• HOME
  • ブログ
  • 中国ドラマ
  • 邦題「瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」に于正が失笑?中国と日本タイトルの違い

邦題「瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」に于正が失笑?中国と日本タイトルの違い

中国ドラマ

みなさま こんばんは。

最近ゆっくり中国ドラマを見られていない汀羅なのですが相変わらず
中文サイト&SNSは鬼のように検索しています。

先日とても興味深い于正氏のインスタグラム投稿を見つけました。
その内容をぜひみなさまにお伝えしたいと思います。

こちらがそのインスタグラム。
于正氏のアカウントです。

于正氏コメント:
「日本人が〈延禧攻略〉を〈瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~〉に変えてる。マジで?」

そして中国網友のみなさまも
「マジ?」
「本当だ!」
「超うける!」
「なんで于正先生が知らないの?」
「事前に許可を取らないの?」
など中文でコメントを返信されています。

日本と中国この温度差。

海外ドラマの邦題をどのように決定しているのかということは汀羅にはわからないのですが
このコメントを見る限り于正氏は日本のタイトルを知らずに驚いているということがわかります。

会社の中でそーいったことは于正氏以外のスタッフの方が担当しているのかもしれないし
そもそもドラマ瓔珞は世界90カ国に放送権利を売ったと言われているので
そのすべての海外タイトルを把握することは難しいと思うのですが。

このインスタ投稿から汀羅、ものすごくいろいろな事を考えてしまいました。
ひとつひとつまとめていきますね!


中国国内は微博、日本と韓国に向けての発信はインスタ

みなさまご存知かと思うのですが中国には日本のようなSNSやインスタ文化がなく
有名人でもインスタのアカウントを開設していなかったり更新しない方は多いです。

インスタに投稿されたとしても基本文章はすべて中国語で読めないし見ていても反応がかなり薄いです。
微博は人気の投稿だといいねやコメントが数十万単位で寄せられるので中国国内向けなら確実に微博に投稿すると思います。

中国有名俳優や女優、モデルなどのインスタを見ると投稿が本当に少ないし微博に比べてコメントや情報はほんの少しです。
于正氏のインスタももっとアップしてほしいのですがとても少ないです!

Sponsored Links

インスタよりもやはり中国で主流なのは微博でもうすべての情報やアカウントが存在しているという感じ。
于正氏のSNSを見ていると発信したい国によって微博かインスタか使い分けているようです。

先日勃発した新ドラマ「尚食」についての衣装が韓服ではないかという論争では
最初は微博で始まりましたが最終的には韓国へ向けてのインスタのメッセージに切り替えています。

なのでこの投稿は完全に日本に向けてインスタを使用して発信されたものだと思っている汀羅です。

中国語で「真的假的!」は「マジで!ウソだろ?!」という意味

インスタのコメントの最後「真的假的!」は日常的に超よく使う言葉です。
日本語の「マジで!?」と同じで老若男女たくさんの人が普段口にします。

汀羅も台湾でこの言葉を良く使って耳にしていましたがこの言葉の印象からすると
「ウソだろ?!」的な驚きとか焦りみたいなものを感じます。
于正氏はなぜこの邦題タイトルになったのかよくわからないという感じで中国勢のみなさまの返信コメントも同じ印象です。

実は汀羅も常々このブログの中で言っているのですが日本の中国古装ドラマのタイトルが
なんでこのタイトルなの?なんでこんなに長いの?って思うことがよくありました。

笑死了!
超うける!

とか言われちゃってます。中国のみなさまからするとかなりの違和感があるのでしょう。
でもその理由はやはり日本語と中国語の違いと文化の違いだと思うんです!


中国オリジナルタイトル「延禧攻略」の意味とは?

汀羅の個人的な解釈になってしまうかもしれないのですがご了承下さい。
ドラマ瓔珞には原作となった小説があってそのタイトルは「延禧攻略」です。

中国ではそのままのタイトルを使用しているんですよね。
インスタの返信コメントの中にも「中国は4文字なんですけど(笑)」というコメントがありました。

「延禧(イェンシィ)」は瓔珞の身分が高くなり与えられる部屋の名前です。
富察皇后は「長春宮(チャンチュンゴン)」高貴妃は「儲秀宮(チュウシュウゴン)」でした。

「攻略(ゴンルエ)」は中国語で攻めて打ち勝つ、策略などの意味があります。
なので延禧宮(瓔珞)の策略とか戦略とかそういった意味だと汀羅は思っています。

この「宮」は紫禁城の中のひとつの組織で会社のような仕組みだなとドラマを見ていて興味深いです。
権力があれば大勢のスタッフを抱え身分が低くなるとスタッフ全員が冷遇されていきます。

その宮に仕えるもの全員が浮き沈みのある宮中の生活を共にしていくんですよね。
瓔珞や皇后など会社の社長やチームリーダーみたいなものでみんなを導いていく責任もあります。

この「宮」や「延禧」を理解してドラマを見ようという判断に我々日本人は直結してきません。
意味がよく理解できないので長い説明文にしないといけないんじゃないかなと思いました。

1文字で理解できる中国語に対し日本語は説明文にしないとわからない

汀羅は今のところ中国語検定2級とHSK5級を取得し台湾留学も含めるとかなりたくさんの中国語の試験を今までに経験しました。
中国語を勉強していていつも思うのが「1文字の重み」です。

中国語はもちろんすべてが漢字で表記されます。
日本のようにひらがな、かたかなとか一切なくダダーーーと全部漢字が並びます。

このたった1文字の漢字がわかるかわからないかで試験の問題が解けるか解けないかということが多々有りました。

中国語では「延禧攻略」ってたった4文字でもなんとなく意味はわかるんだけど日本語だとそうはいかないと思うんです。
よくわからないタイトルにしても誰もドラマを見たいと思わないですよね。

なので邦題はものすごく長い文章になってしまうんだと思います。
特に古装歴史ドラマは現代劇と違って解釈が本当に難しいというのもあると思います。

中国オリジナルタイトルと日本のタイトルを比較

中国オリジナルタイトル日本語タイトル
延禧攻略瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~
金枝玉叶金枝玉葉 ~新たな王妃となりし者~
唐传大唐見聞録 皇国への使者
甄嬛伝宮廷の諍い女
武媚娘传奇武則天 -The Empress-
芈月传ミーユエ 王朝を照らす月
皓镧传コウラン伝
錦繡未央王女未央-BIOU-
三生三世十里桃花永遠の桃花~三生三世~
步步惊心宮廷女官 若曦

こう見ると瓔珞がぶっちぎりで長いタイトルなんですね(笑)
「招揺」とか「扶揺」とかそのままのタイトルもありますよね。

日本で公開されていない作品の日本語タイトルを考えてみた(笑)

♥こちらの記事で現在撮影中の于正ドラマをご紹介しています。

まだ中国でも日本でも公開されていない3作品の日本語タイトルを勝手に考えてみました。(爆)
実際やってみるとこれ、ものすごく難しいです!やはり名付けのプロフェッショナルな方がいらっしゃるはずですね。

「尚食」
宮廷女官ズージン~美食を追求する少女~

「当家主母」
刺繍工房に捧げる歌~ツゥイシィの挑戦~

「玉楼春」
少春の舞い~愛と復讐の家~

ウケる!これこそ笑死了だっつーの!でも自分で考えるのすごく楽しい。(笑)
恐らくこの3作品の中に数年後日本で公開されるものがあると思います。

どんなタイトルになるのか楽しみです!
汀羅のタイトルはなんだか全然見てみたいって思わないですね。(笑)

Sponsored Links

汀羅♥TAYLOR

265,370 views

東京都出身。中国語と中国ドラマを愛する自力バイリンガル女子。華流ドラマ歴10年以上。中国語検定2級とHSK5級を取得しています。お仕事で中国・香港・韓国滞在...

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA