韓国ドラマ【梨泰院クラス】感想と登場人物・インスタ

♕中国ドラマ

みなさま こんばんは。

コロナな2020年本格的な年末に突入しようしようとしているこの11月。
超人気韓国ドラマ「梨泰院クラス」にばっくりとハマってしまった汀羅です。

やはり素直に人気の話題になっているドラマは見るべきだと思いました。
汀羅はもうこの「梨泰院クラス」の世界観から抜け出したくないって思ってる。(笑)

梨泰院(イテウォン)クラス
ITAEWON CLASS

2021年は汀羅、チョ・イソになる!(笑)♥

マジでそんなことを思ってしまい人に話されることが憚れるもはや奇行です。
最近はお洋服を買う時も「チョ・イソっぽいかどうか」で選んでいます。

幸いにも髪型はほとんど同じなので良かった、とか思ってる。(笑)
いつも通りドラマの役柄に入り込んで見てしまう汀羅。キム・ダミが演じるチョ・イソが本当に大好き!

汀羅にとってソウルは特別な場所。

台湾で暮らしている汀羅ですが実は一番渡航歴が多いのは韓国です。ソウルが本当に大好き。
「梨泰院(イテウォン)」は韓国ソウルにある街です。だから余計にグッときてしまったかも。

ということで本日は汀羅が激しくハマった韓国ドラマ「梨泰院クラス」全話の感想やキャストについて語りたいと思います。

まだ見ていないという方、見ようかどうかお悩みの方、おすすめです!♥

ドラマ「梨泰院クラス」登場人物・キャストが好きすぎる!

♥パク・セロイ
演じたのはパク・ソジュン(朴叙俊/박서준/Park Seo Jun)

汀羅はBTSのV君目的で見始めた韓国ドラマ「花朗(ファラン)」ですでにパク・ソジュンにキュン死してました。
さらに「ユン食堂」でもマジで惚れてました。だから梨泰院クラスだって絶対だったのに見るの遅すぎだよ汀羅!(汗)

この髪型はどうしちゃったのって気になってたんですが、この「いがぐり頭」が本当に良かった。もはやブランド。
いつも何か考えるたびに頭なでてたよね!パク・セロイは軍人のようでこの一直線の前髪もスタイルも全てが美しかった。

ドラマではチョ・イソがパク・セロイを愛していくんだけどこんな人がいたらきっと女子はみんな好きになってしまうんじゃないかな?
そして一番重要な見どころは彼の考え方・生き方です。

これから起業しようとする方や、今人生どん底と思っている方にきっと参考になると思います。
見ていると勇気がでます。やっぱりドラマは「人生の教科書」であると梨泰院クラスでも確信できた汀羅です。

♥チョ・イソ
演じたのはキム・ダミ(金多美/김다미/Kim Da Mi)

汀羅にとってキム・ダミは新人賞を総ナメにした人気若手女優というイメージだけで
実は第一印象は全くもって惹かれてはいなかったんです。
ドラマを見始めた頃も気持ちは同じで、でもドラマを見進めていくうちにどんどんハマっていきました。

梨泰院クラスはイケメン俳優たちよりもとにかくこのキム・ダミが演じるチョ・イソにぞっこんになった汀羅です。
それは多分チョ・イソの性格とか生き方にものすごく心から共感したからだと思ってる。

イソは自分に嘘をつかない。
いつだって自分に正直に生きてる。

チョ・イソは人生なんてどうでもいいって感じのインフルエンサーで適当に生きている風なんだけど
恋愛も仕事も絶対に諦めないものすごく情熱的で力を発揮していきます。
そして男にも女にも誰にも媚びない強い自立した女子です。

チョ・イソはまさに汀羅の理想にぴったりだったんですよね。
そんな女子の姿を描いたドラマは今までなかった気がするので
今この梨泰院クラスを見たってことも何か運命的なことなのかな?とか思ってしまうほど。

汀羅は絶対にイソにはセロイと幸せになって欲しかった。
セロイは絶対にスアと一緒にならないで欲しいとずっと願っていたからハッピーエンドで本当に嬉しかったんです。

Sponsored Links

♥チャン・グンウォン
演じたのはアン・ボヒョン(安普贤/안보현/Ahn Bo Hyun)

張家はとにかく悪しかないのでグンウォンも本当に極悪非道の超ワルでした。
だけど汀羅はアン・ボヒョン本当に好きな俳優さんです。

ドラマ「彼女の私生活」のウンギ役を演じてらっしゃいましたよね?♥
ボヒョンのお顔、すんごく好きです。もうめちゃめちゃ悪でしたけどパク・セロイと同じぐらい大好きでした。

グンウォンは途中で改心するのではないかと善人に生まれ変わるのではないかと期待してましたが無かったですね。(笑)
グンウォンがいつも素敵なスーツ姿なのでファッションを見るのも楽しみでした。

グンウォンはスアだが好きだったから一緒になっちゃいなよ!って思ってみていたんだけどそれもなかった。
セロイの正義とグンウォンの悪のこの対比がものすごく素晴らしかったと思います。


♥オ・スア
演じたのはクォン・ナラ(权娜拉/Kwon NaRa)

アイドル出身のクォン・ナラが演じるスア。スアは本当に最初から大嫌いな役でした。(笑)
セロイを弄んでるようにしか見えないし、そもそもなんで張家で仕事してベンツなんか乗っちゃってんのって本当にいけ好かない女なんですよ。

最後までセロイがイソなのかスアとくっつくのかわからないストーリーだったので
もしスアと一緒になったら絶対イヤだなとハラハラしながら見ていました。

だけどスアが張家で仕事をしていたのは内部告発が目的で、
セロイのお父さんに大学の学費を「3倍にして返します。」って約束していたからだったんですよね。
それを見て汀羅ものすごくスッキリしました。

自分のお店をオープンしてシェフに応募してきたイケメンに胸キュンするスアの最後は「おおおぉお~♥」って感じでした。
ぜひセロイ以外の人とスアも幸せになっていただきたいと思います。

♥チャン・テヒ
演じたのはユ・ジェミョン(刘在明)

張家の会長テヒ!もう超悪ですよ!ここ最近見たドラマの中でここまでの悪はいなかったかも?
てゆーかもうお顔が怖すぎて本当にエゲツなかったです。

花朗(ファラン)でもお見かけしていましたが全くもって役柄が違っていて最初は同じ方だとはわかりませんでした。
それだけやはり実力派・演技はという貫禄を感じます。

テヒは印象に残っているシーンがたくさんあります。
息子グンウォンにニワトリを殺させるシーン、半沢直樹のような土下座シーン、あのめっちゃ恐怖の笑い方などなど。

顔も超怖いんだけどなんか着てる服も超怖い!(笑)
着物のような高そうな偉い人が着る服?あれがめっちゃ怖かった汀羅です。

「梨泰院クラス」忘れられない強烈&号泣シーンTOP3!

№1♥イソの号泣告白シーン

梨泰院クラスの中で汀羅イチオシのシーンがこれです!もちろん汀羅超号泣。
イソはずっとセロイのことが好きだったんだけどこの時初めてセロイに自分の気持ちを本気で全部伝えます。

イソは仕事ができるセロイの部下という感じでセロイは全然受け入れないんですよ。
いつも強気で自立しているイソなのにこの時は本当に泣いて泣いて可愛い女の子なんだなって思いました。

とにかくキム・ダミの演技、本当に素晴らしかった。自然で普通の女の子にしか見えなかったんです。
このシーンに共感する女子はきっと多いはず!

№2♥セロイが生死をさまよい三途の川で父に会うシーン

このシーンは超、超号泣です。ティッシュを箱ごと用意した方が良い。
恐らくそこは三途の川でセロイの死んだ父パク・ソンヨルは一緒に行こうと誘います。

その橋を渡ればもう苦しまない、夜ひとり悩むこともないと父は言いますが
セロイは仲間のいる場所へ戻りたいと自分で決断し父と別れます。

てゆーか思い出しただけでも泣きそう!(泣)セロイもその場で号泣します。
もうお父さんのシーンはほぼ全部泣けるのでこのお顔をみただけでも泣けるわ!(笑)

№3♥テヒが息子グンウォンに素手でニワトリを殺させるシーン

これはやばかったでしょう!(笑)
グンウォンは嫌がるんですがテヒが「殺せ」と強要してニワトリを素手で殺させます。

そのニワトリをセロイだと思え!ってどんな父親だよって感じです。
で、グンウォンは「うおぉお~」って叫びながら鶏を殺します。すごすぎでした。

土下座、下剋上。TBSドラマ半沢直樹と共通要素多数。

半沢好きの方はきっと楽しめると思います。

最近のドラマは中国も日本も韓国も共通してるなと思うのがこれです。

どん底から這い上がっていく、正義が悪を成敗する。
これはやはり永遠のテーマなのでしょうか。

梨泰院クラスにも土下座シーンがあるんですよね。
中卒で犯罪歴のあるセロイが飲食業界のトップに躍り出る下剋上で
最後にはライバル会社に勝ちます。

また梨泰院クラスには「生きろ」というメッセージも強く感じました。
これはほかの韓国ドラマでも最近よく見るコンセプトです。

何もない人生どん底状態でも諦めずに強く生きる。
セロイもイソもその生き方を選びます。見ていて勇気が出るし気持ちよかった。

TBSドラマ半沢直樹は汀羅が最近唯一見た日本のドラマですが
ぶっちゃけ半沢より数倍梨泰院クラスの方が楽しめました。
韓流嫌いという方もいらっしゃるようなんですがぜひ一度見ていただきたいなと思います。

ドラマは「人生の教科書」ですから!♥

ドラマを通じてなんと学びの多いことか。

最近本当によくこのことを思うんですよ。
ドラマはただ見て楽しむだけじゃなくて学ぶことがいっぱいあるんですよね。

歴史
生き様
語学
ファッション
戦略


恋愛

もちろんその学びが得られないドラマもあります。
汀羅のブログでは汀羅がドラマから学んだたくさんのことを文章にしています。

自分はこうなりたい、こうなりたくないとかドラマを見ながら考えます。
自分ならこう選択するなとか、こいつは絶対に嫌だなとか。

梨泰院クラスも本当に学びが多いドラマでした。
だって汀羅「チョ・イソになりたい!」とか言っちゃってるぐらいだから(笑)

それは可愛いとかおしゃれとかってことだけじゃなくその生き様とか選択を
自分にも取り入れていきたいという気持ちです。

こんな2020年だからこそ今ひとりじっくりドラマに没頭して人生考えたいなって思っています。
ドラマって素晴らしいです!

Sponsored Links

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA