2019-10-25

【台北ホテルビュッフェ】101を見ながら最高に素敵な朝ごはん@W台北「The Kitchen Table」

みなさま おはようございます。

日本にいる時まったく重要視していない「朝ごはん」なのに、台湾にいると朝ごはんをどうするか問題を毎日考えている。それも台湾生活の楽しみのひとつ。自炊ゼロ生活の台北では朝ごはんを作るとか、朝ごはんを買っておくとか汀羅は絶対にしない。

だってもう手に負えないぐらい台北には朝ごはんのバリエーションがあるから!

@HOTEL W TAIPEI

今朝はここ市政府駅直結のラグジュアリーホテル「W台北」で朝食をいただきます。豆乳やダンビンなどの台湾の伝統的な朝ごはんも大好きです、サンドイッチとミルクティーの台湾定番朝ごはんも大好きです。

でもキラキララグジュアリー信義区W台北も大好き。♥

窓から見える101、プールがある屋外のテラス席、おしゃれすぎるバー、どこを切り取っても最高に美しいW台北の10階。そこにあるカジュアルダイニング「The Kitchen Table」で朝食ビュッフェをいただきます!

№1♥予約不要。ホテルの宿泊客以外も利用可能。朝食は6:30~10:30

W台北の10階です。

カジュアルにホテルの朝食ビュッフェを楽しめる 「The Kitchen Table」

W台北は信義区にある非常にラグジュアリーなホテルなのですが、カジュアルに楽しめます。お茶やお酒を飲みに来たり、お食事したりと気軽に使ってOK。このホテルのデザイン、台北の信義区にあること、超インターナショナルでアーバン!全てが大好きなのでかなりの頻度で汀羅はここにいます。(笑)

イエローベースの店内

朝食は予約不可。平日の早めの時間がおすすめです。

こちらの「The Kitchen Table」 は朝食、ランチ、ディナーと使用できますが朝食ビュッフェは予約不可。直接お店に行きます。週末や朝9時前後は混雑が予想されますので平日の早めの時間がおすすめ。営業時間や予約の詳細はこちらの記事を御覧ください。♥

とっても居心地が良いレストランなので
できるだけゆっくり利用するのがおすすめです。

№2♥窓から見える101!プールサイドのテラス席でも朝食がいただける。

最高に気持ち良い席!

お天気の良い日はテラス席が素敵です。ここ台北か?!って思うほど台湾のあのワーワー感を感じない。(笑)プールサイドでまるでリゾート気分です。マジハワイかバリ島感覚です。ただしランチは良いが朝食はビュッフェなのでちょっとお席が遠いかも。

屋上庭園のようなフロア。

も~全部がいちいちおしゃれすぎ!♥

全てが美しくデザインされているWです。
奥に見えるのが101!
みんなかなりラフで来てます。
チラ見せ101♥

店内も大きいテーブル席やソファー席などいろいろなタイプのお席があります。希望があればスタッフの方に言って下さい。Wではとにかく自分の欲しい物ややりたいこと、要望をどんどん伝えてOK。

№3♥台湾料理も和食もあり!パンもオムレツもフルーツも全部堪能したい。

おいなりさんとお寿司。

台湾料理、日本料理、香港点心、アメリカンスタイルも全部いただける。

見て下さいよ、このミックス感。(笑)これはやっぱり台湾ならではの朝食ビュッフェかと思うんですよ。メインはお粥だけど甘いマフィンも、お寿司も中華料理も一度にいただきます。最高でしょ?

Sponsored Links
パンだけでも収拾がつかない。
南瓜とクコの実のお粥をいただきました。
お粥のトッピングもこんなに。
饅頭や葱油餅などの台湾朝ごはんも。
香港点心もいっぱいある~
牛肉麺コーナーでは好きな具をいれてもらえる。
台湾コーナーだけでもうお腹が(笑)
Butter milk pancake
パンケーキはバターミルク味とチョコ味
パンケーキとベーコンの朝食が大好き。
カロリーを気にしつつもこのでっかいソーセージもいく。
日本製造TIGER!
白いご飯ももちろんあり。
和食コーナーも充実のラインナップ。
納豆や大根おろしまである日本食の朝食。
海外でいただく日本のお出汁の味は
けっこうグッとくるのでおすすめ。
メインのお料理も美味しい。
ビール飲みたくなる…
汀羅盛りin W TAIPEI
OMELET STATION
ここで好きなオムレツを作ってもらいます。
汀羅はチーズとベーコンをセレクト。
フレッシュジュースも超充実のラインナップ。
Cheese Bar!
とにかく数時間かけて食べまくるしかね~
超可愛い!あったかほわほわ。
スタッフの方がお席まで焼きたてを持ってきてくれます。
中は甘いとろとろ角切りリンゴ!
もちろん食後のアイスもね。
台湾の巴樂は汀羅の大好きなフルーツ。
固い梨のような食感がくせになる。
そんでストローはここWでも紙製。
ほぼ9割型外国人が利用。
超多国籍なレストランです。

№4♥料金はお一人様880元+サービス料10%=約3500円。これ、とってもお安い!

何もかもが特別なW製。

お飲み物をいろいろオーダーしても料金が加算されていなかった。

汀羅は温かい烏龍茶が飲みたいとか冷たいカフェオレが飲みたいとか、凍頂烏龍茶にしてとか、スタッフの方に伝えてお席まで持ってきていただいていたのですが、お会計を見たらそのお飲み物の料金は一切加算されていませんでした。

だから総合して考えると、このロケーションと充実のビュッフェ内容でこのお値段はものすごくお安いと思ったんだよね。汀羅はもっとお高いと思っていたのでびっくりでした。次回はランチで利用してみたいと思います!

ウェットティッシュまでW製(泣)

♥The Kitchen Table (ホテルW台北10階 )

朝食ビュッフェ 06:30~10:30
ランチ 12:00~14:30
ディナー 18:00~21:30

※朝食ビュッフェは予約不可。ランチ、ディナーは予約可能。日本からの予約方法はこちらの記事を参考にして下さい。

W台北のフードセールスマネージャーから送ってもらった
料金表です。ぜひ参考にしてください!

W TAIPEI HOTEL
台北市忠孝東路5段10号
MRT「市政府」駅2番出口下車徒歩1分

♥まとめ

台湾には美味しい朝ごはんがいっぱいあるので毎日何を食べるのか考えるのが楽しい。今日は信義区にあるラグジュアリーホテル「W台北」の朝食ビュッフェをいただきます!台湾料理も和食も洋食も香港点心もすべていただけます。超インターナショナルでアーバンなカジュアルダイニングレストラン。

Sponsored Links
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA