2020-02-06

【一六八(いろは)】飛行機に乗らなくても川越でプチ台湾グルメツアー!魯肉飯に割包も

みなさま おはようございます。

武漢肺炎…こんなにすごいスピードでこんなに大変なことになるなんて、汀羅は予想もしていませんでした。

またしてもソウルに行くタイミングを逃したであります。

本日2月6日、台湾は中国住民の入国を全て制限、大陸含む香港・マカオへの旅行者も台湾に到着次第2週間隔離するという措置を執行。

これについてはまた別の機会で詳しくと思いつつつ、

って、ちょうど汀羅は今日本で【日本で楽しめるガチリアル台湾】を追っているじゃないか!

このネタはいろいろありますのでこれからお届けしたいと思います。

恐らくしばらくは出国できない、てゆーかしないほうが良いに違いない。
そしてあっと言う間に2020東京オリンピックが始まりまた出国できない…

でももはや日本でリアル台湾を楽しめるスポット、かなりいっぱい存在していますので日本で台湾を楽しむのも大いにありです!♡

@川越 「一六八(いろは)」

だから今日もご紹介するよ。飛行機に乗らなくてもプチ台湾グルメツアーができる、川越に新しくできた可愛いお店「一六八(いろは)」です。

№1♥川越で本格台湾B級グルメがいただける「一六八(いろは)」へのアクセス

■一六八 タイワンバンズ&ドリンク
■住所:埼玉県川越市新富町1-3-4
■最寄り駅:西武新宿線 本川越駅 徒歩2分
■営業時間:11:00~18:00 水曜定休
■一六八インスタグラムはこちら。♥
■一六八食べログはこちら。♥

西武新宿線本川越駅から徒歩ですぐ。東武東上線川越駅や川越市駅からも徒歩で移動可能です。

店内にイートインスペースがありますが数席でコンパクトです。店頭の窓口でいろいろと購入できるので、食べ歩きもおすすめ。

お店の前には大きなセイロがあって、豚まんや饅頭など出来たてをいただけます。この光景、川越ではかなり新しい!

この大きなセイロが目印。大通りに面しているお店なのですぐに見つかると思います。

№2♥台湾人店主が作る本場の台湾グルメがいっぱい!

一六八は台湾人の店主が作る本場台湾の味を楽しめるお店です。タピオカドリンクが充実しているのは他のお店でもあるのですが、注目は台湾フードの充実さ!

以下が一六八でいただける台湾フード。

・魯肉飯(ルーロウファン) 味しみしみのお肉がのったご飯
・豆花(ドウファ) お豆腐のような甘いスイーツ
・パイナップルケーキ 台湾土産のテッパン
・包子(バオズ) 肉まん
・割包(グアバオ) 台湾式ハンバーガー 饅頭にお肉を挟む
・麺線(ミェンシェン) そうめんのようなとろとろスープ

※実際のお店のメニューは日本語で書かれています。

かなり充実の内容で驚き! この1店舗で台湾プチグルメツアーできるってゆーのは本当だよ。どれも台湾で人気がある日常的に食べるものです。

汀羅も台湾でいつもいただいているものばかりでかなりテンション上がります。♡

店頭で蒸されてる饅頭や肉まん

台湾フードのお店はタピオカブームに乗って続々と日本へ進出しているのですが、日本から発信している台湾フードのショップも最近多いので今後も注目したいところ。

№3♥台湾歴8年目の汀羅が実食!そのお味は?

川越は街歩き、食べ歩きが楽しめるスポットなので店頭で買って単品でいただくのも良いのですが汀羅は店内でランチして来ました。

ルーロー飯、角煮サンド、肉まんなどがセットになったランチセットがあった~!

ランチAセット+タピオカミルクティー

スタッフの方のおすすめがAセット、ということでこちらをオーダー。ドリンクは追加料金でタピオカミルクティーにしてもらいました。

ルーロー飯、角煮まんのセット、ドリンクも含め全部で1000円。角煮まんはパクチーいれますか?と聞かれました。汀羅はもちろんガッツリ必要。

期待通り、台湾の味。(TдT)♥

こちらが一六八のルーロー飯です。ルーロー飯は味のしっかりついたお肉がご飯にのっている台湾の丼ものですが、このお肉の味付け台湾と同じ!

Sponsored Links

ルーロー飯にもいろいろなタイプがあり、汀羅は通常台北でもう少しお肉が小さめでホロホロしているものをいただいていますが、一六八のルーロー飯のお肉はけっこう大きめでゴロゴロしています。

食べた感じ、ルーロー飯というよりも「控肉飯(コンロウファン)」みたいなイメージでしたね。でもすごく美味しかったです。トッピングも台湾でいただくものと同じ、お漬物やたまごなど。

食べた瞬間「うわぁ~♡」って台湾に一気に戻ります。そんなお味でした。

グアバオを日本でいただく日が来るとは~(TдT)

お店のメニューでは「角煮まん」と表記されていますが、台湾では「割包(グアバオ)」と言います。白いふわふわの饅頭(中国式パン)にとろとろに煮込まれたお肉、ピーナッツの甘い粉、パクチーを挟んでいただく台湾グルメ。

汀羅はこのグアバオが好きすぎてマジで日本に持って帰りたい、日本にいる時はグアバオが食べたいから台湾に帰りたいと思うほど。(笑)

こちらも台湾と変わらぬお味!で美味しくいただいただのですが、饅頭がちょっと残念な仕上がりかも…。汀羅は台湾でいただいてるグアバオの饅頭はもっとふわふわで分厚い感じ。

台湾大学近く、汀羅の台北の自宅からも近い「藍家割包」というグアバオの超名店でいつもいただいていたからかもしれません。ちなみに本場台湾ではお肉の部位を選んで挟めます。

とにかく一気に台湾気分。♥

本当にここ最近の日本の台湾フード店には驚かされっぱなしなんですが、台湾に行かなくてもこんなにリアルに楽しめるようになってるんですね~。

日本と台湾、どんどん近くなっている気がします。日本で楽しめるリアル台湾フードブームはもっとたくさん出てきそうな予感しない?

№4♥都心から約30分で来れるプチ旅スポットで週末トリップ

@川越 熊野神社

TaylorBlogg川越カテゴリはこちら。♥

都心から電車で約30分で来れるという近さなのに、古いレトロな町並みが残る川越はなんだかものすごく遠くに来たみたいなプチ旅気分が味わえます。

食べ歩きも充実、着物を来て街を散策したり人力車に乗ったりと浅草や鎌倉みたいな楽しみ方が川越でもできます。

おもしろいもの多いです。

1日あれば十分楽しめる川越の街なので、週末プチ旅気分をぜひ楽しんでみてください。台湾フード「一六八」は川越食べ歩きの即戦力です。川越×台湾てすごく新しくてワクワクするよ。

♥他にも日本でリアル台湾がいただける素敵なお店をご紹介しています!

♥まとめ

2020年1月、旧正月が始まったと思いきや新型肺炎ウィルスの影響で日本出国の目処が全く立たなくなりました。だったら日本で思いっきりリアル台湾を楽しんでみよう!という汀羅の企画です。飛行機に乗らなくても台湾B級グルメ体験できます。ルーロー飯、角煮まん、麺線など台湾で日常的にいただく人気メニュー。台湾人店主がつくる本場台湾の味をいただきます!

Sponsored Links
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA