中国ドラマ【如懿伝】撮影記録ドキュメンタリー「同行壹心」感想・撮影秘話

♕中国ドラマ

みなさま こんにちは。

本日はドラマ「如懿伝(にょいでん)」と同じ2018年に中国で公開された如懿伝撮影ドキュメンタリー「同行壹心(トンハンイーシン)」30分×全10話の感想を語っていきたいと思います。

同行壹心はドラマ「如懿伝」の製作舞台裏を撮影したドキュメンタリーで、出演した俳優陣はもちろん監督、制作、衣装、歴史考証など如懿伝に関わったたくさんの人が登場します。

もう、如懿伝はTVの前で正座で見ます!🙇‍♀️💗

よくぞここまで素晴らしく美しい芸術作品を制作できたなと本当に感心します。関わった全ての人が長い年月と心血を掛けて制作したドラマです。このドキュメンタリーを見て、ひとつひとつのシーンの衣装やセットや小道具などもっと目を凝らして見ていかなければと思いました。

同行壹心の中で語られていた制作秘話、如懿伝は何を我々に伝えたかったのか?など汀羅の感想を元にまとめていきたいと思います。それでは一緒に見ていきましょう~!

♥如懿伝撮影ドキュメンタリー「同行壹心」とは?

〈参照〉豆瓣電影:https://movie.douban.com/subject/30328747/?tag=%E7%BA%AA%E5%BD%95%E7%89%87&from=gaia_video

如懿伝の撮影・制作現場の長編ドキュメンタリー

通常ドキュメンタリー番組というと90分とか120分番組?というイメージですが「同行壹心 如懿伝紀事」は30分×10話と連続しています!如懿伝は全87話ですが実はもっともっと長かったものを編集したと言われており、撮影には8~9ヶ月を要した歴史大作です。総勢2000名あまりの俳優が出演しています。

スタッフ陣ももちろんすごいことになっています!歴史考証には故宮博物館や歴史学者の先生たちが顧問として参加しており、所作・礼儀指導の先生も数名います。衣装はひとつひとつが刺繍され手作りであり、非常に厳しく細かく制作されたものです。如懿伝に登場する宮廷料理もきちんと食べられるシェフが現場でつくったものです!

本編ドラマよりも豆瓣では評価が高い9.2

〈参照〉豆瓣電影:https://movie.douban.com/subject/30328747/?tag=%E7%BA%AA%E5%BD%95%E7%89%87&from=gaia_video

同行壹心はドラマ「如懿伝」よりも評価が高い作品です。なぜここまで素晴らしい作品が出来上がったのかということがこのドキュメンタリーを見るとわかります。脚本には4年の年月がかかっており、何度も話し合い修正して出来上がったものです。撮影前には歴史の先生による清朝の暮らしや芸術、所作などの講義が度々開かれまるで大学?のようで俳優や制作陣のみなさまが勉強する姿もありました。

このドキュメンタリーには出演した俳優以外に監督の「汪俊」制作の「黄澜」原作・脚本の「流潋紫」も登場し、それぞれの如懿伝に込める想いを語ります。黄澜はドラマ「女医明妃伝」の撮影が終わった際に乾隆帝を演じた俳優「ウォレス・フォ」に如懿伝に出てほしいと話したのだそう。ウォレスは快諾し配役が決まりました。

♥ドラマ「如懿伝」は何を伝えたいのか?

ドラマ「如懿伝」は何を伝えたかったのか、何を描いてるのかという問いに対して監督の「汪俊」や主人公の如懿を演じた女優「周迅」など数名の方が語っています。汪俊は「如懿伝は挽歌(※ばんか=死者を哀悼する歌)である」と言っていますが、みなさま共通していたのは「皇帝夫婦の結婚」と「映像の芸術」です。

完全にすれ違っていき死別する皇帝(乾隆帝)と皇后(如懿)の紫禁城における婚姻。それにまつわる美しい衣装やセットや美術品など。それこがそこのドラマ「如懿伝」の見どころです。皇帝夫婦ではありますがひとりの男と女の感情のすれ違いを描いていると周迅は語っています。

Sponsored Links

♥出演者が明かした撮影秘話が可愛い!

〈参照〉白蕊姬を演じた何泓姗です!💕

■撮影現場ではあだ名で呼び合っていた。私は「白蕊姬」だったので「白切姬(バイチェチィ)」と呼ばれていた。高晞月は「月月(ユエユエ)」海蘭は「蘭蘭(ランラン)」乾隆帝は「上上(シャンシャン)」と呼びあっていた。(談:白蕊姬を演じた何泓姗)

■セリフが難しくて覚えられずに泣いた。夜友達に電話したら涙が止まらなくなった。とてもプレッシャーを感じていた。(談:衛嬿婉を演じた李純)

■撮影時間が長くずっと宮中にいるので宮中の言葉使いが抜けなくなった。友達に電話しても阿箬の言葉で話していた。(談:阿箬を演じた曾一萱)

■現場にはありとあらゆるおやつが置いてあった。(談:海蘭を演じたチャン・チュンニン)

■セリフがとても難しかった。常在や貴人など同じ人物が昇格して呼称が変わるため混乱した。(談:富察皇后を演じた董洁)

■クランクアップしてほとんどの人が泣いていたが、私は「もう悪人を演じなくていいんだ!」とやっと終わったと思った。(談:衛嬿婉を演じた李純)

■衣装もかつらもとても重く、宮中は規則も厳しい。だから撮影後に紫禁城の外でみんなに会いたい。(談:金玉妍を演じた辛芷蕾)

■衣装がとても素晴らしかった。これを着ると本当に皇太后になった気分で紫禁城にいると思えた。(談:皇太后ニオフルを演じた邬君梅)

■撮影は8~9ヶ月に及んだ。とても長い時間を一緒に過ごしたのでみんな家族のようだった。(談:乾隆帝を演じたウォレス・フォ)

♥まとめ

如懿伝ドキュメンタリー「同行壹心 如懿伝紀事」を見るとどれだけ如懿伝が素晴らしい作品かがわかります。汀羅が予想していた「如懿には専属スタイリストが絶対いるはず」という見解は正解でした!たくさんの衣装製作やスタイリストの方がいますがその中に周迅衣装担当の方がいらっしゃいました。🙌如懿伝は歴史考証や考察も素晴らしいです。まさに俳優陣と制作陣が「同行壹心」となり制作した作品。清朝後宮の傑作ドラマだと思います。

汀羅♥TAYLOR

1,075,373 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。