【台北女子飲み】Mikkeller Taipeiでクラフトビールと台湾伝統料理を@迪化街「米凱樂啤酒吧」

✈︎海外旅行

みなさま こんばんは。

台北で暮らすようになって驚いた事のひとつになんだか酒飲み文化が日本と全然違ってた、というのがある。日本だったら東京だったらお友達とお食事に行く=飲むという意味で、最初にビールとかカクテルとかオーダーして飲みながら食事って感じだけどそれが台湾にはない。

汀羅はご飯食べたいの?飲みたいの?

と台北で暮らすチリ人の友人に聞かれた時、汀羅はビビった。そういえば台湾人の友人も汀羅によく聞くな。まずは食べてきちんとお食事をしてから酒を飲みに行くという流れ。お食事してからクラブとかバーとかに行って飲むのが普通。

@士林夜市

クラフトビールブームに乗っかって、台北の女子飲み文化も変わりつつある。

そもそも台北では「女子会」とか「女子飲み」みたいな文化がないので汀羅みたいな「夜店的小姐(直訳するとクラブで遊んでる女子の意味)」は大概がクラブとか中正紀念堂のリボルバーとか古亭のバーとかで飲むことになる。

東京にいる時みたいにお買い物途中にサラッと飲むとかランチの途中にクイッと飲むとかができない。だけど最近ではそんな台北女子飲みできるスポットがチラチラと見え隠れしていてとても嬉しい。ソウルでもこのブームを感じた、きっと世の中はもっと女子飲み可能に、もっと軽く一杯ビールを飲む的なことが可能になるはず。

@士林夜市

昨日汀羅が士林夜市に行って撮ってきた画像。もうコンビニで飲んだりとか公園で飲んだりとかしなくてもいいんですよ、台北女子!(笑)夜市でもおしゃれにひとりでも軽く飲むことができるようなスポットができてます。

Sponsored Links

♥台湾の古い町並みが残る伝統的な街でデンマークのクラフトビールをいただく「Mikkeller Taipei」

No. 241 Nanjing West Road Datong District Taipei City台湾 

ミッケラーは中国語でこう書きます。→「米凱樂啤酒吧」www

ミッケラーは「米凱樂(ミィカイラ)」、「啤酒吧(ピィジョウバー)」は「ビールバー」の意味です。中国語ではこう表示されていますよ。

デンマークのおしゃれクラフトビール専門店が台北に、しかもこの迪化街ってゆー台北の激オサレspotにあって汀羅基本ひとり飲みしたいので本当に本当に嬉しいです。感謝♡

食べ物は定食&軽食がちょっとだけ。

東京にもあるの知らなかったので汀羅はまだ行ったことがないので日本に帰ったら絶対に行きたいと思います。ほかにもアジアに5店舗あるようなのですが詳細は不明。 Mikkeller Taipei FBはこちら。

このミッケラー台北のおしゃれ感は迪化街とゆー場所だからそれがさらに一層増し増しになり、さらに台湾料理と一緒にクラフトビールがいただけるというのはもちろんここMikkeller Taipeiだけだと思いますのでだから大変にオサレ貴重なお店とお見受けいたします。

とにかくおしゃれだよ。

タップは全部で24本!24種類のクラフトビールが楽しめます。

もうねぇ~メニュー見ても迷いまくって、全然決められないのでいろいろとお話しを聞きながらそれでどんどん試飲させていただけるのでもうガンガン飲めますから!

しかも汀羅今まで飲んだことがないようなビールばかりなのでとっても個性的なBeerたし、台北のここで味わえるなんてとても感動的でしかもひとりでじっくりいただきたい。台北女子旅で絶対におすすめのスポットです。

そういえばこんなにたくさんキレイに並んだタップは見たこと無いかも。そーいや初めてここ台北でクラフトビールバーを体験している汀羅嬢。

グラスも全部カワイイ!

台北でも女子ひとり飲み&おしゃれ飲みが楽しめるお店!

台湾には女子会とか女子飲みとか以前に基本酒を飲むその飲み方が日本と違っているから汀羅みたいに夜暗くなってくると飲みたいかなって人はけっこう困るんだけど、もうそんなのは昔の話で今はこーいったオサレBeer店がソウルみたいに本当に増えたのでひとりでも飲みたい時にいつでも飲めます。非常に快適になりました。

汀羅大好物の獅子頭の定食もある。

クラフトビールと一緒に台湾伝統料理もいただけます。

汀羅はここで軽いお食事をいただいて軽く酔っぱらってから夜市に行ってガッツリお夕飯をいただこうという計画ですのでだからやっぱりGuaBaoかな~♡
MikkellerのGuaBaoなんて超楽しみ!

yum! ♥

信義じゃなくて迪化街だかんね、Mikkellerのそのセンス最高。

もう本当に東京よりももうここはすごいんじゃないかなって汀羅思っています。やっぱり自分の故郷だし汀羅は基本東京は本当にすごい街だってここに勝てる場所なんかねぇっていつも思うけど、でもやっぱり台北はもういずれ東京なんかメじゃないほどにもっともっとすごくなっていくんじゃないだろうかってってゆーそんな予感をさせるような。

だってこんなにMikkeller×迪化街とかさ、こんな場所は他にはないでしょう?
東京の渋谷にMikkellerがあるのはなんとなくわかる、それは頷ける。だけどMikkellerが台北のしかも迪化街ってのはやっぱなんかスッゲーなって思うんです、ここか!って思うんだ。

♥なんと素敵な2階席。しかも汀羅たったひとりの贅沢空間だった!

だからやっぱり台北ではいつも早めのお食事を心がけるべき、と再認識する汀羅。2階は広々としてテーブル席がいっぱい。まさかの誰もいない貸切状態。毎日ワッサワサの台北生活ではなんとありがたい静かな空間。

窓の外にはレトロな台北の迪化街の町並みが、
広がってるこの不思議。

こちらのお席でいただきます 。

こんなに静かでこんなに贅沢な時間、台北市にだってあるんだ。

なんか今、ものすごくホッとしている。
台北市は本当に騒々しい街なのでだから楽しいけどだから疲れてしまうのでこーいった時間は絶対的に必要です。

グラスがなんと可愛いデザイン。窓の外は夕暮れ、夕焼けの台北市の風景。

Sponsored Links

台湾伝統ハンバーガー「 刈包 GUABAO」100元

汀羅のたまらん台湾料理のひとつ。汀羅宅の近所に有名なグアバオ店があるので学生の頃は毎日のようにいただいていた逸品。日本に帰ってくるとこれが食べたくて台北に帰りたくなる。

白くてふわっふわのパンに分厚い味しみしみのお肉が挟まれている。ふわふわの白いパンは甘めの味、ピーナッツの粉やパクチーがトッピングされていて甘くてしょっぱくてスパイシー感もある、なんとも複雑な激ウマ料理です。

ミッケラーのロゴ入りペーパーに挟まれている。なんともおしゃれ。

台北女子ひとり飲みは自分メンテナンスタイムとして活用している。

台北でやるべき事、日本でやるべき事。いろいろと整理しなきゃいけないけどでも計画を立てることができないから一日一日をやれることをやってきちんと過ごそうと思って、できることを一日一日やっていく以外今はできそうにないのでそうやってしばらく過ごそうと思います。

残りの時間は、台北で行きたい場所、
見たい場所、食べたいもの、会いたい人全部。

日本帰国後、まずは髪の毛、半分切ろう(汀羅の髪の毛今腰の辺り、Superロング中。)とりあえず頭切ってスッキリしてで何をやるかで何系の服装にするか決めよう、そんでまた死ぬほどお買い物しよう。

まずはそっから始めよう、
何事も見た目は大事だからな。


東京渋谷のミッケラーにもお邪魔してきました!そのブログ記事はこちら。

♥まとめ

日本のように女子会や女子飲み文化のない台湾ですが最近のクラフトビールブームに乗って台北でも女子がおしゃれに飲めるお店が増えてきています。台北女子旅でぜひ活用してください。ミッケラー台北ではクラフトビールと台湾伝統料理もいただける貴重なお店です。

Instagram グルメ コウラン伝 ショッピング ネタバレ ファッション ホテル 中国芸能界 于正 剣王朝 君、花海棠の紅にあらず 大唐見聞録 如懿伝(にょいでん) 日常 映画 最終回 歴史 瓔珞(エイラク) 観光 許凱(シュー・カイ) 韓国ドラマ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。