2019-10-19

【台湾マニア】サクッと行けるひとり旅気分♥台北プチトリップ穴場おすすめ#3スポット

みなさま こんばんは。

台湾にいます、台北にいます。とにかく台北から一歩も出ない汀羅です。台北中心部のMRTやタクシーで移動できる範囲内で生きている。そこから出ることがないのは、台北で全てが完璧に満たされているからです。

だけどそんな俺も、
旅に出たいと思うことがある。

だからちょっといつもよりも、ほんのちょっとだけMRTに長く乗って移動してみる。いつも行かない方向へ歩いてみる。長距離列車にも高速バスにも乗らない、だけど完璧ひとり旅気分。汀羅的台北プチトリップ。

@林家花園

美しいものが見たい。とにかく台湾の美しいものが死ぬほど見たい。

日本から台北にプチトリップしようよ♪という企画じゃないです。台北から台北へプチトリップする話です。出発地点は台北、目的地も台北。汀羅はいつもこの台北プチトリップをひとりで楽しんでいる。そんなに遠くに行ってないのに帰ってくると台北帰ってきたど~!♡って気持ちになるのはなぜなんだろう。

出発地点は台北、目的地も台北。

ぜひ女子ひとりで行ってみてよ、汀羅みたいに大好きな音楽を聞きながらだよ。完全に別世界、全部忘れる。ものすごい台湾の、ものすごい美しさを見届ける。台湾で過ごす静かな時間ももっと楽しんでほしい。

混雑もない、日本人もいない。ヘタしたら汀羅だけ?

今日ご紹介する場所は穴場です。あの台北のワーワー感は皆無です。ここで日本人に遭遇したことがないです。いるのかもしれないけど、基本あんまり人いないからわからない。観光客が押し寄せてる感はない。だからおすすめです。

#1♥台湾一の富豪が築いた大豪邸!美しい伝統様式「林家花園」

美しすぎてクラクラする。

伝統的な様式の歴史的建築物&庭園はまるでTDL!

中国大陸から台湾に渡った超大富豪「林家」が新北市板橋区エリアに造った豪邸が残されており、見学可能。劇場、池、動物園、洞窟、橋、これが家なのか?!という盛りだくさんの内容で当時の林家がどれだけ凄かったのかが伺える。

ここが普通の民家だったというのが驚き。

花園とは家のお庭の意味ですが、ただの庭じゃない。その中にはたくさんの伝統建築物がある。細部まで完璧にデザインされていて大変に美しく、全てに意味がある。まるでTDLのような感覚。汀羅はこの中にいる時、当時の人々がここでどう暮らしていたのかと想像すると鳥肌が立つ感じがしたんだよね。

ここで演劇や音楽などもやっていたという。

美しい、マジで美しすぎる林家花園。今では朽ち果てて色あせているような部分もあるけれど、当時はどれだけ色鮮やかだっただろうかと思うとまた鳥肌。台湾の昔のお洋服や髪型大好き、その様式の人たちが実際にここにいると想像してみる。なんと美しい世界!

林家花園(リンジャーファーユェン)
國定古蹟林本源園邸 公式ホームページはこちら♥

新北市板橋區西門街9號
MRT府中駅1番出口から徒歩15分

毎日9時~17時 見学可能
入場料80元(約300円)

#2♥昔の居住区がアーティストヴィレッジとしてリノベ「寶藏巖(バオツァンイン)」

その昔、貧しい人々が手作りした居住区。

騒がしい表通りから少し入っただけで、こんなに広々と美しい世界。

台湾以外の土地からここへ移り住んだ人や貧しい人々が手作りした居住区が「台北芸術村」アーティストヴィレッジとしてリノベされている。 恐らく日本人あんまり行ってない、ぶっちゃけ全然注目されていないであろう汀羅大好き台北スポット。ここを知らないの、絶対もったいない。

汀羅宅より徒歩15分。

最寄り駅は台湾大学のある公館、表通りからどんどん裏手へと進むと一気に視界が広がるこの場所へたどり着く。入場料も何も必要ありません。自由に入れます。中には小さな可愛いショップ(飲食可能)や宿泊施設やオフィスなど。

このお店で水餃子いただきました。

こんなに素晴らしいスポットがなぜもっと注目されないのかが謎です。台北車站中心部にありながらこんなに広々として自然を感じるスポットはあんまりない。静かにひとり歩いてこの芸術村を見て下さい。素晴らしいお天気の日に!

Sponsored Links
https://www.instagram.com/p/B3wgwj8hD6O/

♥寶藏巖國際藝術村(バオツァンイン国際芸術村)
Treasure Hill Artist Village

お散歩しながら進む。

台北市中正區汀州路三段230巷14弄2號
MRT公館駅1番出口 徒歩15分

火曜~日曜(月曜休館) 11:00~23:00
公式ホームページはこちら。

#3♥美しい木造建築と台湾の深い緑が完璧に融合した「北投図書館」

温泉で有名な観光地「北投(ベイトウ)」ですが、全く違った楽しみ方があるんです

「世界の美しい図書館」にランクインした台北の北投図書館。美しい、またしても台湾の美しいものを見つけた。木造のこの外観、ホテルやコンサートなどをするホールのように見えるけどここは図書館です。美しい図書館で1日静かにゆっくり読書をすると俺のドロドロの心も洗われるようだよ。

中には素敵なスペースがいっぱいある。

北投は遠く感じるのですがMRTですぐに来れます。しかもここは台北市なので全然遠くはないんだよ。だけど少し中心部を離れただけで、こんなに緑が深く広々ゆったりとできる。ここいるだけで癒やされる空間です。思いっきり深呼吸する!

日本の雑誌なども閲覧可能。

大きな図書館なので中身はかなり充実している。日本のファッション雑誌などが閲覧できるコーナーもあります。外観も内装も美しいので読書よりも写真撮影している方多い。(笑)日本の人気小説の台湾中国語バージョンなどもたくさんあって楽しい。ここでゆっくりと過ごす休日は汀羅にとって最高に贅沢な時間。

♥臺北市立圖書館北投分館

台北にはたくさんの市立図書館がありここもそのひとつ。台北市立図書館は外国人でもパスポートや居留証を提示して「貸し出しカード」を作成してもらえます。貸し出しカードがあると本を借りることもできます。

ハワイ…

MRT信義淡水線 新北投駅下車
駅前の「北投公園」敷地内 どなたでも自由に入れます。

日曜・月曜: 09:00 – 17:00
火曜~土曜: 08:30 – 21:00

♥まとめ

出発地点は台北、目的地も台北!台北プチトリップができる汀羅の大好きなスポットをご紹介します。混雑もない日本人観光客もいない穴場スポット。こんなに素晴らしい場所がなぜ注目されないのかが謎です。女子ひとり旅におすすめ。美しい台湾を贅沢に堪能するプチトリップ。

Sponsored Links
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA