【台湾九份】台北市内から自力&格安バスで九份まで行く方法!

TAIWAN

♥2018年11月8日追記・修正済み

 

みなさま おはようございます。

相変わらず台北市から外に出ていない汀羅です。
日本からSIL子嬢が台北に遊びに来ているのでそれでようやく汀羅あの有名な
「九份(ジョウフェン)」に行くことになりました!やった~♥

台湾の友人にその事を話したら

 

九份は暑い、混んでる、超遠い。
てゆーか行くの??щ(゚Д゚щ)

 

という、予想外の不評を買っているのですが(笑)それだけこの観光スポットはすごいってことだよね。
ジブリ「千と千尋の神隠し」の舞台になった場所ということで特に日本人は行きたいって思うスポット。

九份に行く方法はタクシー、電車、バスなどいくつか方法はあるのですが
汀羅一行は「忠考復興駅」から公共のバス「客運(クーユン)」に乗って行く方法を選びました。
予想以上に簡単でコスパ良しだったのでその模様をレポートしてみたいと思います!

 

Sponsored Links

MRT「忠考復興駅」から「九份老街」までバスで行く!

バス料金は101元(約400円)約1時間半で九份老街へ到着!

九份まで行くバスなのですが乗車料金やバス停がころころ変わっているようなんです。(汗)
以前は料金90元で行けたのですが調べてみると値上がりしていました。

なので汀羅はこのバス「基隆汽車客運」の公式ホームページでその都度直接確認するのがベストかと
思いましたので下記にそのホームページの見方をまとめてみました!

 

忠考復興駅から九份老街までいくバスは「1062金瓜石」行きのバスです。
ですのでこの路線の情報を見てください。

↓ここでバスの路線図、時刻表、バス料金の全てが調べられダウンロードも可能。
料金などが改定になった場合にもこちらのホームページに掲載されます。

「基隆汽車客運」ホームページTOP

 

※九份の位置はこちらの地図で確認してくださいね!↓

 

1.1062金瓜石行きバスの路線図 

左上「捷運忠考復興站」が出発する「忠考復興駅」のこと、下車するのは左下「九份老街」です。
ピンクの矢印は「上り」青の矢印は「下り」の意味。

路線バスなので忠考復興駅を出発して途中いろいろなバス停に到着するのですが所要約1時間半。
ここで注目したいのが途中で停車するバス停「松山車站」と「瑞芳火車站」!

 

「松山車站」で下車すれば
「饒河夜市(ラオフーイェシ)」に
寄ることができるし、
「瑞芳火車站」で下車すれば台北まで電車で帰ってくることも可能。

こんな素敵な方法もあるので有効にこのバスを活用してみてください~。

 

2.バスの離発着時刻表

なんか細かすぎてめっちゃわかりにくがなっ(汗)

忠考復興駅発→【平日】6:55~21:30 【休日】7:10~20:55
金瓜石発→【平日】6:00~21:30  【休日】6:30~21:30

ラッシュ時は15分~20分間隔、ラッシュ時以外は20分~30分間隔でバスは来ます。
時刻表の時間の頭に「瑞」とついているのは「瑞芳」行きなので九份老街に行くには「金瓜石」行き
のバスに乗車してくださいね。

 

3.降りるバス停により支払う料金は異なる

路線バスなので行き先によって支払う料金は異なる仕組みで日本と同じです。

表の上に書いてある年号「107年」ですがこれは台湾の年号「民国」の年号で、日本の「平成」
みたいな感じだね。民国元年は西暦1912年なので民国107年は「西暦2018年」のことだよ!

「全票(チュエンピャオ)」は大人料金、「半票(バンピャオ)」は子供料金です。
このバスはもちろん台湾版スイカ「悠遊卡」が使えるので往復で200元以上のチャージをしておこう。

Sponsored Links

 

MRT忠考復興駅から九份老街まで行くバスの乗り方

バス停は忠考復興駅2番出口の目の前!

2番出口から出てすぐ目の前にバス停があります。
バス停には上の画像のような標識があって人が集まっているのですぐにわかるかと思います。
てゆーか日本人がめっちゃいます。(笑)

日本の路線バスと同じようにバスの表側にも「1062金瓜石行き」という表示がされているので確認してね。
乗車するときとバスを降りる時、両方「悠遊卡」をタッチします。
バスに乗車したら運転手さんに行き先の「九份(ジョウフェン)」と伝えてカードをもらいます。

 

このカードは特にピッってするものではなくて客数をカウントしているだけのものなので
バスを下車する時に運転手さんに返却すればOK。

九份老街まで約1時間半の乗車です。汀羅は問題なくお席に座れました。
台湾のバスは運転がけっこう激しめなので車間距離ないし、ギュルギュルとものすごい音がするけど
乗り心地なかなか快適だったので汀羅は爆睡してましたよ~。

 

バスはどんどん山の方に上がっていきます。バスの中からも素晴らしい景色が見れました!

 

九份は予想以上の大混雑!芋洗い&パニック状態www

九份老街を歩く!たくさんのお土産ショップや台湾グルメあり!

ものすごい人なので歩くのも困難な状態。(笑)こんなに九份ってすごいの?!
やっぱり台湾の友人たちが言ってただけあるわ~

しかもものすんごく暑いです!トイレもちゃんとあったので良かったのですが
あまりにも大混雑で暑いし、着替えとかタオルとかウェットティッシュなど用意した方が良いかも。

台湾の伝統的な食べ物がたくさんあってすごく美味しかったのでぜひいろいろ食べてみてね。

 

こちらは台湾の昔ながらのスイーツ「花生捲冰淇淋」です!九份老街の名物!
クレープの中にタロイモアイスやピーナッツ、パクチーが入ってる汀羅大好きの一品。

 

九份老街を抜けて、どんどん山の上に登っていくよ!

九份は台湾の海側に位置しているので山の上の方に行くと九份老街を見下ろしながら
海の風景も楽しめます。昼も夜も絶景のスポットで夜には花火が上がりました!

九份はかつて金を発掘する鉱山として栄えた街で、新北市瑞芳区位置しています。
清朝時代にこの辺りの村には9つの家族が住んでいたからだから「九份」という名がついたそう。

そのうちに金の発掘がなくなって九份の街は廃れてしまったんだけど、
今は観光地として忙しい現代人がここに来て癒やされる、ってのが売りですがあまりの混雑に
リラックスとは程遠いかも…(汗)

 

九份老街はあまりにも大混雑でヤバすぎ、暑すぎなので汀羅一行はどんどん山の上へ。
山の上の方は混雑もなくて景色も良く涼しい風が吹いていた!

 

九份の山の上の方には「昭霊廟」というお寺があります。ここで絶景を眺めながら
日が落ちるのを待ちました。このあたりにはホテルもあるし、住んでいる地元住民の方もいます。
なんだかたやたらと猫や犬もいる(笑)癒し系スポットです。

 

台湾の緑も夏の空も本当に美しいので感動的でした。

 

帰りのバスは超大混雑、パニック状態!(汗)
あまりにも長蛇の列でみんなバスで台北まで帰ろうとするんだけど1時間半立ちはキツイから
みんな座りたくて本当にヤバイんだよね。

行きはかなりスイスイですが帰りは確実にパニックです。タクシーの乗り合いみたいな客引きもいっぱい来ます。
なので冒頭で紹介したようにバスを「松山」や「瑞芳」などで途中下車する方法はアリかと思います!

 

まとめ

汀羅が初めて九份老街に行った様子をまとめてみました!
とても素晴らしい観光スポットなのですがやはり混雑と暑さで相当体力奪われます。(笑)

なのでできるだけ持ち物など準備して行った方が良いと思います。
タクシーや電車でも九份老街に行くことが出来ますが今回は自力でかなり低コストの方法で行ってみました。

帰りの混雑っぷりが本当に恐ろしかったので次回は別の方法を考えたいと思っています。(汗)

 

Sponsored Links

汀羅♥TAYLOR

東京都出身。渋谷区桑沢デザイン研究所卒業。中国語&日本語の自力バイリンガル大人女子。 商社にて海外アパレル商品輸入業務を担当、中国・香港・韓国を激しく行き来...

プロフィール