【台北から桃園空港へ】桃園空港行きMRTには「北門駅」の地下道から行くのが一番便利です!

TAIWAN

みなさま こんにちは。

台北市では緑の「松山新店線」大電大楼の居住している汀羅です。
最近はかなり頻繁に迪化街に出没しているので北門の駅に来ることが多いのですが、
それでようやく気が付きました。

この駅から桃園機場捷運に乗れます、しかもここは

 

広くて全然人がいなくて
桃園空港行きMRT乗り場まですぐつく!

 

こんな便利な方法、今まで見逃してたんですね~(汗)
今回日本に帰国する際に実際にこの方法で乗ってみようと思うので下見して来ました!

Sponsored Links

桃園空港行きMRTの路線図を見てみよう!

「桃園機場捷運」桃園空港行きMRTの路線図

中国語でMRTは「捷運(ジエユン)」外国人はみんな「MRT」てゆーけど台湾人は「ジエユン」ね!
桃園空港行きMRTは台北車站から空港までの路線。

 

北門駅と空港行きMRT台北駅は
地下道でつながってるぞ!(屮゚Д゚)屮カモォォォン

 

通常はMRTの他の路線かタクシーかなんかでこの空港行きMRTの台北駅まで行くんだと思いますが
汀羅はこの緑の「松山新店線」エリアに居住しているため北門使うと超便利!

みなさまのお住いの地域やホテルがどちらに位置しているのかという問題にもよりますが
もしMRTで移動して台北駅で空港行きMRTに乗り換えするなら北門からが非常に簡単でラクです。

 

広々キレイで人少ない!動く歩道で約5分空港行き台北駅へ!

MRT「北門駅」が桃園空港行きMRT台北駅に最も行きやすい駅

北門駅は新しい駅でとっても綺麗です。しかも普段から人の往来が非常に少ない駅なので
こんなに広々してるんです。エレベーター&動く歩道もあって移動がとっても楽チン。

あまりないかもしれませんがもしスーツケース持って台北車站で空港行きMRTに乗り換えしようとすると
めちゃめちゃ大変です。台北車站は人が多くて大混雑、階段などの移動も複雑なので。(泣)

 

北門駅を下りるといたる所に空港行きMRT乗り場へのお知らせが出ているので安心。
そもそも移動はもう改札出て右に曲がってすぐなので難しくはないのですが。

 

台北MRTのエレベーターは基本的にお年寄りや子供、体の不自由な方のものですが
スーツケースなどの大荷物の場合はエレベーター利用してOKです!

 

Sponsored Links

ここから動く歩道を歩いていくともう桃園空港行きMRT台北駅に到着です!
めっちゃ簡単でしょう~

 

あっちゅうまに桃園空港行きMRT乗り場に着きました!
この駅の構内も広々きれいで移動が楽チンです。

 

美しいビビアンがお出迎え!♥

 

北門駅構内の「台北城古跡」をぜひご覧に!

かつての「台北城」の古跡が残されている貴重な「北門駅」

北門駅の構内には台北城の跡が残されていて展示されているので明らかに他のMRTの駅と違う。
改札口を出たところにも台北城の歴史の展示があるのでぜひ見て欲しい。

台北城は1904年に台湾総督府により城壁の大部分が撤去され僅かに4つの城門が残るのみとなり、
実質的に20年間しか存在しなかった。

戦後、残された城門は中華民国の一級古蹟に指定され、台北府城(北門、小南門、東門、南門)と称されている。
あの門、あの四つの門!いっつもいっつも汀羅は横を通り過ぎていたじゃないか!

北門駅は駅の構内で遺跡が見られる。歴史的な文献なども展示されていて博物館じゃないのに
ただ駅を通るだけで台北市の歴史を知ることができるんだよ。

 

北門駅を建設した際に発見された台北城の跡が見れる。

 

松山線の北門駅は台北城の北門から由来し命名されました。
北門はまたの名を「承思門」といい現在も残る台北城の城門です、と書いてある。

 

これを見るためだけに北門の駅に行ってもいいと思います。
これは構内にあるので駅の出口を出なくても見ることができるのでこれだけ見て、
じっくり見てまたMRTに乗ったらいいです。

 

まとめ

MRT北門駅はいつ行っても人がいなくて閑散としているんですが、なのでスーツケースなど
を持って桃園空港へ移動する場合かなりのストレスフリーで快適です。

台北車站は非常に大きなターミナル駅で出口ひとつ間違えると地獄になる可能性あり。
北門駅には台北城の古跡も残されている実はとっても貴重な駅なのでぜひ利用してみて下さい。

Sponsored Links

汀羅

18,043 views

東京都出身。商社にて海外アパレル商品輸入業務を担当、中国・香港・韓国出張の激務を経験。英語学習に挫折、中国語学習を開始。中国語愛が止まらず2014年国立台湾...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA