまさにGreat Wall!って思ったから。

 

 

ざっくりすぎて申し訳ない(笑)このピンクが万里の長城。

 

 

万里の長城は
人間がつくった世界最大の建造物。

 

万里の長城の全貌は一体いかほどなのかと調べしてみたのですが、もはやすごすぎてよくわからない。(笑)
中国大陸の西の果「嘉峪関」から韓国との国境近くまで続いているという。

 

 

北京北駅。「S2線」に乗って万里の長城のある「八達嶺駅」まで行きます。

 

一口で「万里の長城へ行く!」と言ってもいろいろな方法やコースがあります。
汀羅は観光客に一般的な万里の長城コース「八達嶺長城」に自力で行く方法を選びました。

万里の長城は先にも記したようにめちゃくちゃデカイので、
観光地として整備されていなかったり、崩落して荒らされている場所もたくさんあるそうです。

汀羅が今日ご紹介する手順でお金をかけずツアー&ガイドなしで自力で万里の長城を楽しめます。
ぜひ参考になさってみてくださいね。

 

それでは自力女子万里の長城へGO~!

 

♡こちらの記事もあわせてどうぞ!↓

 

Sponsored Links

北京市内から特急列車「S2線」で「八達嶺」まで行く!

 

北京北駅より約1時間、片道6元(約100円)で「八達嶺」へ到着!

S2線は特急列車で特に事前にチケットなど購入する必要はなく、中国のスイカ「イーカートン」で
そのままピッ!って入場、乗車できるのでとってもラクです。

そして何よりも早くて安い!

北京北駅をAM9:02発、八達嶺駅にAM10:15到着
朝万里の長城へ行って、夕方には北京市内へ戻ってくることが可能なので数日滞在の旅行でも充分に
万里の長城をスケジュールに組み込むことができるのではないでしょうか。

ただしこのS2線、指定席がないので席の奪い合いが発生(笑)そして超超大混雑します。
行きも帰りも大変な思いをしたので、この点を考えるとタクシーやツアー参加も良い方法かと思います!

 

※北京北駅の位置はこちらの地図で確認してくださいね!↓

 

 

北京北駅で撮影したS2線の時刻表。

 

ここでご注意!⚠2018年9月2日追記

現在「S2線」の乗車は鉄道工事により北京北駅ではなく黄土店駅からの発着となっているようです。
この工事には数年間かかるとのことですが、黄土店駅は北京北駅よりももっと遠く、
工事が終了次第また北京北駅からの発着に戻るのではないか?と汀羅は勝手に思っているのですが…

※ご出発の際には現地の最新情報をご自身でご確認ください!

 

 

※黄土店駅の位置はこちらの地図で確認してくださいね!↓

 

 

万里の長城&ロープウェイのチケットを購入する!

 

万里チケット大人1枚40元(約650円)ロープウェイ片道1枚80元(約1280円)

行きはロープウェイで行って帰りは自力徒歩で下山してくる方法を選びました。
もちろんロープウェイに乗らずに行きも帰りも自力でもOKです。

汀羅的には万里の長城は混雑して日陰も全くなく、疲れ果ててしまったので行きロープウェイ推奨します。
予想以上に疲れ果てたのでロープウェイはおすすめ!

チケット購入の窓口では任意・有料の「保険加入」もありました。
てゆーか万里の長城よりもロープウェイの方が料金高いのがちょっと驚きです。

 

※八達嶺長城の位置はこちらの地図で確認してくださいね!↓

Sponsored Links

 

ロープウェイで八達嶺長城まで一気に登る!

 

どんどん上がる!もう目の前に万里の長城が広がるよ!

中国に来てからよく思っているのですが電車とが並ぶ列が、大体日本だと2列とかだと思うんですが
中国だと大体4~6列ぐらい(笑)並ぶというか、なんとなく集まる的な感じです。

やっぱりとにかくどこに行っても人が多いんです!

それからロープウェイは「8人乗り」と表記してあったのですがめっちゃテキトーな乗車で
汀羅が乗ったのは4人でした。(笑)いや、全然問題ないので大丈夫なんですが車内衝撃が走ってましたね。

 

♡こちらの記事もあわせてどうぞ!↓

 

ついに念願の「万里の長城」へ到達!

 

ようやく到達した万里の長城!が、しかしなんじゃこりゃ~

ロープウェイを下りて少し歩けばもうあの万里の長城へ到達できます。
マジでロープウェイありがとうだよ(泣)

北京ではほぼ見ることのない青空がここでは広がっていました。本当に美しい!
特に天気予報を見てきたわけではないのですが良いお天気の日にこないとこれはかなり最悪です。

それにしても暑い!!!
日陰がもちろん全く何一つないです。女子のみなさまは日焼け&日差し対策絶対必要。

そして転げ落ちそうなぐらい急!!!
こりゃ汀羅ちょっとなめてました。もっとフル装備で挑むべきでした。

だけどやっぱりここまで来るとものすごい感動がこみ上げてきますね。
ちょっと鳥肌ものの壮大さです。

 

 

全くもって進まない(笑)

 

 

なんじゃこりゃ!!!!

 

これは本当に驚きました!

万里の長城ってこんなに満員電車状態に混雑しているんですね!
全く列は進んでおらずかなりヤバイ状態になってます。(汗)

 

 

すごい人でしょーーーー

 

 

完全牛歩。www

 

 

全く前に進んでいない、進んでいる感を感じない。
そして本当にめちゃくちゃ暑い!!!なんか太陽が近い、焼け死にそう・・・アカン~

 

 

 

転げ落ちそうな急なところで必死に足プルプル状態で立っている汀羅(笑)
じつは暑さと疲労でボロッボロのボロ雑巾状態で撮影した渾身の1枚。

 

Sponsored Links

徒歩で下山。中国の山々は本当に美しい!

 

汀羅は昔よりずっと若い時よりもずっと今のほうが自分で見たい、自力で体感したいと強く思うようになった。
しかもそれを自分の力で、できるだけ人に頼らずにやりたいと思っている。

それでそんな感じで日本を飛び出して台北市にひとり居住しているわけなのですが
どうしてこんなにも遠い場所に行ってみたいと思うのか、違う国に行ってみたいと思うのか、

実は自分でもよくわかりません。

 

 

♡こちらの記事もあわせてどうぞ!↓

 

 

下山してからもいろんなお楽しみがある!

 

お食事、記念撮影、お土産、万里の長城証明書などなど

徒歩で地上まで帰ってくるのですがこれがまたものすごく疲れます!
下りだから大丈夫~なんて思ってたらソッコーで足プルプル状態になります。

途中休憩したりしないとダメな感じでした。だから持ち物などもよく考えたほうが良いです。
帽子や水、登山できる靴、バックはリュックか斜めがけで、汗ふきタオル&汗ふきシートも必要。

お食事のできるレストランやファストフードが以外にいろいろありました。
疲れてお腹も空いたのでソッコーでごはんいただきます!

 

 

なぜかタダでもらえる「中国八達嶺長城好漢証書」もらってきた

万里の長城のチケットを買う時にこの「中国八達嶺長城好漢証書」のチケットもくれたのですが
もらったときは一体何の意味か全くわからなかったのですがこの証書がもらえたり記念写真撮影できたりします。

万里の長城を下りたらこの証書がもらえるセンターに立ち寄ってみると全部やってくれます。

中国には「不到長城非好漢」万里の長城に行かないと一人前じゃない、万里の長城に行ってない奴は男じゃない、
みたいな言葉があるぐらい非常に大切なことなので「ちゃんと万里の長城登ったよ!」って証明書を
発行してくれるんですよね。これ面白い。

 

♡こちらの記事もあわせてどうぞ!↓

 

♥まとめ

万里の長城に関しては行きも帰りもとにかく書きたい事項が多すぎて、実は今まで何度も記事を書いている
のですが未だに上手くまとめ上げることができてません。(笑)

汀羅はいろいろな準備を怠ってしまい現地で本当に後悔したのでみなさまは万全な準備でぜひ臨んで下さい。
持ち物など「ガチ登山」ぐらいの気持ちで行ったほうが良いと思ってます。

万里の長城に行くのは予想よりも遥かに簡単で時間もかかりませんでした。
ものすごく遠いイメージなのですが八達嶺長城ならきっと女子でも気軽に行くことができると思いますよ!

 

 

Sponsored Links

汀羅♥

4,947 views

東京都出身。商社にて海外アパレル商品輸入業務を担当し、女子であるにもかかわらず中国・香港・韓国出張へ死ぬほど飛ばされる激務を経験。 アメリカ人との英語学習に...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA