【瓔珞・コウラン伝】低評価に于正が謝罪?人気ドラマ中国国内の本当の評価

♕中国ドラマ

みなさま おはようございます。

これは汀羅の持論ですが中国はランキング大国です。なんでもかんでも人物も商品も歴史もニュースもすべてがランキングされ評価されます。

その理由は単にランキング好き?というのもあると思うんだけど人も物も事柄もすべての情報が大量に溢れすぎていてランキングにしないと整理できないんじゃないかと思っています。

日本にも視聴率とかランキングはありますけど
その量も評価の仕方も中国の方が凄まじいです。

アイドル、俳優、ドラマ、音楽、小説、ゲームなどランキングを見て判断することが多いです。とにかくたくさんのランキングが日々更新されサイトも様々でそれぞれが独自に集計しているため評価が異なっていることも多いです。

もちろん中国ドラマ業界は
日々評価重視です。

我々見る側だけでなく制作側もとくにこの視聴者による評価に注目していて星が何個ついているかということにものすごく左右されます。本日は日本で人気の于正ドラマ「エイラク」や「コウラン伝」が実際に中国でどのような評価なのかを一緒に見ていきましょう~!♥

「瓔珞(エイラク)」「コウラン伝」中国国内での評価

〈参照〉豆瓣热门电视剧https://movie.douban.com/tv/#!type=tv&tag=%E7%83%AD%E9%97%A8&sort=recommend&page_limit=20&page_start=0

ぶっちゃけコウラン伝の評価はかなり低め。

こちらは本日汀羅が豆瓣で確認したドラマ瓔珞とコウラン伝の評価です。星の部分の数字を見ていただきたいのですが中国ではこのようにドラマが評価されています。

コウラン伝は4.8、瓔珞は7.2。この評価は日々上がったり下がったりもします。一般的に評価7~8以上が良いドラマ、おもしろいドラマとされています。古装ドラマは現代劇より全体的に評価が低いです。現代劇のほうが遥かに評価は高いので古装で評価7以上なら十分にヒットしているとも言われています。

エイラク猫眼では8.1の評価なのに豆瓣では7
この結果を受けて微博で謝罪する于正氏。

みなさまもご存知のとおりドラマ瓔珞は世界的にヒットしており放送権を世界90カ国に売ったと言われています。その売上総額は3億元、広告収入は2億元、日本円にすると約80億円?ぐらいの大ヒットになりました。

いやいや、全然謝罪の必要ないでしょう!って思うんですが。

あくまでもこれは最終的な結果でここに至るまではかなり苦戦していたようです。いかにドラマの評価にみんなが左右されているのかって話です。評価は7以上と悪くはないはずなのに于正氏は微博で謝罪のコメントをしています。

〈参照〉于正微博https://www.weibo.com/yuzheng?topnav=1&wvr=6&topsug=1&is_all=1

微博には猫眼の評価のスクショも一緒にアップされていて「今日豆瓣の評価を見たらやはりとても悪いです。私はドラマ製作に関わったすべてのみなさまにお詫びを言いたいです。」とかなり本気の謝罪の意を述べています。

Sponsored Links

しかしこの微博投稿の後に評価は7以下に下がってしまいまた若干ネットで叩かれてそして現在は7.2という評価になっています。いかにこの星の評価がドラマ製作に影響しているかということがわかります。

どのような評価であっても努力するだけ、と于正氏はコメントしているんですが日々ものすごいプレッシャーと戦っているはずです。

ドラマの人気や評価を上げるために日々微博で情報を公開

瓔珞は現在7以上の評価ですが放送開始直後は低評価であり于正氏は日々微博にドラマ瓔珞に登場する文化遺産や衣装製作の舞台裏などを公開して地道に営業していたと報道されています。

制作側しか知らない舞台裏をチラ見せ。

こちらは昨日の于正氏の投稿です。現在撮影中のドラマ「当家主母」の舞台セットの画像などをアップしてますね。こうやって公開前から俳優のオフショットや劇中の画像をチラ見せしていって人気を高めたり視聴者の興味を引きます。

ドラマは製作が決まると微博にそのドラマの公式アカウントをつくることが多いです。そして公式アカウントや出演している俳優、制作陣が微博にドラマ情報を投稿していきます。

なので中国ではドラマが公開される前、もっと言うとクランク・イン前からその作品が大きな話題を呼ぶことが多く炎上したりもします。

日本だとフェイスブック、インスタグラム、Twitterで日本だけでなく海外の情報もリアタイで知ることができるのにやっぱり中国は微博なので違っているんですよね。日本にほとんど中国ドラマのリアタイ情報が入ってこないのはこのためかと思います。


Sponsored Links

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA