2019-11-02

【foodrepublic】台北の古い町並みをイメージしたおしゃれフードコート!「大食代」@大直

みなさま おはようございます。

台湾と日本を行ったり来たりする人生も今年2019年で7年目、もうすぐ2020年になったら8年目を迎える汀羅(@Taylor_Blogg)です。

こんなに台湾にいるのに、毎日毎日台北で美味しいものを食べているのに、台湾の食に対する探究心が全く止まらない。

デパートで高級な小籠包を食べても良いし、夜市でローカルな屋台料理をいただくのも良し。台湾料理でも日本食でも食べたい時に食べたいものをいただく。

美味しいものを自由にいただけるこの台湾スタイルが汀羅はすごく気に入っている。今日は何系にいこうかなって毎日考えます。

大直へは文湖線「劍南路」駅で下車!

今日は汀羅が「どうしてもっと注目されないのか?」と不思議でならない台北のエリア「大直(ダージィ)」、そんでこれまた 「どうしてもっと注目されないのか??」と不思議でならない台北 のおしゃれフードコート「foodrepublic大食代」をご紹介したいと思います!

№1♥台北中心部からちょっとだけ離れた「大直」へ。巨大ショッピングモールなど広々ゆったりエリア!

文湖線「劍南路」駅

MRTでサクッと移動! 駅前に広がるショッピングエリアは来ないと損。

台北中心部からちょっと移動しただけでこんなに広々ゆったりになるんだな~と実感できるエリアです。 文湖線「劍南路」駅 で下車、駅からすぐ目の前にショッピングエリアが広がりますのでアクセスもとても良い。

ショッピングモール、映画館、観覧車、スーパーカルフール、ATT4FUN、ホテル、タワーマンション、などが駅からすぐの場所にあります。台北中心部のような人混みや渋滞を感じることがなくとてもゆったり過ごせるエリアなのでおすすめ。

汀羅がよく利用する3スポット

大直の主要見どころ3スポットをご紹介。かなり使えます!

①巨大ショッピングモール「美麗華(Miramar)」映画館にフードコート、観覧車もある!

「劍南路」 駅前すぐ

ブランドショップ、ブランドコスメはもちろんユニクロや無印など日本ブランドも入っている巨大ショッピングモール。地下のフードコート、レストラン街も充実の内容でおすすめです。

台北中心部のデパートと比べるともかなり巨大感あり。映画館や観覧車に乗れることで有名。とっても可愛いメリーゴーランドもあって子供も遊べる施設。

②地元民にも旅行者にも大人気のスーパー「家楽福(Carrefour)」こちら大直店も巨大でおすすめ!

巨大すぎ~(汗)

西門町にもあるスーパー「カルフール」ですがここ大直にもあります。とても巨大なカルフールで中には汀羅が大好きな「餐食天堂」というビュッフェレストランも入っている。今日ご紹介するフードコート「大食代」はこちらの建物の1階にあります。

西門店同様にお土産に日本に持って帰りたいと思うアイテムが勢揃いしていたり、台北に住んでいる方は日用品や家電も購入可能です。後日こちらのカルフール大直店について詳しくブログしたいと思います!

③信義のATTとは全く違った新しいコンセプトの大直「ATT4Recharge」

2018年末にオープン

台北のATT4FUNと言えば101近くにある信義のATTを真っ先に思い浮かべるのですが、昨年末に全く違った新しいコンセプトでここ大直にもATTが出現しました。

店内はかなり広々としてスポーツブランド、おしゃれ雑貨、ナチュラル志向のレストランなど信義店とは全然違ってる~住宅街でもあるここ大直というエリアならではのATTです。家族連れや子供が多いのも特徴。

№2♥昔の台湾の町並みをイメージした装飾がおしゃれすぎるフードコート「大食代」

カルフール大直1階にあります。

台北ひとり旅でお食事に困ったらここに来ればOKです!

以前汀羅の友人が言っていた「ひとりで海外に行くとお食事が困るんだよね~」って言葉が未だに忘れられないのですが、なぜなら汀羅がそのようなことを思ったことが今まで1回もないから。

だけど最近汀羅が思うのは、汀羅は女子ひとり飲みできる台北のおしゃれカフェとかバーを見つけることが大変に嬉しいのですが、でももしかしたら

それって、汀羅だけ?(汗)

やっぱり日本女子のみなさまは、海外でひとり食事するとか、海外でひとりで飲み歩くとかそんなことはもしかしたら皆無なのかも…と思ってきたここ最近。台北では屋台でもレストランでもどこでもひとり飯OKですが、もしそーゆーの苦手ならこちらのフードコートを利用してみてはいかがでしょうか?♥

とても楽しい店内はにぎやかです!

60年前の台北の町並みをイメージしたフードコート。凝ったデザインは必見。

フードコート内の装飾は昔の台湾の懐かしいイメージでデザインされていて、フードコートとアミューズメントパークが一体になったような雰囲気でとても楽しい。お店ひとつひとつもかなり凝ったデザインになっているので必見。

日本だと昭和35年頃。

可愛い撮影スポットがいっぱい!

フードコートなのですが、撮影目的でここに来ても良いかも…と思うぐらい可愛い写真がいっぱい撮影できそうです。しかも台湾の古い町並みのイメージなので台湾旅行インスタに大活躍間違なしのスポット。

フードコート内にはたくさんのレストランが入っていますが、台湾伝統料理のお店が多いので旅行者の方や観光などでおすすめのフードコートです。台北中心部のデパートの地下にあるフードコートより断然広くて楽しめます。

どんなショップがあるかぜひこちらの動画で確認してね♥↓

好きなお店で食べたいものを先に購入、好きなお席でいただくスタイル。台湾伝統料理も洋食も和食もカレーなどもあります。価格は大体デパートの地下のフードコートと同じぐらいで1食200元(約750円)前後。

Sponsored Links
「まずかったらお金はいりません」と書いてある!

ベトナム料理の屋台。豚肉のフォーは130元。美味しそう~

いろんなお席があります。

床が花布のタイル張りになっていておしゃれ!

ファミリーなどかなりリラックス雰囲気。

好きなものを先にお店で購入。お料理が出来上がるとブルブル鳴る機械を渡してくれるので、お好きな席に座って待ちます。

撮影スポットがたくさん!

写真を撮りたいスポットが多すぎるので結局動画を撮った汀羅ですが。おしゃれで可愛い台湾の撮影スポットがいっぱいです。

突如出現!(笑)

1階フードコートの入り口脇付近にはドラッグストアWATSONSもある!

沏座 chizuo

台中の有名なフルーツティーショップ。こちらも1階入り口脇にあります。

№3♥今日の晩ごはんは「麻油鶏」とビーフン炒めの定食!180元(約650円)

また汀羅、韓国人でしょう?と言われる。

台湾で日常的にいただく薬膳料理「麻油鶏(マーヨウジー)」

台北の街を歩いているとこの「麻油鶏」のお店は本当によく見かける。台湾では非常にポピュラーな体に良いとされているお料理で、夜市でもお店があります。

地獄のようにアツアツに煮込んだ鍋料理なので冬場によく食すものですが、1年中いただくことが可能。「ソウルでいただく参鶏湯の台湾版」と汀羅が認識している食べ物です。

ご飯もありますが汀羅は絶対に麺!

しょうが、クコの実、骨付き鶏肉、米酒で地獄のように熱く煮る!

麻油鶏の作り方。

①ごま油で厚切りの生姜を炒める。

②下茹でした骨付き鶏肉を一緒に炒める。

③米酒一瓶丸ごと注ぎ、ファイヤーする。(※マジで着火する。)

④さらに生姜とクコの実を投入。

⑤アルコールを飛ばすぐらい煮込んだらOK!

キターーーーー
こちらが麻油鶏!

骨付き鶏肉

鶏肉は骨付きです。けっこうな大きめの骨付きなので食べる時に注意。思いっきり噛んだりすると歯が危険です。お肉はスープから小皿に出して、お醤油や辛いソースなどをつけて別でいただくと食べやすい。

これは生姜ですが
台湾の野菜は基本巨大。

今夜これから飲みに行くので、体的にプラマイゼロ?www

体を温める効果があるので、胃腸や内蔵に良いとされている台湾の薬膳料理です。日常的にいただくものですが、通常のお料理とは味付けが違います。

が、美味しいのかと聞かれると非常に微妙な味で、
もしかしたら日本人のお口には合わない?

この巨大な厚切り生姜ままるで舞茸のようなんだけど、これも汀羅は食べます。どちらかというと肉が食べきれなかったり骨が多すぎたりする。

スープは熱いうちに全部飲む。アルコールは飛んでいると思いますがお酒の味がかなりしますので注意です。このスープの中に麺を入れてもらうことも可能。

ルーロウファンなどもあります。

麻油鶏+炒米粉セット 180元(約650円)

ということで、本日の汀羅の晩ごはんはこちらの定食セットです。なんと体に良いメニューなのだ!画像右上の「青菜(チンツァイ)」は茹でた野菜を味付けしたもので、こちらも非常にポピュラーな台湾のおかずです。

青菜(チンツァイ)

台湾人の友人が日本に来た時に「日本のレストランには青菜がない」と怒ってました。(笑)そのぐらい台湾ではポピュラーですが日本だと本当に食べないね!

汀羅は日本にいる時、青い野菜を全然食べないとかよく親に怒られて育ちましたが今汀羅おとなになって台湾で青い野菜食べてます。

炒米粉(チャオミーフェン)

台湾にはたくさんの麺料理がありますが、汀羅はこれが本当に大好きで見ると必ず注文してしまう逸品。安くて美味い!

正香麻油鶏@大食代

今回汀羅がいただいたお店はこちらです。

麻油鶏だけでなくオアゼンやダンズメン、排骨などの台湾料理もいただるお店ですおすすめです!

「foodrepublic 大食代」

104台北市中山區樂群三路218號
文湖線「劍南路」駅  3番出口 徒歩5分
※大きなカルフールの建物の1階

11:00~22:00 無休

♥まとめ

台北には美味しい食べ物がたくさんありますが、お食事時は大混乱の大パニックになるのが台湾生活です。ゆっくり静かに座っていただきたい時に来るおしゃれなフードコートをご紹介します。台北一人旅や女子旅でぜひ利用してみて下さい!可愛い撮影スポットもたくさんあります。

Sponsored Links
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA