【台北観光】世界で最も美しい図書館にランクインした「北投図書館」で過ごす

TAIWAN


みなさま こんにちは。

温泉で有名な台湾の観光地「北投(ベイトウ)」なんですが、温泉じゃなくて他の楽しみ方いろいろあるよ、汀羅的楽しみ方を自分なりに探してそれを目的として北投へ来ています。

@ 臺北市立圖書館北投分館

本日の汀羅のお目当てはココ♥

台北市にはたくさん図書館がある。大安森林公園には台北市立図書館があってご近所の汀州路とかにも分館の小さな市立図書館がある。この図書館も台北市立図書館の分館なのですが、ここ北投分館が他の図書館と違うのはFlavorwire.com (アメリカ)が選ぶ「世界で最も美しい図書館ランキング25」にランクイン、他にも国内外の数々の建築賞を受賞しているってところ。

Sponsored Links

♥台湾の深い緑に囲まれた美しすぎる台北市立図書館北投分館

台湾て、やっぱり美しいって思う瞬間。

新北投駅の目の前、北投公園内にある北投図書館は深い緑に囲まれてる。南国の台湾の美しい緑の中にあって本当に感動します。森林浴も読書も楽しめる、あの台北のワサワサ感一切なし、でも北投はMRTでアクセス抜群すぐに来れる場所だよ。

♥臺北市立圖書館北投分館
最寄り駅:MRT信義淡水線 新北駅下車
駅前の「北投公園」敷地内にあります。
日曜・月曜: 09:00 – 17:00
火曜~土曜: 08:30 – 21:00

図書館の中から北投公園を見下ろした景色。

台湾の緑は本当に美しい。日本では見たことない南国の植物いっぱい。汀羅いつも思いますが台湾はハワイみたいな感じすごくある。

北投図書館の屋根は太陽光発電システム、および雨水を再利用するなど節電や節水に努めているほか再利用木材を使用するなど環境汚染などにも配慮した建築物。ただ自然の中にあるだけじゃないんだ。

♥森林浴&読書。ゆっくり考え事をする北投図書館の時間

美しい。

北投図書館は地下1階~地上2階建ての総面積650坪。広々とした図書館で読書はもちろんテラス席で森林浴もできちゃう。汀羅の家の近所にも図書館あるし、台湾大学の図書館もすごく素敵なのですが休日早起きしてここに来る、ゆっくり過ごす休日。今日はこれからのことをいろいろと考えたいというのがあったので。

図書館の内装ももちろん美しいです。木材ベースの落ち着いたカラー。

Sponsored Links
日本作家小説の中国語バージョンは大好物。

台湾にいるとき日本の動画をよく見ています。お部屋でYOUTUBE再生しっぱなしとかにしてる。日本にいたら絶対見ないのになぜか台湾では食い入るように見てしまう。それはなんだか安心感というか懐かしさというか山崎豊子作品はいろんなドラマで見て汀羅はファンです。唐沢さんのドラマ「不毛地帯」なんて大の大好物。

しかも中国語ということで片っ端から読みたくなるので汀羅は台北で本当によく図書館にいるのですが来ると大体1日がかりになることが多いので最近は朝から気合を入れて図書館にやってきます。

♥最高のテラス席で台湾の空と緑。

ここが汀羅一番のお気に入りスポット♥

ここで本読んだりスマホいじったりしてもいいんですが、汀羅は何もしないでこのベンチで2時間ぐらいひたすらボーーーーーっとしてる。この過ごし方おすすめです。台湾はワッサワサなのでここで一度立ち止まって振り返ってゆっくりする時間大事。

ずっとストレッチしてるお兄さん…

ベンチに座って見えるこの景色、汀羅が何時間もここでボーっとしたのは汀羅の今後についてです。今朝ママとスカイプで話す時間があったのでちょっとだけ話した。

日本の雑誌も読めます。装苑とか久しぶりだから!おしゃれだよ!

いつも思う、だから台湾が好き。こんな時間は日本では絶対過ごせないから。

それでいつもこの空と緑の美しさに泣きそう。
なんでこんなに感動すんの?

素敵な写真がいっぱい撮れるので台湾のみなさまも撮影しまくりの様子。

きっとここ北投図書館はメジャーな観光スポットではないはず。もし北投に来たのなら温泉とかあるし台北中心部の行くべき見るべきところいっぱいあるんだろうから、でも汀羅はこの場所大好き、おすすめしたいよ。


♥まとめ

北投は遠いイメージがあるのですが台北中心部からMRTでさくっと来れます。そして緑が多くたくさんの見所がある素敵なスポットです。汀羅は北投図書館でゆっくり過ごす時間おすすめです。

Sponsored Links

汀羅♥TAYLOR

東京都出身。渋谷区桑沢デザイン研究所卒業。中国語&日本語の自力バイリンガル大人女子。 商社にて海外アパレル商品輸入業務を担当、中国・香港・韓国を激しく行き来...

プロフィール